ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

タグ:見どころ ( 132 ) タグの人気記事

本日は二度目の大移動日となり、アンボセリを離れ、ナイロビを通り、ナクル湖を目指します!

a0124132_09572064.jpg
オル・トカイロッジの最大のウリであるキリマンジャロの眺望です。

モヤが掛かった状態ですが、全容を見ることができました。標高5895m、アフリカ最高峰の山です。
a0124132_10012388.jpg
そして朝焼け。
a0124132_10021285.jpg
アンボセリの動物たちともお別れです。

少し出発は遅れましたが、大きな問題ではありません。

まず、国境の町ナマンガまで、約50km。これからアフリカンマッサージを1時間ぐらい受けます。くれぐれも朝食は軽めにしてください。

a0124132_10083293.jpg
こんな風にガゼルを見るのは珍しいです。どちらかと言えば、幹線道路沿いは野生の動物は少ないです。放牧をしている牛やヤギの方を目にします。

ナマンガからは舗装道路ですが、今度は幹線道路が混んでいます。ウガンダに向かう道路らしく、トレーラーがたくさん走ってます。これが行く手を遮ります。一部登坂車線とかあるのですが、抜いても抜いてもトレーラーです。ナイロビまで130kmです。

なんとかナイロビ近郊に来て、ランチ(別途詳しく書きました)となります。ナイロビとはマサイ語で、「冷たい水」を表します。

午後も同じ道なので、似たようなものです。ただこの幹線道路を走って、明らかに車窓が違います。ナイロビからナクル湖まで、180kmです。

ナマンガまでは、ほぼ乾燥した大地でした。それがナイロビを過ぎると緑が多くなります。それとアップダウンがあって、日本を走っている感じにもなります。

a0124132_16350934.jpg

途中、大地溝帯(Great Rift Valleyが見える展望スポットで写真ストップです。この凹みが、総延長7000kmらしいです。

a0124132_19441722.jpg
ナイバシャ湖付近では、結構な雨に合います。ナイバシャとはマサイ語で、「荒い水」と表すそうです。この辺では、淡水魚なんかと、野菜などを露天で売っています。
a0124132_19450203.jpg
そしてやっとナクル湖へ到着です。確か4時ぐらいだっと思います。シロサイがよく出現するラネット・ゲートから公園に入ります。ナクル湖国立公園内の様子は次に続きます。(2017年9月15日)


by sekkaku | 2017-10-12 20:03 | ケニア | Comments(0)

アンボセリ国立公園で、夕方のサファリドライブに出掛けます!

a0124132_10365145.jpg
キリンって、たくさん見れる感覚でいましたが、この時期のケニアとタンザニアではあまり見かけないんです。

昨日、干上がったアンボセリ湖で、ポツンと一匹を見かけましたが、本日で2回目となります。

そうなんです。どうみてもキリンの餌となるアカシアの木がありません。
a0124132_10381650.jpg
200m以上先に、アフリカゾウの家族を発見
a0124132_10390048.jpg
何となくこちらへ歩いてきます!
a0124132_10393434.jpg
20mぐらいまで接近
a0124132_10415471.jpg
先頭が道路を横断
a0124132_10423803.jpg
サファリをする車は当然待っています
a0124132_10434412.jpg
子供は最後に渡るようです
a0124132_10443844.jpg
無事家族が渡りきりました。

人間にとっては道路ですが、彼らにとっても、いつものルートらしいです。

a0124132_11404330.jpg
多分インパラです。通常ハーレムと作っています。
a0124132_11434486.jpg
多分アフリカクロトキです。
a0124132_11442448.jpg
バッファローの死骸です。

なぜか死骸のほとんどがバッファローです。

ちなみに病気になっているバッファローをライオンは食べないそうです。匂いなどで分かるのだろうか

a0124132_11492696.jpg
つがいでいるのは、エジプトガンです。
a0124132_13140039.jpg
アンボセリ国立公園は、アフリカゾウの楽園らしいです。

