ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

タグ:旅テク ( 381 ) タグの人気記事

本日は二度目の大移動日となり、アンボセリを離れ、ナイロビを通り、ナクル湖を目指します!

a0124132_09572064.jpg
オル・トカイロッジの最大のウリであるキリマンジャロの眺望です。

モヤが掛かった状態ですが、全容を見ることができました。標高5895m、アフリカ最高峰の山です。
a0124132_10012388.jpg
そして朝焼け。
a0124132_10021285.jpg
アンボセリの動物たちともお別れです。

少し出発は遅れましたが、大きな問題ではありません。

まず、国境の町ナマンガまで、約50km。これからアフリカンマッサージを1時間ぐらい受けます。くれぐれも朝食は軽めにしてください。

a0124132_10083293.jpg
こんな風にガゼルを見るのは珍しいです。どちらかと言えば、幹線道路沿いは野生の動物は少ないです。放牧をしている牛やヤギの方を目にします。

ナマンガからは舗装道路ですが、今度は幹線道路が混んでいます。ウガンダに向かう道路らしく、トレーラーがたくさん走ってます。これが行く手を遮ります。一部登坂車線とかあるのですが、抜いても抜いてもトレーラーです。ナイロビまで130kmです。

なんとかナイロビ近郊に来て、ランチ(別途詳しく書きました)となります。ナイロビとはマサイ語で、「冷たい水」を表します。

午後も同じ道なので、似たようなものです。ただこの幹線道路を走って、明らかに車窓が違います。ナイロビからナクル湖まで、180kmです。

ナマンガまでは、ほぼ乾燥した大地でした。それがナイロビを過ぎると緑が多くなります。それとアップダウンがあって、日本を走っている感じにもなります。

a0124132_16350934.jpg

途中、大地溝帯(Great Rift Valleyが見える展望スポットで写真ストップです。この凹みが、総延長7000kmらしいです。

a0124132_19441722.jpg
ナイバシャ湖付近では、結構な雨に合います。ナイバシャとはマサイ語で、「荒い水」と表すそうです。この辺では、淡水魚なんかと、野菜などを露天で売っています。
a0124132_19450203.jpg
そしてやっとナクル湖へ到着です。確か4時ぐらいだっと思います。シロサイがよく出現するラネット・ゲートから公園に入ります。ナクル湖国立公園内の様子は次に続きます。(2017年9月15日)


by sekkaku | 2017-10-12 20:03 | ケニア | Comments(0)

本日は大移動日となり、タンザニアを離れ、ケニアへ入国となります。何とホテルの出発時間は6時15分です!

タンザニアからケニアへの移動は、地図を見るとンゴロンゴロ自然保護区(タンザニア)からセレンゲティ国立公園(タンザニア)に向い、そしてマサイ・マラ国立保護区(ケニア)へ向うルートが自然です。それは3つの楽園が隣り合わせであり、実は人間の都合で地図上に線引きしているだけだからです。特に、セレンゲティ国立公園とマサイ・マラ国立保護区は、同じ楽園と断言できます。

しかし、理由は不明らしいのですが、セレンゲティ国立公園(タンザニア)とマサイ・マラ国立保護区(ケニア)を結ぶ幹線道路が閉められています。閉めたのはかなり昔のようです。そしてタンザニアとケニアが仲が悪いわけではありません。つまり不明です。

このことを約20年ほどアフリカに通う添乗員に聞くと、一度もセレンゲティ国立公園(タンザニア)から、マサイ・マラ国立保護区(ケニア)へ向うツアー企画が旅行社としてないそうです。セレンゲティ国立公園って相当広い上に、宿泊設備が乏しいこともその理由のようです。

今回の旅ではアンボセリ経由で、マサイ・マラへ行くので、一見遠回りのルートを使います。
そのルートは、カラトゥからアルーシャに戻り、そして国境のナマンガを通り、アンボセリへ向う日程となります。

