ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

コンチネンタル(ホーチミン)

a0124132_1149480.jpg
1880年創業の歴史あるホテルへ行きました。かつてのオペラハウス(現在の市民劇場)を訪れた人々の社交場として愛されたなんてふれこみです。映画はカットの一部しか見ていませんが、カトリーヌ・ドヌーブ主演のフランス映画「インドシナ」の舞台になったことでも知られている。この言葉に弱いだよね。数年前も辻仁成の「サヨナライツカ」の舞台と聞いてバンコクのオリエンタルホテルにも行きました。単なるミーハーか(死語?)
a0124132_11591847.jpg
ロビーホールです。ケバケバしさも、高級感もまったくない、客室が86だから大きくもない、そして高価な品々から発する威圧感もないシンプルなインテリアです。
a0124132_123352.jpg
中庭でのカフェは暑くなければイケるけど、日中35℃ではね。
a0124132_1229185.jpg
中庭に面した1階に朝食をとるところがあります。料理はよくあるものですが、それぞれの料理は「上の下」と思います。品があるものを出しています。ここは歴史を感じさせてくれます。
a0124132_1255343.jpg
どこのホテルでもメニューにあると思います。頂きました「フォー」です。
a0124132_1271937.jpg
部屋は2階でした。すべての天井が4mと高く、解放感があります。従業員は一部社会主義、大部分は、微笑みと良質のサービスを提供してくれます。
a0124132_1211168.jpg
部屋に入ったのは、夜の12時過ぎです。疲れてやっと着いた、期待の大きかった部屋が、あまりにも殺風景のため、言葉が出ないって感じです。
a0124132_1214508.jpg
バスルームも狭いし、水の出が悪い。出るけど圧力不足。単に小奇麗なだけ。
a0124132_12163161.jpg
木のぬくもりが伝わる丁度品かもしれないけど。奥に見える緑色の冷蔵庫なんて、新興国でも置いていないじゃないの。期待を裏切られた。これなら同じコロニアル建築のマジェスティックにするんだった。正規に予約を入れれば、US100ドル前後らしいので、金額に見合わないって見方もあります。他のホテルにも偵察へ行きましたが、中国人、韓国人、日本人の観光客があふれている(かなりうるさい)ので、それがないのは、とても良い点かもしれません。私評:✈(2010年4月1日~4日)

HOTEL CONTINENTAL
住所:132-134 Dong Khoi、Q1
電話:08-3829-9201
by sekkaku | 2010-04-05 12:48 | ベトナム | Comments(0)
<< 換金率のよい両替所(ホーチミン) 機内食(全日空運輸) >>