ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

パリ・ダカールラリーの終着点でもあり、塩が採掘されるラック・ローズを見学し、究極のラリー体験をします!

a0124132_14260636.jpg
本日、こちらのボロトラックにて、ラリ―体験を行います。

a0124132_14270060.jpg
日本なら、とっくに廃車になっているトラックです。ギシギシ言って、今にも故障しそうです。

a0124132_14281256.jpg
多分、パリ・ダカールラリーの終着点とでも書いてあるはずです。

a0124132_14291793.jpg
見えてきました!塩を採掘している!

a0124132_14301298.jpg
あんまり綺麗ではないかも?それもこのまま麻袋のようなものに詰めています。どこで精製するんですかね?

a0124132_14304355.jpg
どうも湖から運び出すようです。

a0124132_14312483.jpg
これは大変な重労働です。やはり働いているのは、女性ですね。

a0124132_14322653.jpg
写真撮影は、ダメなようです。指を指している!

a0124132_14331567.jpg
湖の底に、堆積しているのかな?


a0124132_14340623.jpg
お世辞にも、水が綺麗とは言えない。

次は少し移動して、集落を散策します。

a0124132_14350980.jpg
こんな塩気がある土地で、野菜を育てています。

a0124132_14354892.jpg
確か、パクチーだったと思います。

a0124132_14362888.jpg
大根のような葉も見えます。

ちょっと移動して、海岸線に向かいます。ここからがラリー体験です。
a0124132_14381837.jpg
湖の南側は、こんな砂漠が広がっています。ここでラリーをするわけです。

a0124132_14393490.jpg
一部、南国の木々が残っています。

a0124132_14403981.jpg
ジェットコースターに乗っているかのように、アップダウンを繰り返します。何度も支柱などの頭をぶつけました。

オーバー50のメンバーですが、キャーキャー言って、はしゃいでます!

a0124132_14414992.jpg
ボロトラックですが、パワーはあるようです。20分ぐらいの体験でしたが、パリ・ダカの神髄を見たような気になれます。気分だけで十分です。ほんと過酷なラリーだったとわかります。

最終宿泊地であるダカールに向かいます。(2018年12月31日)
























# by sekkaku | 2019-03-16 14:51 | セネガル | Comments(1)

西サハラ料理その十六

a0124132_20403072.jpg
パリ・ダカールラリーの最終地ダックロールまで、残すところ30kmです。こちらのレストランでは、パリダカに参加して関係者のTシャツなんかが飾っています。ここでご飯でも食べたんですかね?

a0124132_20442718.jpg
実は調子が悪いままで、朝食を抜いています。それと調子が悪い時には、炭酸水がイイです。ということでシュエップスでどうだ。

a0124132_21011927.jpg
そう生演奏なんかやってくれます。この楽器何だっけ?

a0124132_21020575.jpg
やっぱダメです。食べたら吐きそうです。

a0124132_21035211.jpg
ここからはパートナーに写真だけを取ってもらいました。なんか美味しそうなものかもしれない。揚げた何かだ?

a0124132_21044084.jpg
玉ねぎを炒めたものをすべての料理(ご飯)に入れるらしい。ご飯のお伴らしいです。

a0124132_21055452.jpg
これはチキンだ。これを食べたら、アウトだ。私の分は、現地ガイドさんが食べたそうです。喜んでいたそうです。ご馳走なんだろうね。

a0124132_21071048.jpg
最後はフルーツか。一食ぐらい抜いても、損した感じになりません。(2018年12月31日)




# by sekkaku | 2019-03-14 21:12 | セネガル | Comments(0)

2018年の最終日は、サンルイからセネガルの首都ダカールを目指します!

a0124132_17025629.jpg
また砂漠地帯かと思ったら、どちらかと言えば、こんな、所々に木々がある景色が多いです。ケニアのサバンナのような光景です。多分アカシアの木と思います。

本日は、260kmを走破します。これで3000km走破することになります。

a0124132_17045180.jpg
車を止めて、バオバブの木を見学します。ちゃんと見るのは初めてです。

a0124132_17055043.jpg
よく見ると空洞になっています。枯れそうなんですかね。でも緑の葉をたくさん付けています。

a0124132_17065257.jpg
青空トイレ休憩です。少し走ると・・・

a0124132_17082610.jpg
市が立っているところで、車を止めます。洋服や動物や日用雑貨を売買しています。こちらには基本、男性しかいません。

a0124132_17105906.jpg
何となく動物が寂しそうに見えます。

a0124132_17141610.jpg
道もまっすぐですが、線路も真っ直ぐです。レールが細くて、幅が狭いので、スピードが出せない作りです。来ないかな?

a0124132_17160276.jpg
日本で言えば、藁とか、竹で作った日用品です。道路を隔てた、こちら側は女性が担当です。押し売り感はまったくないです。だってかなり暑いです。

a0124132_17175393.jpg
バオバブの実だったと思います。

a0124132_17191084.jpg
バオバブの実(白いポップコーンのようなもの)を買って食べたのですが、特別な味はしません。発砲スチロールを食べている食感と、不思議な薄味ですかね。

a0124132_17212029.jpg
角が内側に出ている壺です。何のため?

実は調子が悪くなり、話をする余裕がありません。暑いからか、疲れが出たのか。そんなところです。

a0124132_17233155.jpg
これもバオバブの木です。この市を出発して、しばらく車を走らせて、昼食となります。それにしても、特にすることもないし、見るべきものもない、一日だ。(2018年12月31日)















# by sekkaku | 2019-03-13 17:32 | セネガル | Comments(0)