まず、カラトゥからアルーシャまでは、舗装道路で約150km。アルーシャではお買い物タイムとShangaで昼食です。

a0124132_19411418.jpg
そしてアルーシャからナマンガまでは、舗装道路で約100km。

ナマンガからアンボセリまでが、ガタガタ道で約50kmです。朝の6時15分に出発して、なんと夕方18時ごろの到着予定です。

だから、大移動日です。

特にナマンガからの道が、最初から最後までアフリカンマッサージです。

この道は整備されることはあるんでしょうか。整備してしまうと、動物の生態系にも影響するはずです。日本でも高速道路を整備すると、獣道なるもの(トンネルや空中ネット)を作ると思います。そんなことがケニアで可能なのか。揺れる車に身を任せ、変わらぬ車窓を眺めながら、考えていました。

a0124132_19422884.jpg
だいぶ(1時間以上だったと思います)走って、アンボセリ国立公園のゲートに到着です。ここから車のルーフ(屋根)を空けて、サファリをしながら、本日宿泊するオル・トカイロッジを目指します。

a0124132_13580904.jpg
ゲートに過ぎると、なんか道ではないところを走っています。車の通った後、ワダチはありますが、明らかに道ではないです。はぐれキリンを発見です。初キリンです。
a0124132_14015270.jpg
本来、アンボセリ国立公園の北側に道があるのですが、乾季にはアンボセリ湖が干上がり、近道となります。道理で、木がないし、草もないわけです。
a0124132_15534444.jpg
遠くに見えるのは、ゾウのグループです。こんな食べる物が乏しいところで、何をしているでしょうか。

a0124132_16250169.jpg
そろそろ夕日の観賞なんて話をしていると・・・
a0124132_16281039.jpg
ぬかるみに車がハマりました。
a0124132_16271730.jpg
ぬかるみにハマった車のみ、普通車のようです。

対応策はあったようです。その他2台は4WDのため、違うルートから先回りをして引き上げてくれました。でも引き上げる時に、ルーフの隙間から、泥が飛んできました。それをアフリカンパックとか言って、車内で大盛り上がりです。やっぱ旅を重ねるいる人たちは違います。これぐらいことではまったく騒ぎません。ただ、そのかわり夕日を写真に収めることを忘れちゃいました。ここから20分ぐらいで、アンボセリ湖を出て、道らしい所を走り、そこをなぜか疾走してホテル到着です。夕食は少し遅めの19:45からになりました。(2017年9月13日)


by sekkaku | 2017-10-04 08:18 | タンザニア | Comments(0)

コーヒープランテーションが続く街道沿いに、素敵なレストランShangaがあります!

a0124132_14350613.jpg
コーヒー畑を突如曲がると、Shangaはあります。

タンザニアとは決して思えないくらい、手入れをした、モダンなお庭に、レストランやワークショップ、ホテルが広がります。
a0124132_14373465.jpg

Shangaとは、身体に障害がある人を雇用し、ガラス細工などを製造、販売している団体です。下記リンクを参照ください。

SHANGA WORKSHOP & SHOP

Arusha Coffee Lodge
Dodoma Road (near Arusha Airport) Arusha, Tanzania

+255 689 759 067


a0124132_14494439.jpg
こちらもビッフェ方式で、お好きなものを好きなだけ頂けます。
a0124132_14483012.jpg
お肉は、チキンとビーフでした。
a0124132_14522576.jpg
チリソースやローカルソースだってあります。
a0124132_14531568.jpg
サラダバーもあります。
a0124132_14535280.jpg
まず、ビールで乾杯です。サファリビール最高!
a0124132_14543166.jpg
たいした物は、食べていないですね。
a0124132_14561527.jpg
野菜炒めを作ってもらったら、生姜風味の上、最後の仕上げに油をたくさん使う、変な料理になってしまいました。大失敗です。
a0124132_14581109.jpg
デザートだって充実しています。

ということで、とても気持ちのいいレストランでした。中に入るのも、管理されており、安全面も心配なさそうです。日本人向きのレストランです。これからアフリカンマッサージが待っています。(2017年9月13日)


by sekkaku | 2017-10-03 15:12 | タンザニア | Comments(0)

