ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

タグ:ホテル ( 165 ) タグの人気記事

ホルア・プールサイド・バー&ラウンジ

a0124132_10230014.jpg
午前中のSPAを終え、午後はシュノーケリングに向かうので、満腹まで食べるのは危険です。

といってもこのホテルは2か所しか食べるところがありません。*レイズ・オン・ザ・ベイも大した料理がないことを確認しています。それでプールサイド(ホルア・プールサイド・バー&ラウンジ)に座って軽食を捜すと、ハンバーガーやサンドイッチしかありません。

パサパサしたパンを食べたなくないとの同行者の思いをくみ取り、チーズパニーニに落ち着きました。

実はこの写真と同じ物があります。ホテル方が気を利かして、2等分してくれました。それでもちょっと量は多いですね。これで何と29ドル(一人分は14.5ドル)。う~んです。お味も想像した通りです。

やっぱ街中にホテルがあれば、もう少し選択肢が増えるので、ハワイらしいものを食べれたかもしれません。(2017年6月2日)

レイズ・オン・ザ・ベイの屋外にはマンタ(オニイトマキエイ)のウォッチング・ポイントがあります。

by sekkaku | 2017-06-15 11:28 | ハワイ | Comments(0)

シェラトン コナ リゾート & スパ アット ケアウホウ ベイ(ハワイ島)

a0124132_07223761.jpg
本日から4連泊で、シェラトン コナ リゾート & スパ アット ケアウホウ ベイに宿泊します。
ハワイ島には48軒のホテルがあるようですが、その中で23位にランクされています(トリップアドバイザー)。
今回こちらのホテルを選択した理由は、至極シンプルです。
ツアーのプランでロイヤルコナリゾートからアップグレードできるホテルがシェラトンだっただけです。
a0124132_07252156.jpg
今回旅立つ前にテレビのブイがあまりにも酷い修正をしていたので、それからチェックします。
こちらがホテルのロビーから見える海です。
透き通った青い海です。
a0124132_07254389.jpg
翌日の午後の海です。
この時期午後には雲が沸いてきて、海の色は淀んできます。
つまり天気、光の加減、海底が状態などで海の青さは変化します。
でもタヒチやカンクンのような透き通るエメラルドブルーの海ってそうはないです。
そのように見えるように加工処理してテレビで流すのはNGです。
a0124132_07271298.jpg
ロビーは解放感があり、海風が抜ける造りです。
a0124132_13491735.jpg

いくつかの棟があり、中央部と海側にプールがあります。
a0124132_07222070.jpg
海側のプールです。
a0124132_07203134.jpg
白のベットカバーと茶色系の落ち着いた色合いのカーペット。長期宿泊には心地いい空間と思います。
a0124132_07164966.jpg
テレビ番組は日本のものが2チャンネル見れます。確か3万人ぐらい日系人がいると聞きました。だからだと思います。
テレビの下に冷蔵庫があります。
無料のコーヒーと水が毎日付いています。
a0124132_07185554.jpg
シャンプー、コンディショナー、ボディソープなどのアメニティ―はもちろん付いています。
ティッシュペーパーもありますね。
a0124132_07200696.jpg
残念ながらウォシュレットではないです。現地ガイドが言ってましたが、ハワイ島では1軒(確かヒルトン)だけ付いているそうです。
a0124132_07192709.jpg
JTBデスク(現在無人)もあり、日本人コンシェルジュもいる。つまり日本人の宿泊が多い。でもハンドシャワーではないです。
そしてダメな点は、湯量がチョボチョボ。
湯温も熱くはないです。

a0124132_07214745.jpg
参加型のフラのツアーもあります。宿泊した部屋が丁度会場の目の前でした。
a0124132_07211501.jpg
シュノーケリングやマンタを見学するツアーなどのアクティビティーも充実しています。
こんなに海が綺麗ですので、絶対楽しんでください。

こんなホテルなら泊まってみたいと思われると思います。でも正直に答えると
Noに近いと思います。

まず、行動派には向きません。このホテルと言うよりハワイ島が向かない。
このホテルからコナの街中まで、タクシーで約24ドルです。
無料のトロリーバスが出ていますが、2時間間隔ではピンポイントには外出できないですね。
つまりホテルに滞在したままとなる。

次にこのシェラトンの設備が古い。
数年前にリニューアルしたガイドブックで読みましたが、共用部に古臭さが滲み出ています。
多分JALの直行便が飛んでいた頃が最盛期ではないか?