展望の丘近くの湿地帯には、たくさんゾウがいます。
a0124132_13170315.jpg

こちらもグループで行動しています。

子供を守る様にして、草を食べています。
a0124132_13182502.jpg

確かアフリカハゲコウです。
a0124132_13211630.jpg

鳥・・・
a0124132_13225243.jpg

展望台
に向かい、夕焼けを見ます。ちょっと雲が多いな!
a0124132_13242219.jpg

グランドガゼル
だろうか?
a0124132_13254309.jpg
アフリカゾウのグループが、また車の方に寄ってきます。
a0124132_13270379.jpg
まだ、人間には気が付いていない様子です。
a0124132_13281503.jpg

人間のの匂いを感じて、一瞬立ち止ります。
a0124132_13293337.jpg
彼らの匂いが付いているルートだろうと思います。

こんな近くまで来ています。攻撃を受ける感じはしませんが・・・。

a0124132_13314308.jpg

彼らが少しだけルートを変えてくれました。
a0124132_13333215.jpg

子連れのゾウは、危険と言います。細心の注意を払うべきです。

a0124132_13361939.jpg

展望の丘(オブザベーションヒル)
に登り、夕日を見ます。本来風が吹き抜けるので、寒いくらいらしいです。
a0124132_13375180.jpg

まだ見ていないフラミンゴの大群と思ったら、違うそうです。
a0124132_13391235.jpg

先ほど、ゾウが草を食んでいた湿地です。
a0124132_13402992.jpg

本来は、キリマンジャロをバックにして夕日という写真を撮る予定だったようです。
a0124132_13424674.jpg
そろそろ日が沈むので、ホテルに戻ります。

アンボセリがアフリカゾウの楽園という意味がわかります。

ただし、そのゾウが増えたため、アンボセリ湖に水がはらないくらい乾燥化が進んでいるそうです。

本日のサファリの写真も、ほぼ枯れ草色の景色(ブログ映えしない)だったと思います。

雨季に来れば、違った光景が見れるはずです。雨季のアンボセリは次回の宿題とします。

(2017年9月14日)



by sekkaku | 2017-10-11 14:00 | ケニア | Comments(0)

マサイ族の男性は、高く跳べるものが尊敬され、結婚の第一条件となる???

a0124132_10251816.jpg

オル・トカイロッジから30分ぐらいのところにあるマサイ村へ訪問します。
a0124132_16260204.jpg
まず村のリーダー(中央の青い服)にごあいさつし(英語が話せるんです)、何らかの儀式(お祈りを捧げていたいような?)があります。その後写真を撮ってもいいし、村への立ち入りが許されます。そして、村の大人による歓迎です。
a0124132_10253151.jpg
こちらは女性陣です。
a0124132_10301988.jpg
そして、男性陣も女性陣も歌を歌いながらジャンプをします。男性陣はとても足が細くて長いです。女性陣の歳は、非常に分かり難いです。誰が若いのか、さっぱり分かりません。
a0124132_11385783.jpg
そして村へ入場すると、彼らが住んでいる家は、牛糞と泥をこねて作ったものです。夜になると家畜をこの村の中へ戻すようです。マサイ族にとって、牛は財産であり、牛を持っていない男性は恋愛対象とならないそうです。
a0124132_09254528.jpg
家の中に入れて頂きましたが、暗くてよくわかりません。こちらはいろりでしょうか。小さな光取の窓はありますが、ぜんぜん中は暗いです。当たり前ですが、電気も水道もありません。

a0124132_09261916.jpg
こちらはベットらしいです。何かを敷物にして、その上に動物の毛皮が敷かれています。日本人ではすぐに病気になりそうなくらいの住環境です。もちろん家畜の匂いがプンプンです。
a0124132_09230787.jpg
次は、火おこしを見せてくれます。藻草のようなものに熱を移すのがポイントのようです。
a0124132_09241938.jpg
4回目ぐらいに、成功です。ツアーのメンバーもチャレンジしましたが、煙も出ません。
a0124132_09235595.jpg
村の近くには私設の学校があります。
a0124132_09233219.jpg
教育風景を、マジで見せて頂きました。見せるためのものではなく、カリキュラムに沿って行われているものです。ちょっと厳しい先生は英語を話すことができます。見学後ドネーションを求められます。これをどうとるか、人それぞれです。
a0124132_16154059.jpg
村の周りは、こんな石砂漠のようなところです。これであれば、動物は簡単には近寄れないです。これも生活の知恵でしょうか。一端ロッジに戻り、夕方サファリに出掛けます。(2017年9月14日)

by sekkaku | 2017-10-10 16:28 | ケニア | Comments(0)

