ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

タグ:旅テク ( 362 ) タグの人気記事

黄熱病のワクチンを注射したところは腫れていません。今のところ問題ないようです!

a0124132_12221836.jpg
黄熱病のワクチンを注射してから、約24時間が経過しました。注射を打たれた左腕は、まったく痛くないし、お通じもあるし、体には変調は出ておりません。そうそう昨日、アルコールを取らなかった(取らないようになっている)んですが、その影響かもしれませんが、血圧はいつもより低かったことぐらいです。

ただ、接種2~5日目に疲労、筋肉痛、頭痛に伴う発熱が現れ、呼吸不全、肝機能障害、腎不全等の急速な進行となっていますので、来週の頭まで、予断は許さないです。

変調がありましたら、レポートします。(2017年7月28日)

by sekkaku | 2017-07-28 09:49 | 必読情報 | Comments(0)

黄熱ワクチンの注射に行ってきました。とりあえず体に変調は出ていません!

a0124132_12220196.jpg
本日朝10時ごろ、黄熱病の予防注射を受けました。場所は東京駅八重洲口にある八重洲口会館ビルの3階です。歩いて30秒ぐらいと、とても便利な所にあります。

昨日からの流れを説明します。
前日、日本衛生協会の方から、都合は悪くないか、旅館のような確認の電話が入ります。

そして本日10時ごろ、こちらの場所へ向い、まず問診票を記入します。そして待っている間(10分も待たないです)に注意事項を読みます。

注意事項で気になる2点について、そのまま書きます。

(5)20万人接種に一人程度の割合で、脳炎が出現します。
(6)40万人接種に一人程度の割合で、熱性多臓器不全が出現します。
接種2~5日目に疲労、筋肉痛、頭痛に伴う発熱が現れ、呼吸不全、肝機能障害、腎不全等の急速な進行が特徴です。

簡単に言えば、アンラッキーであれば、死んでしまうということです。

a0124132_12221836.jpg
接種の前に、医者から再確認があります。
卵、ゼラチンでのアレルギーや、ステロイド剤を近々に摂取したかなどです。

その後、看護婦さんが注射をします。
皮下注射ですので、風邪の時と同じ注射器です。ただし、サイズはとても小さなものですので、一瞬でお終いです。

とても痛いとブログで読みましたが、痛くはないです。
でも、液体を体に入れたことが分かるくらい、ワクチンの存在感があります。
チクリとか、ズキズキはないですが、表現も難しいですが、ズドーンとしています。

その後、しばらく待たされて(急変しないことを観察する)、支払(12.300円)を済ませて、この写真のイエローカードをもらってお終いです。
次は、体に何か起きましたら、レポートします。
(2017年7月27日)


by sekkaku | 2017-07-27 12:51 | 必読情報 | Comments(0)

サファリ中に動物名を言われても分からないことがあると思うので、スワヒリ語を調べて見ました!

a0124132_10435013.png
現地ガイドさんに、サファリ中、なになにがいたなんて言われても、英語であれ、スワヒリ語であれ、咄嗟に言われた場合、分からないと思います。そこでどうしても写真に納めたい動物のリストを作成してみました。

日本語の発音が、ほぼイコール英語である動物はいいですが、まったく違う動物名を覚えるのは一苦労かもしれません。とりあえず英語名だけでも、頭に入れて出発したいと思います。

それとガゼルとかインパラなんてとても似ている(私には同じように見える)。違いが分からないので、写真を整理する時に苦労すると思います。その辺も頭に叩き込んでから、出発します。ほんと事前準備がたくさんある旅だ。(2017年7月17日)


by sekkaku | 2017-07-17 10:59 | ケニア | Comments(0)

ケニア、タンザニアで訪れる保護区の特徴をまとめて見ました!