アルーシャの街で、お土産をゲットするために、スーパーへ寄ります!

a0124132_14125551.jpg
最初に寄ったショッピングモールです。
a0124132_14112722.jpg
こちらは設備も売っている物も、ほとんど日本と同じです。つまり富裕層が使うスーパーと思います。
a0124132_14123836.jpg
むらさききゃべつです。
a0124132_14115061.jpg
トマトです。新鮮そうですよね。
a0124132_14121027.jpg
玉ねぎ、にんじん、じゃがいもです。カレーが作れそうですね。こちらのスーパーではお土産となりそうなものはなく、次のところへ移動します。
a0124132_14204061.jpg
アルーシャの郊外ですが、こんな感じです。
a0124132_14214204.jpg
次のスーパーでも、買いたい物はありません。

そのスーパーの対面では、ローカルの市が開かれております。そちらへ行こうとすると、「ニイハオ」と声を掛けられて、妙に嫌な気分になり、退散です。これから昼食へ向います。(2017年9月13日)


by sekkaku | 2017-10-03 14:26 | タンザニア | Comments(0)

ドルからタンザニアシリングへの両替について(タンザニア)

a0124132_19525379.jpg
今回の旅ではタンザニアに滞在する日数が数日なので、添乗員より両替の必要はないと言われています。ロッジで頂くビール代は、すべてドル払いだし、お買い物をする時間もありません。

本日タンザニアをあとにするのですが、ケニアでは日程がきつくお買い物ができないらしく、アルーシャの街でお買い物タイムが発生です。

アルーシャのショッピングセンターにあった両替所のレートです。

1ドル=2237タンザニアシリング(tsh)

1円=16シリング(tsh)

タンザニアも、ケニアもホテルなどでは、ドルが使えるので、両替の必要性はありません。でもローカルのスーパーでお買い物となると現地通貨が必要です。(2017年9月13日)

by sekkaku | 2017-10-03 08:51 | タンザニア | Comments(0)

この時期のタンザニア・ケニアの天候について、確かな情報を発信します!

サファリ(秘境とかも)が目的の旅では、スーツケースの大きさに制限が入ります。セスナに乗る予定であれば、高さが65cmぐらいの中型のスーツケース(又は形が変形するバック)の方が望ましい。これって一般的に5~7日ぐらいの旅行日程が目安となります。

今回11日間の旅で、8泊します。私の場合、最低8日分の下着類を持参します。となると持っていけない旅グッズも出てきます。

その上、タンザニア・ケニアの気温がはっきりしないので、夏服、冬服、それとも春秋なの?実は相当悩みました。ただし、夏服と書いてあっても、マラリアの心配があるので、Tシッツや短パンは望ましくないです。