アンボセリ国立公園で、朝のサファリドライブに出掛けます!

a0124132_12472146.jpg
ヌーが水のみ場(写真左)から、草を食べるところ(写真右)へ毎日移動している(逆かも)そうです。でもアンボセリは水が豊富な場所のため、草を求めて大移動する必要がないそうです。セレンゲティなどにいるヌーと比べると、近親交配が多いため、背中の色が白っぽいそうです。なんとなくそうかもしれません。
a0124132_12540605.jpg
ウガンダの国鳥であるカンムリヅルです。

特徴がはっきりしているので見分けやすい鳥です。
a0124132_12573075.jpg
もちろんシマウマもたくさんいます。茶色の毛のシマウマは、子供となります。ちゃんと親が寄り添っています。
a0124132_12582036.jpg
所々で見るのですが、バファローの頭の骨です。ハイエナやジャッカルなどが、頭以外は骨まで食べてしまいますが、頭の骨だけは固くて残るそうです。
a0124132_13001478.jpg
また、ライオン渋滞が発生しています。ちょっとターゲットまで遠いです。約100mぐらい。
a0124132_13013336.jpg
写真が小さいのと、時系列が分かり難いので、ご説明します。この写真はライオン達の食事風景であり、終わりの場面です。真ん中の黒い死骸が多分バファローです。奥の緑っぽいところに、ライオン3匹は移動してしまいました。

そして左にハイエナ、右にセグロジャッカルがいます。
a0124132_13054960.jpg
少し前の場面は、雌ライオン3匹が登場しています。ライオンを恐れずにジャッカルが何か(肉の小片)をくすめようとしています。2匹のライオンは写真の左側にいて、お腹いっぱいで休んでいます。
a0124132_13070283.jpg
その前の場面は、雌ライオンがハイエナを追い払っている様子です。ハイエナはライオンには一目置いているようで、ライオンが食事をしている間は、かなり離れた所にいます。
a0124132_13085175.jpg
雌ライオンがお腹を大きくして食べていますが、この前の場面は、雄ライオンが食べていたと思われます。多分夜に狩りをして、夜明け前には雄は食事が終了しているはずです。見かけることはなかったです。
a0124132_13130026.jpg
最後に食事をしていた雌ライオンがその場を去ると、ハイエナたちがいっせいに集まってきます。するとジャッカルたちは、追い払われることになります。
a0124132_13151591.jpg
アッと言う間に、獲物は無くなります。ハイエナは20匹ぐらいいたと思います。半分ぐらいは餌に有り付けない感じです。
a0124132_13160573.jpg
また、ライオンが戻ってきて、所有権を主張します。単なる嫌がらせのように見えます。ライオンが去るのと、最後はお掃除屋さんハゲタガが待っています。

朝のサファリでは、ライオンの食事という生々しい現実を見せつけられました。写真には写っていませんが、双眼鏡で見ているとはっきりと赤い肉片でした。最初はモモ肉がかなりあったんですが、ライオンが食事をやめた時には、黒い皮とそれに付いている赤い筋でした。お腹のカルビに当る部分は、やっぱり雄ライオンが食べたのか、なぜ狩りをするのは雌で食べるのは、雄からなのか?そしてライオン、ジャッカル、ハイエナ、ハゲワシの力関係も見え隠れし、印象深い光景でした。午後はマサイ族の村へ訪れます。(2017年9月14日)



by sekkaku | 2017-10-09 13:44 | ケニア | Comments(0)

アフリカンマッサージと赤バナナって、ご存知ですか?

a0124132_10015129.jpg
タンザニアでお世話になる旅行社が所有する4WDです。ご存知だと思いますが、自動車は通常前輪2輪(F.F.)が回転し前進するか、後輪2輪(F.R.)かとなります。舗装された道の場合、このような前輪か後輪の推進力だけで車は進みます。でも悪路になると、例えば前輪2輪が地面に設置しない現象が起きます。するとタイヤは回るが、車が進まない状態となります。そこで4輪が回転する車であれば、タイヤのいずれかは地面と設置することになり、車が移動するというものです。