ホテルのレストランがイマイチ。

そしてハワイ島自体がビーチリゾート化していない。それがいいという人もいます。
だから木村拓哉がお忍びでサーフィンに来ていたいそうです。

これでホテルの予約サイトによると27000円前後。
仮にお部屋がスイートであっても、シェラトンっぽくないシェラトンなので、
上記の諸条件が重なってパスです。ご参考までに。
(2017年5月31日~6月4日)

SHERATON KONA RESORT & SPA AT KEAUHOU BAY
住所:78-128 EHIKAI STREET, KAILUA-KONA ,HAWAII 96740 U.S.A.
電話:9304900




by sekkaku | 2017-06-07 10:11 | ハワイ | Comments(0)

ホテル・ガーデン(プリシュテナ)

a0124132_10162839.jpg
本日から一泊の予定で、コソボの首都プリシュテナにあるホテル・ガーデンに宿泊します。ホテルの屋根を見て頂くわかるように、五つ星ホテルのようです。添乗員曰く、自称五つ星ホテルです。中心地から外れているので、ホテルの周りには何もありません。出掛けるにしてもちょっと不便かもしれません。
a0124132_10163802.jpg
チェックインしようとすると結婚式を終えられたカップルが出てきます。気軽にカメラに入って頂きまして、ありがとうございます。末永くお幸せに!
a0124132_10171606.jpg
こちらのホテルも内部が空洞構造となっています。なんかもったいない造りのような気がします。客室にした方がいいでしょう。
a0124132_16241898.jpg
レセプションももったいないくらいな空間利用です。
a0124132_10164314.jpg
ベットルームはとてもシンプルかつ少しオールドタイプのデザインでしょうか。ツアー客用に3つのベットが入っています。安全性とコストを考えると、街の中心よりちょっとだけ郊外に泊まるケースが増えて感じがします。
a0124132_10165083.jpg
LGの液晶テレビが壁に掛けてあります。コーヒーメーカーがあって、無料で飲めるそうです。冷蔵庫もありました。
a0124132_10170117.jpg
残念ながらバスタブは付いていません。そして囲ったガラス張りのシャワールームです。お湯をたくさん使う(ザァーって出す感じです)と、配管が細いようで、シャワールームの外へ流れ出します。
a0124132_10165501.jpg
ごく普通のトイレですね。当たり前ですが、ウォシュレットではないです。清掃は行き届いています。
a0124132_10170957.jpg
些か小さ目の手洗い場です。シャワールームは大理石を使いとても、色合いも穏やかで高級感がある空間です。真っ白なタオルも程よいくらいの固さになっています。しかし水回りが弱い決定的な弱点があります。

ホテルの予約サイトでは、一泊9000円ぐらいです。そんなもんですね。コソボという国の物価を考えれば、高いくらいです。日本で言えば、都会にあるチェーン店のビジネスホテルよりちょっとましなクラスです。ただ、トリップアドバイザーの評価では、プリシュテナにある29軒のホテルの中で、第4位にランクされています。どう考察すべきでしょうかね。一泊だけのツアー旅行で、コソボという場所がらを考えれば、可もなく不可もなくですね。(2016年7月26日)

HOTEL GARDEN
住所:Str. Tahir Zajimi No.30 Kalabria Pristina
電話:+381-38-71-71-77


by sekkaku | 2016-10-26 10:54 | コソボ | Comments(0)

