ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

出どころは言えませんが、竹田城跡の雲海をバッチリ納められる秘密の写真ポイントと「きのさきの宿 緑風閣」(城崎温泉)

a0124132_10293956.jpg
毎年この時期になるとズワイガニを食べたくなります。11月頭に漁が始まり、そのニュースをテレビで見るからでしょうか。それって一種のサブミナル効果なんでしょうね。ズワイガニを食べれる温泉へ行こう話です。

そして日本人ならではなんですが、同じズワイガニでも、いろいろなブランド蟹がいます。松葉ガニ、越前ガニ、加能ガニ、間人ガニ、柴山ガニ、津居山ガニなどですか。マツコがカニってそんなに美味しいもの?ってCMしてますが、いざ食べ始めると寡黙になり、集中してしまう。とても美味しいものと思います。甲殻類アレルギーの方には申し訳ないけど、エビ、カニがダメってかなり人生を損していると思います(余計なお世話ですね)。

それでカニを食べれる温泉を捜すと、鳥取、島根、兵庫、京都、石川、福井などにある温泉が候補となります。この辺にはたくさんのいい湯があるので、かなり迷うところです。ここでなぜか鳥取砂丘竹田城跡も見たいとの話が追加され、地理的位置から城崎温泉へ行くこととなりました。なんと私にとって30年ぶりぐらいの再訪となります。川沿いの温泉街と外湯の風景はしっかり覚えていますが、それ以外は記憶がありません。どの温泉宿に泊まったかもわかりません。

ネットで温泉宿の評価を探ると、歴史のある西村屋なんて良さそうなんです。でも温泉に何でも浸かるタイプではないことと、外湯にも行かなくではいけないので、温泉宿にこだわるのをやめ、ズワイガニを食べることに集中します。そうなると宿が空いているところで、料理が美味しそうなきのさきの宿 緑風閣に決定です。安易ですね。
a0124132_10295914.jpg
先付で、但馬牛のしぐれなどとなります。こちらの温泉宿では、紙に書かれたメニューがありません。非常に残念です。
a0124132_10301898.jpg
こちらがカニすきです。うどんとか豆腐とかのは手を付けません。
a0124132_10301386.jpg
こちらがカニさしです。殻から綺麗に取れるように、包丁が入っています。
a0124132_10302578.jpg
こちらが焼きカニです。お部屋が香ばしい焼いたカニの匂いで充満します。
a0124132_10302950.jpg
但馬牛の焼きしゃぶです。肉を広げて焼きます。まったく味付けされていません。焼き上がったら、ゴマダレで頂きます。
a0124132_10303499.jpg
焼き上がりはこうなります。このメニューがあることを忘れてました。但馬牛も旨いですね。脂がしつこくないです。ポン酢も用意してくれるとありがたいです。
a0124132_10303889.jpg
なぜかトコブシステーキも付いています。活あわびの踊り焼とネットには書いてあります。ひっくり返してバターと野菜を入れて添えて、再度焼きます。意外と柔らかく出来上がります。
a0124132_10305444.jpg
カニすきの出汁で作る雑炊です。海苔がいいアクセントになっています。最高!お腹いっぱいなんですが、ダメ押しします。
a0124132_10305103.jpg
雑炊を食べると漬物も進みます。
a0124132_10304153.jpg
締めのデザートは、イチゴ、メロン、抹茶ロールです。こちらも完食です。
a0124132_11163301.jpg
こちらは朝食となります。干しエテカレイもご飯も滅茶苦茶美味しいのですが、下記にあげたメニューですので、イマイチ特徴がありませんね。
 ・ちりめん山椒じゃこ
 ・烏賊麹漬け
 ・辛子明太子
 ・温泉玉子 降り柚子
 ・モロヘイヤのおひたし
 ・いかオクラ 生姜出汁醤油
 ・豆乳から作る出来立て豆腐 牛そぼろの生姜たれ
 ・地元津居山産 干しエテカレイ

こちらで一泊二食付で、27.900円です。ネットには
  迷ったらコレ(^_-)-☆!
  城崎の冬の味覚と言えば熱々の「カニすき鍋」!
  カニ刺し・焼カニもついて、カニはおひとり様たっぷり2匹分!
  カニの旨みがぎゅーっと詰まった締めの雑炊も絶品です♪
  さらにさらに、「活あわびの踊り焼」と「但馬牛の焼きしゃぶ」も付いた
   大満足のプラン、あれもこれも食べたい方にはおススメです♪

