ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カンパニール ホテル ウロクロウ セントラムでの朝食

a0124132_12462927.jpg
朝食をとるレストランもこじんまりしています。やはりお歳を召した方は、万国共通で朝は早いです。

それと実はかなり寒いんですよ。外は20℃を切っていると思います。

a0124132_12490366.jpg
こちらは大したメニューがないので、通常何か足りない感があるかもしれません。でも私はいつものコンチネンタルスタイルです。

このホテルのパンが激ウマですよ。

特に右下のパンです。大きな塊から、切ってきたものです。それにしても分からないものです。パンが美味しいことと、ホテルの格式が比例しないんですね。このホテルは、三ツ星です。どこにでもありそうなホテルです。パンはどこで仕入れているでしょうね。

こんなに食べると食べ過ぎなんですが、完食致しました。

本日午前中は、ブロツフワの旧市街を散策します。(2018年9月6日)


# by sekkaku | 2018-09-26 09:45 | ポーランド | Comments(0)

カンパニール ホテル ウロクロウ セントラム(ブロツワフ)

a0124132_11321586.jpg
本日から一泊の予定で、ブロツワフ郊外にあるカンパニール ホテル ウロクロウ セントラムへ宿泊します。こちらから旧市街地までは、絶対歩けない距離にあります。2kmぐらいとなっていますが、歩けば20分以上掛かると思います。

a0124132_11324205.jpg
こんな小さなレセプションなので、然程人は宿泊していないと思いました。高級感はまったくないですが、清掃が行き届いており、日本人が好むタイプのビジネスホテルと思います。

a0124132_11430303.jpg
ベットの幅が狭いですが、アーバンチックなデザインの内装は好感が持てます。茶色と黄緑を使った色合いも、落ち着くものです。

a0124132_11444515.jpg
ちょっとスーツケースを開けるスペースがないです。液晶テレビはここもフィリップスです。冷蔵庫もないし、ティッシュも、セーフティーボックスもないね。余計な物は管理するだけでも、コストが掛かりますね。徹底してるんでしょう。

a0124132_11464155.jpg
シャワー室は、構造はユニットバスと思いますが、清潔感があり、Goodです。タオルも真っ白だし、申し分なしです。

a0124132_11483309.jpg
ラックスのボディソープ兼シャンプーです。これで体を洗うと、ヌルヌル感が残ります。大丈夫です。日本から石鹸を持参しています。それとガラスの仕切りでは、水が飛び散り、床がベショベショになります。

a0124132_11502885.jpg
ドライヤーも付いているし、こんなものではないでしょうか。ツアーで宿泊するホテルとしては、中ランクでしょう。

こちらをホテルの予約サイトで料金を調べると、一泊朝食付きで、5000円ぐらいです。仕事であれば、これでいいと思います。マジで観光したいなら、ここまで旧市街から離れなくてもいいと思います。迷うところです。(2018年9月5日)

Campanile Hotel Wroclaw Centrum
住所:ul. Slezna 26, Wroclaw Suburbs, Wroclaw, Poland, 53-302
電話:071-783-0300







# by sekkaku | 2018-09-25 15:13 | ポーランド | Comments(0)

ポーランド料理その四

a0124132_09125044.jpg
本日のディナーは、ブロツワフの旧市街地にあるKuźnia Smakuで頂きます。こちらはトリップアドバイザーのランキングでは、ブロツワフにあるレストラン792軒中94位と上位にランキングされています。この入口から地下へ降りた所にお店はあります。

a0124132_09263150.jpg
まず、ビールで乾杯です。また同じ銘柄のチィスキェです。ビール大国ですが、ビール銘柄を聞いてきません。日本であれば、アサヒとキリン、どちらにしますか。ぐらい聞きますよね。まあ、添乗員もこの部分には気が回らない感じです。いつも大、小ビールとしか言わない。些細なことに気にならない方は、サービス業には向いていないと思う。

a0124132_09291383.jpg
こちらはポーランド名物料理のジュレックです。発酵ライ麦を使う少し酸味がスープです。具材には、ソーセージ(写真下の方に2個ほど見えます)や茹で卵が使われます。また、スープですが、なんだか微妙な酸味がイケます。ツアーの参加者はそうでもない感じです。私だけ気に入っていたような・・・

a0124132_09301870.jpg
メインは多分牛肉だったと思います。グャーシュと呼ばれるシチューです。そして何度も食べている付けわせのキャベツです。何となく何度か食べた物とは違うような気がする。ポーランド風のグャ-シュはこんな感じなんでしょうかね。もっとビーフシチューのような濃い色(味も濃いもの)の物を想像していました。

a0124132_09402780.jpg
そしてポーランド名物スイーツ、シャルロトゥカ(Szarlotka:リンゴのケーキ)です。これを食べるのを楽しみにしていたのですが、ちょっとガッカリです。元々アップルパイは食べない方ですが、私なりの考えでは、リンゴの酸味をどう活かすかがポイントと思います。砂糖を入れ過ぎると台無しになるし、酸っぱすぎると敬遠されるし、そしてパイ生地にもそれらを活かす工夫が必要。結構腕を見せれるスイーツを思います。生地がパイでないことが特徴の一つなんでしょうか。もう一度どこかで食べてみたいと思います。

いずれにせよ。この程度のスイーツを出す店では、料理がイマイチなことは、もっともなことです。どんなに値切られても、店の名に傷かが付くので、ある線より下の料理は、出さないものです。かなり雰囲気の良い店ですが、ディナーには向かないと思います。(2018年9月25日)









# by sekkaku | 2018-09-25 09:59 | ポーランド | Comments(0)