アレクサンダー・パレス(スコピエ)

a0124132_17013245.jpg
本日はスコピエ中心地から少し離れた所にあるアレクサンダー・パレスへ一泊の予定で宿泊します。外観はホテルというより、企業のビルのように見えます。確か大きな道から入り込んだ所にあったので、郊外かもしれません。と言っても30分も離れている感じではないです。
a0124132_17013904.jpg
ホテルに入ると中庭のような大きな空間があります。需要があれば、すべて部屋にしておけばなんて思います。レセプションを見る限り、古い様式のホテルのようです。木目の色や床の色などが古めかしいです。
a0124132_09121972.jpg
4階付近からこの空間を見るとこうなります。なんかもったいない感じがします。中心にある噴水も外庭に置けば・・・。そして段差があるんですよ。これも多くの方をお迎えしているホテルではあり得ない構造です。
a0124132_17015104.jpg
ベットルームは至ってシンプルです。安っぽさはないですが、高級感もないです。でも白のシーツ類はきちんとクリーニングが行き届いており、なんら不満はありません。
a0124132_17015629.jpg
この茶色の什器が古めかしさを感じさせるのだと思います。サムソンの液晶テレビがあり、冷蔵庫も付いています。
a0124132_17020183.jpg
大理石等の色合いは好きではありませんが、きちんと清掃が行き届いており、自称四つ星クラスのホテルと思います。デザインのアクセントである緑色の帯、これ中国のホテルでもたくさん目にしました。デザイナーの考えが古い。
a0124132_17021258.jpg
マケドニアにはウォシュレットなんてあるはずがないです。まだまだ開拓する余地はありますよ。TOTOさん。INAXさん。
a0124132_17020649.jpg
ハンドシャワーとバスタブがあり、この点はイイですね。ただ、このガラスの仕切りでは、シャワー時に床が水浸しになります(私の場合)。それと湯温の調整がやり難いです。つまり湯量(水量)がないです。そしてシャンプーをした泡が、流れて行かないです。これは配管が古い(細い)証拠です。

旅のしおりにも書いてありましたが、水回りは弱いホテルです。これから観光に力を入れて、客数が増えればその点は良くなっていくと思います。ホテルの予約サイトでは、一泊10000円ぐらいですので、その金額を見ると、正直物足りない。可能であれば、他のホテルでいいと思います。でもトリップアドバイザーの評価(誰が評価しているのかは不明。)では65軒中11位と上位にランクされています。日本人の一般的評価なら、中の下のビジネスホテルクラスです。(2016年7月25日)

ALEXANDER PALACE
住所:Bul. Oktomvriska Revolucija br.15, Skopje 1000, Republic of Macedonia
電話:+389-2-3092-392


by sekkaku | 2016-10-19 09:52 | マケドニア | Comments(0)

シェラトンティラナホテル(アルバニア) sanpo

a0124132_09394296.jpg
本日から2泊の予定で、アルバニアの首都ティラナの中心地にあるシェラトンホテルに宿泊です。ティラナ市内の観光地までも歩いて行ける場所にあります。そしてお菓子などの土産などが買えるスーパーマーケットまで、7分ぐらいととても便利なローケーションです。ただ、現在の問題は、ホテルの目の前にあるサッカー場を取り壊して、新設している点です。つまり工事現場の音や夜間のライトの光が部屋によっては入ってくることです。
a0124132_09463946.jpg
レセプションはゆとりのある空間にあります。もったいないくらい贅沢な空間利用です。ホテルマンもとても気持ちの良い方々です。
a0124132_09394760.jpg
ベットルームはシックな色合いで、とても落ち着くデザインです。ただ寝る位置が高いので、落ちると痛そうです。
a0124132_09395468.jpg
デスクがぽつんとありますが、これでいいのでしょう。
a0124132_09395810.jpg
サムソンの液晶テレビでした。もちろん冷蔵庫も付いています。
a0124132_09403363.jpg
シャワールームは黒の大理石を使い、高級感を醸し出しています。一通りのアメニティ―は付いています。
a0124132_09401752.jpg
残念ながらウオシュレットではないです。
a0124132_09401209.jpg
バスタブ付きで、かつハンドシャワーです。もちろん湯量、湯温ともに問題ありません。