前置きはこの辺にします。

4WDを使うということは、想像するにタンザニアもケニアも悪路ということです。そしてンゴロンゴロ自然保護区では、4WDではなければ、保護区に入れない。つまり相当道が悪いということでしょうか。
a0124132_10150184.jpg
アルーシャからンゴロンゴロ自然保護区まで、距離にして150km(旅行社の説明によると)。アルーシャの郊外にはかなり大きなコーヒーのプランテーションがあります。
a0124132_10190348.jpg
アルーシャの街を抜けるとサバンナ(砂漠とも表現できます)が広がります。今にも動物が出来て来そうですが、放牧している家畜(牛とか羊)しか見当たりません。タンザニアもケニアも幹線道路沿いはほぼこの景色です。自然保護区や国立保護区に近くなれば、はぐれたガゼルやキリンを見ることができますが、ほぼ家畜です。どこにでも動物がいると思っていたので、意外です。
a0124132_10211808.jpg
トイレ休憩に立ち寄ると、羊のモモ肉を豪快に焼いています。豪快というか・・・
a0124132_10224331.jpg
わざわざ車を停めて、何かを買っています。
a0124132_10240307.jpg
これがガイドブックに、激甘と書いてあった「赤バナナ」です。でも贔屓目に言っても、普通のバナナかな。添乗員は、甘い時もあるなんて言ってますが、日本で売られいるフルーツは糖度が高いので、これらに勝るものは海外ではないと考えるのが一般的です。お腹も空いてましたが、一本で十分です。
a0124132_10275026.jpg
そして出発より3時間ぐらいでメインゲートへ到着です。ここまで99%舗装された道でした。
a0124132_10292003.jpg
ンゴロンゴロ自然保護区の模型で、概要を掴んで出発です。
a0124132_10304765.jpg
舗装道路から、ガタガタ道になりました。ほこりが立つのも実感できます。マスクを持参したほうがいいわけです。そんな道ですが、疾走します。ゆっくり走ると余計に揺れるからですかね。そんなスピードを出さなくていいのに。

ここでアフリカンマッサージの答えを言います。アフリカの大地、ガタガタ道では相当体が揺られます。それを揶揄して、マッサージを受けているといいます。

そして最初の写真スポット、展望台に到着です。ンゴロンゴロは超大きなカルデラです。その大きさは南北16km、東西19kmです。滅茶苦茶広いですが、写真ではわかりませんね。現在立っている外輪山で2400m。小麦色の見える平原は1800m。足が長くて、外輪山から降りれないキリンとインパラ(餌となる低木がない)以外の動物が平和に暮らす楽園です。
a0124132_10433337.jpg
展望台から高低差600mを下るときも、アフリカンマッサージです。道が細いし、デコボコの舗装されていな道をなぜか疾走します。道のへこみを飛ばして運転したいのか、そうな風にも感じます。車に弱い方は絶対酔うと思います。もちろん昼食は少なめにしてください。30分ぐらいで楽園に到着です。確かに4WDが必要と思います。(2017年9月13日)



by sekkaku | 2017-09-26 11:02 | タンザニア | Comments(0)

ケニア、タンザニアで訪れる保護区の特徴をまとめて見ました!

今回訪問予定の保護区は、ケニアで3か所(マサイマラ国立保護区、アンボセリ国立公園、ナクル湖国立公園)。タンザニアで1か所(ンゴロンゴロ自然保護区)となります。動物を見ることがメインですが、それ以外にもポイントがあるようです。その辺をまとめて見ました。

マサイマラでのポイントは、たくさんの動物を見れるようです。そして今回の旅のハイライトであるヌーの大移動を見る。その他には、マサイ村への訪問バルーンサファリなどです。

アンボセリでのポイントは、何と言ってもキリマンジャロの眺望のようです。

ナクル湖でのポイントは、かつてはフラミンゴの大生息地でしたが、現在はほとんど見れないそうです。代りにシロサイ、クロサイに遭遇するかも。そしてロスチャイルドキリンを見ることのようです。