今回訪問予定の保護区は、ケニアで3か所(マサイマラ国立保護区、アンボセリ国立公園、ナクル湖国立公園)。タンザニアで1か所(ンゴロンゴロ自然保護区)となります。動物を見ることがメインですが、それ以外にもポイントがあるようです。その辺をまとめて見ました。

マサイマラでのポイントは、たくさんの動物を見れるようです。そして今回の旅のハイライトであるヌーの大移動を見る。その他には、マサイ村への訪問バルーンサファリなどです。

アンボセリでのポイントは、何と言ってもキリマンジャロの眺望のようです。

ナクル湖でのポイントは、かつてはフラミンゴの大生息地でしたが、現在はほとんど見れないそうです。代りにシロサイ、クロサイに遭遇するかも。そしてロスチャイルドキリンを見ることのようです。

ンゴロンゴロでのポイントは、外輪山の眺望。そしてクロサイに遭遇するかも。

どうもライオンには100%近く会えるようです。チーターやヒョウでさえ、かなりの確率で見れるようです。やはり望遠レンズが必要だ。
(2017年7月12日)



by sekkaku | 2017-07-12 16:02 | ケニア | Comments(0)

新しいパスポートをゲット!

a0124132_15533927.jpg
これが古いパスポートです。
多数の小さな穴が見えると思います。
写真のページまで、打ち抜きされています。
当たり前ですが、このパスポートはもう使えません。

ケニアに行くにあたり、いろいろ調べているとありますね。

まず、中型のスーツケース(高さが65cmぐらい)が
望ましいようです。
私は、大型と小型しか持っていないので、どうしましょうか。

それとマラリアの薬をどうするか。
1万円ぐらい掛かるようですが、お金の話ではなく、
飲むと副作用があるようです。

食欲減退はマズイ!

こんな風にいろいろと諸問題が出てきます。

そう情報ですが、ケニアのビザを取るための写真
(パスポートを同じサイズ)ですが、
なぜかカラーで、背景が白となっています。
カラー写真の背景って、
意外とグレーとか、ブルーなんかが一般的です。

それで撮り直しに行くハメになりました。

まだまだあるでしょうね。
2か月先の、旅の準備を楽しんでいます!
(2017年7月11日)

by sekkaku | 2017-07-11 16:09 | 必読情報 | Comments(0)

黄熱病の予防注射を打たねば!

ケニアとタンザニアの2か国を回ろうとすると、イエローカードと呼ばれる証明書が必要となります。

簡単に言えば、黄熱病の予防注射を打つだけです。ただ、そのワクチンがその辺の病院にはないので、指定された病院へ行く必要があります。

東京で言えば、以下の4病院のみです。

東京検疫センター(江東区青海2-7-11)

国立国際医療研究センター病院(新宿区戸山1-21-1)

東京医科大学病院渡航者医療センター(大田区羽田空港2-6-4)

日本検疫衛生協会東京診断所(中央区八重洲1-7-20)

ブログを書いた後、申込みをしました。

最短で7月27日(かなり先です)にしか、ワクチンを用意できないそうです。とりあえず予約しました。
それとアレルギーの症状の強い方(アトピーなど)は、接種できないそうです。
そして金額は、証明書込で12.300円だそうです。髙い!
(2017年7月3日)





by sekkaku | 2017-07-03 10:34 | 必読情報 | Comments(0)

パスポートの更新に行ってきました!

a0124132_16262460.jpg
9月にケニア・タンザニアの旅が決まったので、パスポートの更新に行ってきました。

まず、10年間ご苦労さまでした。いろいろありましたが、やはりイスラエルへの旅で、飛行機に乗るだけでも厳しい対応(担当者は丁寧な優しい対応です)だったことが思い出されます。その時の証拠が上記写真です。こんな付箋をパスポートに貼って、厳しく見る方の選別をしておりました。

それはさておき、今回少し早めに更新へ行ったのは、ビザ申請条件の有効期限(帰国日より6か月以上)を満たしていないからです。

そして私の場合、新規に取得するのではないので、必要書類は次の3点です。また10年間のパスポートを取得します。

申請書

期限が切れていないパスポート

写真1枚(4.5×3.5)

新しいパスポートは、来週の金曜日に出来上がるそうです。
その時には以下のものが必要となります。

16000円分の印紙(申請した場所で買えます)

引換書(本日発行されたものです)