世界的な高級ホテルチェーンのシェラトンホテルです。好き嫌いはあるとしても、文句の付けようがありません。ホテルの予約サイトでは一泊14.000前後の料金です。やはりアルバニアはまだまだ物価が安いようです。SPAもあることを確認したので、後で行って見ます。(2016年7月23日)

Sheraton Tirana Hotel
住所:Sheshi Italia | Italy Square, Tirana, Albania
電話:+355-4-227-4707


by sekkaku | 2016-10-05 10:04 | アルバニア | Comments(0)

スプレンディッド(プドヴァ)

a0124132_20234342.jpg
本日から一泊の予定で、モンテネグロ屈指のリゾート地プドヴァにあるホテルスプレンディッドに宿泊します。場所は先程観光をしたブドヴァ旧市街地から少し離れたところにあります。車で10分ぐらいだったと思います。
a0124132_20294768.jpg
リゾートにある高級ホテルそのものです。ツアーではなく個人で予約すれば、それなりの金額だろうと推測できます。
a0124132_20292074.jpg
レセプションによくあるおくつろぎスペースも高級感が漂います。前日はマダムがレースのドレスを着て、シャンパンなんかを飲んでました。
a0124132_20350957.jpg
大きなガラス越しにプールと海岸線が見えます。この景色も高級ホテルの一部です。
a0124132_20241323.jpg
お部屋は落ち着く感じのベージュ色を基調としています。アクセントに赤いソファってイイ感じです。
a0124132_20252668.jpg
リゾートに来てまで、仕事用でパソコンを広げる方はいないので、これで十分ですね。
a0124132_20414169.jpg
大きめのサムソン製の液晶テレビでした。もちろん冷蔵庫もありました。
a0124132_20423475.jpg
何とも大きなバスタブです。変な話ですが、ベットルームから見ることができます。
a0124132_20433132.jpg
そしてシャワー室まであります。湯量、湯音ともに申し分ないです。いわゆるジャーって出ます。
a0124132_20443859.jpg
流石にウォシュレットは付いてません。
a0124132_20290862.jpg
翌日プールサイドからホテルを見るとこうなります。まったくプールに入る時間的余裕はなかったことが残念です。
a0124132_20475456.jpg
こんな素晴らしいプライベートビーチ?がホテルの目の前にあります。

ホテル予約サイトを見ると一泊19.000円ぐらいでした。モンテネグロでは高い方の設定かもしれません。それに見合う高級感漂うホテルであると思います。何よりホテルの設備を満喫する時間がなかったことがどうなんでしょうか。そうそうSPA設備もありましたので、個人旅行の場合はそちらも利用できますね。夕方5時ぐらいにチェックインして、翌朝8時ぐらいにチェックアウトだったので、本当に残念でした。(2016年7月22日)

Hotel Splendid Conference & Spa Resort
住所:Becici, Budva Municipality 85315, Montenegro
電話:+387-33-773-777

トリップアドバイザー:ホテル スプレンディド

by sekkaku | 2016-10-01 21:06 | モンテネグロ | Comments(0)

シティ・ホテル(モスタル)

a0124132_12332340.jpg
本日から一泊の予定で、モスタルにあるシティ・ホテルに宿泊します。ホテルはショッピングモールのような建物とバスの発着場が兼ねています。入口も地味なので一見ホテルのようには見えません。そして小さな街のにぎやかの所にありますので、お買い物等にお出掛けできます。
a0124132_12334556.jpg
こじんまりとして、地方のビジネスホテルって感じのレセプションです。
a0124132_12324773.jpg
ベットルームはアーバンチックなデザインです。私は好きな内装ですね。
a0124132_12325704.jpg
WiFiもお部屋で使えるし、冷蔵庫も付いています。壁に掛かっているのはLGの液晶テレビでした。
a0124132_12331486.jpg
タオルは真っ白でとても気持ちいいです。シャンプーやコンディショナーは、一つのリキッドにまとまっています。
a0124132_12331765.jpg
とても清掃の行き届いたトイレです。日本人にとって、この清潔感は大切ですね。
a0124132_12333975.jpg
残念ながら、バスタブは付いていません。シャンプーと石鹸が一緒になっており、洗ってもヌルヌル感が残り、イマイチです。