それでは9月のタンザニア・ケニアの天候を明確に回答したいと思います。私は9月の旅でしたが、多分8月の旅も同じでいいと思います。

まず、旅行中の天気の移り変わりですが、

a0124132_12570402.jpg
9月11日15時/キリマンジャロ/快晴;暑い/間違いなく夏服

9月12日8時/アルーシャ/曇り/14℃ぐらい

a0124132_13213100.jpg
9月12日12時/ンゴロンゴロ/晴/日なたは暑い/夏服に着替えたいくらい日差しが強い

9月13日7時/ンゴロンゴロ/曇り/やや肌寒い

9月13日12時/アルーシャ/晴れ/気持ちのいい天候

a0124132_13040273.jpg
9月14日6時/アンボセリ/曇り/暖かい

9月14日12時/アンボセリ/薄曇り/昼間も暑くならず


a0124132_13082578.jpg
9月14日17時/アンボセリ/薄曇り/夕方も涼しくならない

a0124132_12583413.jpg
9月15日7時/アンボセリ/快晴/気持ちのいい朝です。キリマンジャロを拝むことができました

a0124132_13013269.jpg
9月15日14時/ナイバシャ/突然の雨で、肌寒くなる

a0124132_13113610.jpg
9月15日16時/ナクル湖/快晴/肌寒い。夜ロッジから湯たんぽのサービスあり


a0124132_13102735.jpg
9月16日7時/ナクル湖/晴れ/寒い。コートまではいらないけど、冬の格好

9月16日15時/マサイ・マラ/晴れ/日なたは暑い

9月17日7時/マサイ・マラ/晴れ

a0124132_13054429.jpg
9月17日15時/マサイ・マラ/急に土砂降り、16:30にはあがる


a0124132_17313255.jpg

9月18日7時/マサイ・マラ/晴れ/清々しい

a0124132_13021289.jpg
9月18日14時/マサイ・マラ/急に土砂降りでも、夕方晴れてサファリへ行きました

a0124132_13294881.jpg
9月19日7時/マサイ・マラ/晴れ

9月19日14時/ナイロビ/晴れ/暑い

どの街も赤道直下でかつ、高地(1500m前後)にあるため、朝夕は涼しく(13℃~16℃)、昼間は暑いぐらいです(30℃にはなっていない)。暑いより日差しが気になります。

サファリ中は、できればTシャツ1枚になりたいぐらいです。1日中、快晴って感じではなく、雲がわいたり、無くなったり、そして乾燥した大地にはつむじ風が吹いています。よってマスクも必要かも(私はまったくせずの旅行を終えました)

朝夕にフリースのようなものやウインドブレカーを羽織りたいです。脱いだり着たりすることを念頭に置いてください。昼間はプールにギリギリ入れるくらいの気温(25℃~27℃)です。乾燥しているので、風が吹けば、昼間でもぐっと体感温度は下がります。水着を持参しましたが、マラリア(蚊が媒体となる)を気にして、入りませんでした。寒さに強い欧米人もほとんど入っていませんでした。ご参考までに。(2017年9月11日~19日)



by sekkaku | 2017-10-02 13:38 | 必読情報 | Comments(0)

この手の事態は、これからも起きるでしょう(中国)

a0124132_10574279.jpg
一週間前に記事がありましたが、本気度がわからず触れないようにしていました。でも敢えて触れます。

3月15日から「THAAD」配備を理由に同じく団体ツアーを無期限全面禁止した韓国に続き、日本も。

世界遺産も美味しい中華料理もたくさんあるのに、政治色が強すぎる。

残念です!

(2017年9月30日)

中国訪日団体ツアーが事実上禁止に。行けなくなった中国人60万人の振替先は?
by sekkaku | 2017-09-30 11:12 | ご注意 | Comments(0)

アフリカンマッサージと赤バナナって、ご存知ですか?

a0124132_10015129.jpg
タンザニアでお世話になる旅行社が所有する4WDです。ご存知だと思いますが、自動車は通常前輪2輪(F.F.)が回転し前進するか、後輪2輪(F.R.)かとなります。舗装された道の場合、このような前輪か後輪の推進力だけで車は進みます。でも悪路になると、例えば前輪2輪が地面に設置しない現象が起きます。するとタイヤは回るが、車が進まない状態となります。そこで4輪が回転する車であれば、タイヤのいずれかは地面と設置することになり、車が移動するというものです。