ンゴロンゴロでのポイントは、外輪山の眺望。そしてクロサイに遭遇するかも。

どうもライオンには100%近く会えるようです。チーターやヒョウでさえ、かなりの確率で見れるようです。やはり望遠レンズが必要だ。
(2017年7月12日)



by sekkaku | 2017-07-12 16:02 | ケニア | Comments(0)

チョベ国立公園では、ライオンは見れなかったけど、マサイマラでは見れそうだ!

a0124132_16103703.jpg
2004年に訪れたチョベ国立公園(ボツワナ)では、ビックファイブ(ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファロー)を見るのが目的でした。そして実際に見れたのが、ゾウ、キリンのみ。乾季に行ったせいか、動物の密度が薄い感じがしました。行く前からライオンは厳しいなんて話でした。

今回はヌーの川渡りをメインで見に行きます。これは見れないにしても、マサイマラ国立保護区(ケニア)では、ライオンはほぼ見れるようです。望遠レンズを持参して行きますので、ド迫力の写真を撮りたいと思います。ンゴロンゴロ自然保護区(タンザニア)にも寄りますので、ライオンの他に、ヒョウやハイエナなんかも見れれば、最高ですね。(2017年7月10日)

by sekkaku | 2017-07-10 16:22 | ケニア | Comments(0)

カイルア・コナの街を散策し、そしてローカルビールと大評判のピザを食べます!

a0124132_09193780.jpg
街のランドマークであるアイカウア教会です。ミサをしておりましたので、内には入れません。ちらりと覗いた感じでは、シンプルな教会でした。
a0124132_09184738.jpg
そしてフリヘエ宮殿。カメハメハ大王に関する資料があるそうです。入場料が10ドルにビックリ。外から見ただけです。
a0124132_09241660.jpg
海岸線に回れば、目に染みる青い海です。
a0124132_09195477.jpg
そしてアフエナ・ヘイアウ。カメハメハ大王が晩年すごした家です。せっかく見に行ったですが、内部は現在見れないです。道理で誰もいない訳です。
a0124132_09202319.jpg
カイルア桟橋付近は、白浜のビーチが広がっており、賑やかな場所です。この辺で水浴びやシュノーケリンをしても楽しいと思います。
a0124132_09294389.jpg
それとわざわざシュノーケリングへ行かないでも、ウミガメが見れました。地元の方は驚いていないので、多分常時見れると思います。やはり光の加減で、午前中にいろいろと見学をした方が、海も街もより綺麗に感じますよ。次はコナ・ブリューイング・パブでローカルビールを試飲(ランチ)します。(2017年6月3日)


by sekkaku | 2017-06-26 09:39 | ハワイ | Comments(0)

今回の旅のハイライト、マウナケア山頂のサンセット、星空鑑賞ツアーへ出掛けます!

a0124132_10331490.jpg
この写真は、当日、満月を反射式(?)の望遠鏡で撮ったものです。

a0124132_11484244.jpg
本来、満月の写真ではなく、こんな満天の星空を納める予定でした。

のっけからクレームで申し訳ないですが、話がぜんぜん違う。情報を隠している感があるので、正確にお知らせします。

満天の星空は、新月の時にしか見れない。新月とは、日中に見える月です。月が出ていると、その明るさで、光の弱い星が見れないんです(当たり前)。

それと、ハワイ島は天気の変化が激しいところです。この時期はコナの街は午前中晴れていますが、午後は曇り空となります。もちろんマウナケアの天候は、コナとは違いますが、私が滞在していた期間で言えば、1日のみ(6月1日)晴天だったと思われます。山頂に傘雲のようなものが掛かっていることがほとんどです。

そして6月2日の夜は、何と小雨が混じる最悪の天気でした。(これは仕方ないです)

今回、頑丈な三脚や広角レンズ(15kgぐらいあります)を持ち込んで、撮影しようとしてましたが、撮影できないことは決まっていたわけです。星空が見れないでは、ツアーの参加者が減るので、情報が少ないと思います。こんな目に合わないように、きちんとお知らせしておきます。