観光で人が来るようになっても、モスタルに宿泊するわけではないようです。ホテルの数もさほど多くありません。ホテル予約サイトでは、一泊8000円ぐらいです。現地の物価を考えれば、ちょっと高いかもしれません。モスタルの観光もすでに終了しており、明日は移動です。つまり寝るだけなら、これで十分と思います。(2016年7月21日)

City HOTEL
住所:Vukovarska bb, 88000 Mostar, Bosnia and Herzegovina
電話:+387-36-349-090

トリップアドバイザー:City Hotel


by sekkaku | 2016-09-13 13:31 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)

かつてスナイパー(狙撃兵)通りと呼ばれた所で、未だに「ホリディ・イン」は営業を続けている!

a0124132_10273509.jpg
バスの車窓から撮ったホリディ・イン(サラエボ)です。色合いが全体的に青っぽいことをご容赦ください。いきなりですが個人旅行であれば、このホテルに宿を構えたかもしれません。一般的にはホテルの予約サイトのレビューを見ると、古くてガタガタとのコメント。至るところが弱っている。当然ランキングも下の方に張り付いています。同じツアーのメンバーはまったく興味なしようです。私だけがシャッターを切っています。
a0124132_10285142.jpg
サラエボの街には、まだ銃弾の跡がたくさん残っています。
a0124132_10282095.jpg
サラエボはまわりを丘に囲まれた土地です。内戦の時、丘をセルビアに抑えられ、1992年5月2日~1996年2月26日まで兵糧攻めに陥った。そして高い建物から動く物すべてを狙撃した。これがスナイパー通りです。そんなさなかホリディ・イン(サラエボ)は世界各国のジャーナリストが事務所を構え、営業を続けた砦のようなホテルです。外壁の黄色が目印です。

時間があれば、立ち寄りたいと思ったのは私だけでした。内戦について触れてはいけないのか。触れたくないのか。私にはわかりません。銃弾の跡もどんどん減っていくでしょう。いつかこの黄色の建物も壊される時が来るかもしれません。二度と同じ悲劇を繰り返さないように、闇に葬ることはさせない。

それはどうも日本のメディアは間違った報道を繰り返す。真実より自己保身に走る。戦時下の大本営の嘘っぱちもそうだ。まったくジャーナリストにあらずだ。話を戻すとセルビアに対する報道も、間違っていたと確信する。確かに民族浄化は行われた。しかしセルビア人だけではなく、クロアチア人も行っている。戦争になれば、人は畜生になる。理性が働くわけがない。内戦は終結しなければならなかったが、誰かを加害者にし、誰かを被害者にしただけだ。その音頭を取ったのが大国アメリカ、クリントン元大統領だ。この事実は内戦の後が無くなっても消えない。

間違いを伝える日本の大メディアとその報道を鵜呑みにする日本人は危うい。
大国アメリカ、ロシア、中国に異を唱えられる、思慮深い、慈悲深い、平和を愛する日本であってほしい。(2016年7月21日)

by sekkaku | 2016-08-23 11:16 | 必読情報 | Comments(0)