本日は天気が良く無かったので、ほとんど待たずに申請が完了しました。次は黄熱病の予防注射に行きます。こちらは、皆さん経験がない方ばかりと思いますので、詳しくレポートしたいと思います。
(2017年6月30日)




by sekkaku | 2017-06-30 16:55 | ご注意 | Comments(0)

今回の旅のハイライト、マウナケア山頂のサンセット、星空鑑賞ツアーへ出掛けます!

a0124132_10331490.jpg
この写真は、当日、満月を反射式(?)の望遠鏡で撮ったものです。

a0124132_11484244.jpg
本来、満月の写真ではなく、こんな満天の星空を納める予定でした。

のっけからクレームで申し訳ないですが、話がぜんぜん違う。情報を隠している感があるので、正確にお知らせします。

満天の星空は、新月の時にしか見れない。新月とは、日中に見える月です。月が出ていると、その明るさで、光の弱い星が見れないんです(当たり前)。

それと、ハワイ島は天気の変化が激しいところです。この時期はコナの街は午前中晴れていますが、午後は曇り空となります。もちろんマウナケアの天候は、コナとは違いますが、私が滞在していた期間で言えば、1日のみ(6月1日)晴天だったと思われます。山頂に傘雲のようなものが掛かっていることがほとんどです。

そして6月2日の夜は、何と小雨が混じる最悪の天気でした。(これは仕方ないです)

今回、頑丈な三脚や広角レンズ(15kgぐらいあります)を持ち込んで、撮影しようとしてましたが、撮影できないことは決まっていたわけです。星空が見れないでは、ツアーの参加者が減るので、情報が少ないと思います。こんな目に合わないように、きちんとお知らせしておきます。

満天の星空は、新月の時にしか見れない。

それではツアーの日程を説明します。

シャラトンホテルには、13:30ごろ、pickupです。近くのホテルの方を拾い上げてマウナケアへ向います。途中時間調整のために、クィーンズマーケットやマカダミアナッツの工場へ寄ります。私はナッツの他に、ジャム、はちみつ、ワインを購入です。ナッツ工場に関しては、ツアー会社のバックマージンって話もありますが、シェラトンに泊まると買い物のチャンスが少ないので、これには助かりました。

そして適当な時間を過ごし、車を走らせます。徐々の高い所へ向うので、山道を登っている感じはしません。
軍隊の基地が途中にあり、そちらでトイレ休憩です。風が強いし、とても寒いです。
a0124132_11025618.jpg
ここから15分ぐらい走らして、17時前には、オニヅカ・ビジター・センター(標高2800m)に到着です。空気が薄くなるので、体を慣らすことが法令で決まっているそうです。

すでに結構寒いことをお知らせします。

ここでオーロラツアーでも使ったような厚手の防寒着を貸してくれます。私の場合、下着、シャッツ、ユニクロのダウン、そして防寒着の4枚重ね状態です。
a0124132_11031214.jpg
そして早めの夕食となります。これも空気が薄くなると、消火が悪くなるからだそうです。

ツアーの場合、どこの会社も似たよなお弁当のようです。私たちは唐揚げと鯵フライの幕の内でした。日本で食べるものと遜色ないです。ただし、屋内に食べるところはないので、野外にあるテーブルで食べます。無料でお湯を頂けるようになっており、味噌汁を頂きました。

そして車で30分ぐらい、山を登り、到着です。
a0124132_10514907.jpg

まだ、サンセットには時間があります。雲海が広がってました。

a0124132_11271544.jpg
こちらはNASAの天文台です。
a0124132_11021778.jpg
日が沈んでいくと、映画で見た火星のような光景です。
a0124132_11015979.jpg
日本の光学赤外線望遠鏡「すばる」もあります。確か左端だったかな?
a0124132_11014318.jpg
そして幻想的なサンセットを迎えます。
a0124132_11315108.jpg
ここでは空気が薄いので、ゆっくり行動してください。そう自然の偉大さを感じる瞬間です。
a0124132_11335501.jpg
それにしても寒い。
a0124132_11345154.jpg
この後は、オニズカ・ビジターセンターに戻り、星空観賞となります。天文台では、観測に影響があるらしく、星空観賞はできないようです。