と書かれており、魅力的だったですが、安易に宿を決め過ぎたと実は反省しています。まずいろいろな料理にせずに、ズワイガニに集中すべきでした。カニにもランクがあるんだとわかる質です。一泊5万円のカニ料理とは違いますね。そして何より細かいサービスが欠けていた(無くても問題はないが、高級宿では当たり前)ことが残念です。カニ宿ではありませんが、3万弱も出せば、箱根にも群馬にも料理の美味しい宿は多々ありますね。

a0124132_11555006.jpg
余談ですが、情報を付け加えます。竹田城跡に向かう天空バスは一方通行で走っております。竹田城跡に一番近い「山城の郷」の駐車場に、車を停めると不便が起きます。この駐車場の次が竹田城跡です。行く時は5分ぐらいでいいですが、戻りは一度竹田駅まで行き、そして山城の郷へ戻ります。つまりぐるっと回る時間が掛かることを注意申し上げます。最新のバスの時刻表もありますので、訪問の際はご活用ください。

そして耳より情報ですが、とっておきのポイントがあります。山城の郷を車で目指すと、電車の高架があり、その高架を超えて左に曲がります。ここを曲がらず、まっすぐ行きます。そしてしばらく走ると二股になります。こちらを右へ。そして少し走ると絶好のポイントがあります。通が写真を構えているのですぐに分かります。1年に30回弱ぐらいしか出ない雲海ですので、こちらのポイントからバッチリ写真に収めてください。ご参考までに。(2016年11月27日)

きのさきの宿 緑風閣
住所:〒669-6101 豊岡市城崎町湯島174
電話:0796-32-2834


by sekkaku | 2016-11-29 12:22 | 温泉料理 | Comments(0)

中米の旅で押えておきたいこと・・・

a0124132_10130584.jpg
テロに巻き込まれることを避けて、イスラム圏やヨーロッパ方面の旅は現状敬遠されている。その代案のようにコーカサス地方や旧ユーゴスラビア諸国、そして中米へのツアーが増えている。そこで中米への旅で押さえておきたい旅の気構えがあります。気構えですので、特に対策はありません。頭の隅に入れて置けば、とっさの判断に役に立つと思います。

まずハリケーンの災害が凄まじいことです。日本にくる大型台風の数倍のエネルギーを持ったものが、インフラの整っていない国々を襲うので、その被害は甚大です。できればハリケーンシーズンの旅は避けるべきです。次は火山立国であることです。一部のマヤ文明の終焉は、噴火による街の消滅です。似たような規模でいつ起こっても不思議ではないです。活動中の火山を見学する時には、そんなことも起こり得ることを覚えておきたい。そして火山活動に関係する大地震(津波)です。日本のような耐震基準がしっかりしたところでも、大地震が来れば、それなりのビルでさえ倒壊します。ホテルで就寝中に起こるかもしれません。いつもは確認しない非常口ぐらい確認しておいてもいいと思います。

観光資源が豊富な国々が多いので、非常に魅力的な旅となります。ちょっと遠いこと以外に欠点はないので、行けば全員が満足する旅となります。しかし自然災害はいつ起こるか分かりませんが、起こる国々であることを覚えておいてもいいと思います。私は旅立つ前、火山の噴火情報をチェックし、その近くを通る日を頭に入れておきました。もし噴火したらどのルートをツアーバスは通るべきか、引き返すべきか等を自分なりに地図で確認しました。自然災害に合う確率は低いですが、備えあれば憂いなしです。ご参考までに。(2016年11月25日)

エルサルバドル沖でM7の地震、ハリケーン直後 一時津波注意報
by sekkaku | 2016-11-25 10:44 | エルサルバトル | Comments(0)

大気汚染が問題となっているのは、実は中国やインドだけではないんです。

a0124132_20063750.jpg
インドのデリー、中国の天津、インドネシアのジャカルタなど、まだ経済を大きく伸ばしている途中の大都市で起きている社会問題といえば、その一つが大気汚染です。実はそれらの都市だけではなく、例えばパリなんかでも深刻な社会問題となっています。数日間滞在するだけでは、体にはほぼ影響はありませんが、できれば南の島のように真っ青な海、空を取り戻してほしいものです。青い空と海も無形の世界遺産のようなもので、未来へ引き継いでいくべきものと考えます。(2016年11月24日)