前置きはこの辺にします。

4WDを使うということは、想像するにタンザニアもケニアも悪路ということです。そしてンゴロンゴロ自然保護区では、4WDではなければ、保護区に入れない。つまり相当道が悪いということでしょうか。
a0124132_10150184.jpg
アルーシャからンゴロンゴロ自然保護区まで、距離にして150km(旅行社の説明によると)。アルーシャの郊外にはかなり大きなコーヒーのプランテーションがあります。
a0124132_10190348.jpg
アルーシャの街を抜けるとサバンナ(砂漠とも表現できます)が広がります。今にも動物が出来て来そうですが、放牧している家畜(牛とか羊)しか見当たりません。タンザニアもケニアも幹線道路沿いはほぼこの景色です。自然保護区や国立保護区に近くなれば、はぐれたガゼルやキリンを見ることができますが、ほぼ家畜です。どこにでも動物がいると思っていたので、意外です。
a0124132_10211808.jpg
トイレ休憩に立ち寄ると、羊のモモ肉を豪快に焼いています。豪快というか・・・
a0124132_10224331.jpg
わざわざ車を停めて、何かを買っています。
a0124132_10240307.jpg
これがガイドブックに、激甘と書いてあった「赤バナナ」です。でも贔屓目に言っても、普通のバナナかな。添乗員は、甘い時もあるなんて言ってますが、日本で売られいるフルーツは糖度が高いので、これらに勝るものは海外ではないと考えるのが一般的です。お腹も空いてましたが、一本で十分です。
a0124132_10275026.jpg
そして出発より3時間ぐらいでメインゲートへ到着です。ここまで99%舗装された道でした。
a0124132_10292003.jpg
ンゴロンゴロ自然保護区の模型で、概要を掴んで出発です。
a0124132_10304765.jpg
舗装道路から、ガタガタ道になりました。ほこりが立つのも実感できます。マスクを持参したほうがいいわけです。そんな道ですが、疾走します。ゆっくり走ると余計に揺れるからですかね。そんなスピードを出さなくていいのに。

ここでアフリカンマッサージの答えを言います。アフリカの大地、ガタガタ道では相当体が揺られます。それを揶揄して、マッサージを受けているといいます。

そして最初の写真スポット、展望台に到着です。ンゴロンゴロは超大きなカルデラです。その大きさは南北16km、東西19kmです。滅茶苦茶広いですが、写真ではわかりませんね。現在立っている外輪山で2400m。小麦色の見える平原は1800m。足が長くて、外輪山から降りれないキリンとインパラ(餌となる低木がない)以外の動物が平和に暮らす楽園です。
a0124132_10433337.jpg
展望台から高低差600mを下るときも、アフリカンマッサージです。道が細いし、デコボコの舗装されていな道をなぜか疾走します。道のへこみを飛ばして運転したいのか、そうな風にも感じます。車に弱い方は絶対酔うと思います。もちろん昼食は少なめにしてください。30分ぐらいで楽園に到着です。確かに4WDが必要と思います。(2017年9月13日)



by sekkaku | 2017-09-26 11:02 | タンザニア | Comments(0)

ミャンマーへ一人旅をした知人が、いい所だって言うので、思わずツアーを予約しました!

a0124132_17272204.jpg
最近、アジア各国へマイレージを利用して旅している知人が、ミャンマーが良かった~って言うので、予約しちゃいました。これから急速に発展するだろうし、そうなる前に、早めに行きたいと思っていました。そこへ知人が旅心をくすぐる刺激的な話をするので、ついって感じです。

どうもANAの席も空いているようだし、一時期のホテル代の高騰から少し落ち着いたんでしょうか。知人はその辺の苦労はまったくなかったようです。一つだけ気になるのは、「ロヒンギャ」の問題で大きくなり、外国人の入国制限とかにならないかですね。これから情報を集めたいと思います。(2017年9月8日)

by sekkaku | 2017-09-08 17:41 | ミャンマー | Comments(0)

プラスチックバックで、ちょっと面倒なことになっています!

ケニアで8月28日に施行された法律により、「プラスチックバックの製造・販売・使用が禁止となっています」

なんと旅行者のスーツケースを広げて、チェックするらしいです。このように添乗員から連絡がありました。

スーツケースに旅行用品を詰める時、何かの袋に入れると思います。

例えば、お菓子類であれば、スーパーで購入した時にもらう「プラスチックバック」をそのまま使う。

クリーニングに出した洋服も、わざわざビニールの袋から出さないと思います。

これらのゴミとなるプラスチック袋は、ケニアに持ち込めないような感じです。(罰金や賄賂がイヤなので、持ち込まないでほしいが正しい表現です

仮に、見つかると、罰金が400万円以上(4万ドル)です。

添乗員曰く、賄賂の国なので、対策をしてきてほしい。でした。ご参考まで(2017年9月5日)


by sekkaku | 2017-09-05 17:29 | ケニア | Comments(0)