なんと小雨が降ってくる最悪の天気です。車で山を下りて、来るときにトイレ休憩した軍隊の基地(この辺は晴れていることが多いようです)まで戻り、ここで星空観賞です。残念ながら、薄っすら雲が掛かっているので、二等星くらいしか見れません。

星座を見ながら、ハワイが北半球にあることを再確認です。北極星や北斗七星を見たので、南半球ではないとわかります。
a0124132_11383330.jpg
こんな写真しか撮れません。(コンデジにて)もう一眼レフなんて取り出す気力がありません。そしてここでも寒~い。

30分くらい、星座の説明してもらい。ホテルへ戻ります。ホテルの到着は22:30ぐらいでした。

ツアー代金は、170ドル。満天の星空は見れませんが、満足できる内容と思います。これで新月の時かつ快晴であれば、もっと満足すると思います。ご参考までに。(2017年6月2日)






by sekkaku | 2017-06-23 12:03 | ハワイ | Comments(0)

とても楽しみにしていたシュノーケリングへ行きます!

a0124132_13092728.jpg
旅に出る前に、絶対やりたいことは普通日本で予約を入れるものです。今回、シーズンオフのハワイ島ってことで、まったく予約を入れずに、ハワイ島へ入り、それからオプションを予約しました。

するとシュノーケリングツアーについては、ランチ付の午前のツアーは満杯で入れません。仕方なくシュノーケリングのみの午後のツアーへ参加します。
a0124132_13095125.jpg
シェラトンから歩いて5分ぐらいのところ(ケアウホウ湾)に、この手のツアー会社が数軒あります。今回はフェアーウンドというところのツアーへ参加します。金額は174.06ドルです。こちらが乗船した船ですが、なんとほぼ満席です。ざっと40名ぐらいと思います。そして午前中のツアーから戻ってきた人もたくさんいました。

この船で、約1時間ぐらい南下をしたところにポイント(ケアラケクア湾公園)があります。私は船酔い(一般人より少し弱いタイプ)をするので、ちょっときつかったです。船の中で、ソフトドリンクやおつまみが出るんですが、そんなものを食べられる状態ではなかったです。

ポイントに付くとシュノーケリングのグッズ(マスク、フィン、浮き輪等)を貸してくれて、約1時間ぐらい時を過ごします。
a0124132_13100907.jpg
船の上からはまずまず綺麗な海です。水深10mぐらいと思います。
a0124132_13084971.jpg
海の中を撮影するとこうなります。
a0124132_13083379.jpg
魚の種類、密度、そして珊瑚礁も然程です。

季節が悪いのか、午後だから光の具合が悪いもあるでしょう。でもイマイチかな。

船酔いをしていて最悪なコンディションだったので、20分ぐらいで引き上げです。台湾人のカップルもそうしてました。

そう一番お伝えしたいことは、海の水が冷たいことです。日本で言えば、野外のプールの温度くらいです。蒸し暑い35℃にもなる日本では、この温度が気持ちいいってなります。

でもハワイって気温が暑いまで行かないんです。25~30℃ぐらいで、かつ湿度が低い。日陰では肌寒いんです。海から上がっても寒いので、絶対大型のタオルを忘れないでお持ちください。ガタイの大きな欧米人には、そうでもないと思いますが、日本人(アジア人)には冷たいと思います。ご参考までに。(2017年6月2日)

by sekkaku | 2017-06-19 13:50 | ハワイ | Comments(0)

ミャンマーを訪れた外国人観光客が124万人に到達

a0124132_16521023.jpg
2017年、ミャンマーを訪れた外国人観光客が124万人に到達。 旅行会社やホテルなどは外国人観光客を呼び込むツアーをいろいろと探っている。より多くの外国人観光客が訪れるために、例えば緑の季節やモンスーンの時期にも来てもらうプランを練っているようだ。未知なる国ミヤンマー、発展する前に訪れて見たいと思っている。(2017年6月6日)

by sekkaku | 2017-06-06 17:00 | ミャンマー | Comments(0)