ホテルサラエボ(サラエボ)

a0124132_20040461.jpg
本日から一泊の予定でサラエボの旧市街地よりバスで10分ぐらいのところにあるホテルサラエボ(HOTEL SARAJEVOに宿泊します。ホテルの話の前に、ヴィシュグラードからサラエボの道のりは、山を登ったり、降りたりを何度かし、最後に少し下ると突然大都市が出てきたって感じです。旧市街地を抜けて、有名なホリディ・インを超えると宿泊するホテルが見えてきます。写真の左側に新館を作っており、サラエボがまだまだ発展することを誇示するかのようです。
a0124132_20050462.jpg
こちらのホテルは4つ星らしいです。台湾人のパーティーも宿泊しており、宿泊階を分けているようです。夕食のレストランは同じ所でした。
a0124132_20045984.jpg
宿泊階の廊下ですが、変に広すぎる。そして暗い。
a0124132_20041918.jpg
一方、お部屋のファブリックの明るいデザインで、私は好きです。明るい部屋です。
a0124132_20121331.jpg
白を基調とした家具類も素敵なデザインです。壁にはサムソンの液晶テレビが掛かっています。NHKはやはり映りません。そして冷蔵庫も付いています。
a0124132_20043462.jpg
ハンドシャワーはありがたいですが、このガラスの水除けでは跳ねた水でべしょべしょになります。湯温、湯量ともに問題なしです。
a0124132_20150053.jpg
シャンプーやコンディショナーなどの最低限度のアメニティは付いています。真っ白なタオルも好印象です。
a0124132_20044071.jpg
清掃が行き届いており、好感が持てるトイレです。

ホテルの予約サイトを見ると一泊7500円ぐらいです。総合的に言えば、4つ星とは言えないかもしれませんが、サラエボ観光の拠点としては問題ないと思います。ただ、ホテルの周りには、まだレストランとか雑貨屋なんかはないので、その点は不便かもしれません。(2016年7月20日)

Hotel Sarajevo
住所:Dzemala Bijedica St 169 A, Sarajevo 71000
電話:+387 33 777-900

by sekkaku | 2016-08-22 20:33 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)

イン・ホテル(ベオグラード)

a0124132_09050494.jpg
本日から二泊の予定でベオグラードにあるイン・ホテルに宿泊します。近くに幹線道路があるこちらのホテルの周りは開発中の地域のようです。展示会場やショッピングセンター等が建設中であったり、すでに開業していたり。でも幹線道路の音は気になりません。旧市街地からは少し離れていますが、宿泊先に求められる安全については申し分ありません。
a0124132_09091930.jpg
近代的なホテル外観。そしてスタイリッシュなレセプション。今回の旅で初めて泊まるホテルとしては合格です。
a0124132_09041535.jpg
インテリアは茶色を基調として落ち着いた色合いに、アーバンチックな色合いのベットカバーです。私が好きな空間です。お部屋でも無料のWiFiが使えます。
a0124132_09044894.jpg
ただ、スーツケースを広げるスペースは厳しいです。設備として冷蔵庫が付いているので助かります。サムソン製の液晶テレビでは、NHKの放送はありませんが、CNN等は見れます。
a0124132_09045479.jpg
清潔感のあるシャワールームです。真っ白なタオル、気持ちいいですね。まったく期待していませんでしたが、ウオシュレットではないです。アメニティはシャンプーとコンディショナーだけです。
a0124132_09045915.jpg
見ての通り、バスタブはありません。この引き戸で囲われたシャワールームですが、問題点がだいたい二つあります。一つは排水能力が低い。次は合わせ目からお湯が飛び散る。いずれも大丈夫でした。そして湯温、湯量も問題なしです。

トリップアドバイザーを見ると80軒ほどベオグラードにはホテルがあるようです。その中で18位。ホテルの予約サイトで料金を見ると12000円前後です。旅行会社から4つ星ホテルと聞いてます。率直に言えば高級なビジネスホテルってところです。ただ、ツアー旅行で使う分には申し分ないです。


IN Hotel Belgrade
住所:Bulevar Arsenija Charnojevica 56 | New Belgrade, Belgrade 11070, Serbia
電話:+381-11-310-5300

トリップアドバイザー:イン ホテル ベオグラード
by sekkaku | 2016-08-17 09:16 | セルビア | Comments(0)