満天の星空は、新月の時にしか見れない。

それではツアーの日程を説明します。

シャラトンホテルには、13:30ごろ、pickupです。近くのホテルの方を拾い上げてマウナケアへ向います。途中時間調整のために、クィーンズマーケットやマカダミアナッツの工場へ寄ります。私はナッツの他に、ジャム、はちみつ、ワインを購入です。ナッツ工場に関しては、ツアー会社のバックマージンって話もありますが、シェラトンに泊まると買い物のチャンスが少ないので、これには助かりました。

そして適当な時間を過ごし、車を走らせます。徐々の高い所へ向うので、山道を登っている感じはしません。
軍隊の基地が途中にあり、そちらでトイレ休憩です。風が強いし、とても寒いです。
a0124132_11025618.jpg
ここから15分ぐらい走らして、17時前には、オニヅカ・ビジター・センター(標高2800m)に到着です。空気が薄くなるので、体を慣らすことが法令で決まっているそうです。

すでに結構寒いことをお知らせします。

ここでオーロラツアーでも使ったような厚手の防寒着を貸してくれます。私の場合、下着、シャッツ、ユニクロのダウン、そして防寒着の4枚重ね状態です。
a0124132_11031214.jpg
そして早めの夕食となります。これも空気が薄くなると、消火が悪くなるからだそうです。

ツアーの場合、どこの会社も似たよなお弁当のようです。私たちは唐揚げと鯵フライの幕の内でした。日本で食べるものと遜色ないです。ただし、屋内に食べるところはないので、野外にあるテーブルで食べます。無料でお湯を頂けるようになっており、味噌汁を頂きました。

そして車で30分ぐらい、山を登り、到着です。
a0124132_10514907.jpg

まだ、サンセットには時間があります。雲海が広がってました。

a0124132_11271544.jpg
こちらはNASAの天文台です。
a0124132_11021778.jpg
日が沈んでいくと、映画で見た火星のような光景です。
a0124132_11015979.jpg
日本の光学赤外線望遠鏡「すばる」もあります。確か左端だったかな?
a0124132_11014318.jpg
そして幻想的なサンセットを迎えます。
a0124132_11315108.jpg
ここでは空気が薄いので、ゆっくり行動してください。そう自然の偉大さを感じる瞬間です。
a0124132_11335501.jpg
それにしても寒い。
a0124132_11345154.jpg
この後は、オニズカ・ビジターセンターに戻り、星空観賞となります。天文台では、観測に影響があるらしく、星空観賞はできないようです。

なんと小雨が降ってくる最悪の天気です。車で山を下りて、来るときにトイレ休憩した軍隊の基地(この辺は晴れていることが多いようです)まで戻り、ここで星空観賞です。残念ながら、薄っすら雲が掛かっているので、二等星くらいしか見れません。

星座を見ながら、ハワイが北半球にあることを再確認です。北極星や北斗七星を見たので、南半球ではないとわかります。
a0124132_11383330.jpg
こんな写真しか撮れません。(コンデジにて)もう一眼レフなんて取り出す気力がありません。そしてここでも寒~い。

30分くらい、星座の説明してもらい。ホテルへ戻ります。ホテルの到着は22:30ぐらいでした。

ツアー代金は、170ドル。満天の星空は見れませんが、満足できる内容と思います。これで新月の時かつ快晴であれば、もっと満足すると思います。ご参考までに。(2017年6月2日)






by sekkaku | 2017-06-23 12:03 | ハワイ | Comments(0)

ハワイ島の青い海、青い空をお届けします!

a0124132_14180856.jpg

シェラトン・ケアウホウ・ベイ・リゾートの目の前に広がる海
a0124132_14195961.jpg
黒砂海岸
a0124132_14204714.jpg
ハレマウマウ火口
a0124132_14220859.jpg
ヒロの街

a0124132_14231702.jpg
ケアラケクア湾
a0124132_14250437.jpg
カイルアコナ
a0124132_14260830.jpg

カハルウ・ビーチパーク
a0124132_14270154.jpg
カイルアコナ沖に停泊する客船

いずれも午前中ならいい写真がとれます。

(2017年6月2日)



by sekkaku | 2017-06-22 14:32 | ハワイ | Comments(0)