パリ大気汚染、過去10年の冬季で最悪に
by sekkaku | 2016-11-24 20:21 | ご注意 | Comments(0)

これからも豪雨による災害は増えて行くでしょう(ニューカレドニア)

a0124132_09253188.jpg
天国に一番近い島なんて呼ばれるニューカレドニア。写真はのどかな、時間が止まったかのようなヌメア光景だ。こんな島で地すべりが起きるくらいの豪雨がありました。そして犠牲者も出ています。南の島だから雨は降りますが、日本のようなどしゃ降りって、なかったと思います。なかったことが起きるのは、何かが変わったためで、素人の浅はかな考えではよく言われる気候変動のためではないでしょうか。こんなニュースは見落としがち(日本のメディアは話題性がないので伝えない)ですが、旅人は旅行の計画や現地での気構えもあるので、アンテナを高くしておくべきです。せっかく行った南の島で、海が茶色く濁っていることさえ起きます。(2016年11月24日)
AFP;ニューカレドニアで豪雨による地滑り、死者・行方不明者8人
by sekkaku | 2016-11-24 09:47 | ニューカレドニア | Comments(0)

突然運行しないと言われても・・・

a0124132_08290220.jpg
台湾のトランスアジア航空が突如本日から運行停止します。2015年2月に高速道路にぶつかりそうになって、墜落事故を起こした航空会社です。よって経営状態がよろしくないようです。LCC各社については、何かを削って安さを実現しており、搭乗率が落ちれば、直ぐに赤字となります。定時運行と安全については絶対条件と思います。この2点を順守できない航空会社には退場をお願いしたい。本日、トランスアジア航空を利用予定だった方は、その代便を捜すのに苦労されていると思います。待たされたり、飛ばなかったりするだけで、イライラするものです。他人事のようには思えない。(2016年11月22日)
台湾トランスアジア航空、22日の運航停止突然届け出


突然の運行停止発表の次は、突然の解散だそうです。やはりこんな航空会社を使うべきではない。(2016年11月24日)
台湾のトランスアジア航空、解散へ
by sekkaku | 2016-11-22 09:03 | ご注意 | Comments(0)

これは革新的な発想だ。各航空会社で規格を統一してほしい!

a0124132_13110387.jpg
ドイツのスーツケース販売RIMOWA(リモワ)社は、電子タグ付きスーツケース「RIMOWA Electronic Tag」を日本国内のリモワショップで販売開始します。空港でのチェックイン時、スーツケースに付ける紙製のタグが必要なくなる優れものです。ただし、このシステムにはルフトハンザ航空しか対応していません。エコの観点からも、是非、全航空会社、全スーツケースメーカーが共同で規格を決めて、全世界で使えるようにしてほしいものだ。(20161119日)
トラベルボイス:電子タグ内蔵スーツケースで空港の荷物預け入れをスムーズに、リモワ社が国内販売を開始、ルフトハンザ航空アプリで利用可能
by sekkaku | 2016-11-19 13:22 | 必読情報 | Comments(0)

ジカ熱はひとまず収束に向かっているようです・・・

a0124132_10242708.jpg
真実を伝えずに、プロモーションを拡大するって、ある種の詐欺行為ではないでしょうか。数ヶ月前ですがジカ熱患者が増加し、タイやシンガポールでは観光産業に影響がでないよう、患者数の発表をやめた。一方、中米の国々では感染しても病院へ行くとは限らないので、正確な患者数は把握できていない。それでも感染地域では封じ込めの対策が取られたんだと思います。現状パンデミック(世界的大流行)の恐れが、遠のいたようです。WHOが公衆衛生上の緊急事態を解除しました。もちろん気を付けるに越したことはありません。東南アジアや中南米へお出掛けの際は、なるべく蚊に刺されない服装の方(日差しが強いので、自然と長袖となりますね)がいいかもしれません。(2016年11月19日)

AFP:WHO、ジカ熱の緊急事態宣言を解除
by sekkaku | 2016-11-19 10:29 | 必読情報 | Comments(0)

上海蟹に対するニュースは、事欠かない

a0124132_11451936.jpg
江南の秋、江南人の誰しもが食べる上海蟹。江南人にとっては重要なイベントだ。でも中国の内陸や北の方では、そんな話は聞かない。今回飛び込んできたニュースは、日本への輸出停止で、上海蟹のブランドを守るそうだ。日本でズワイガニのブランド強化を図るため、足にタグを付けたりなど行っていますが、それは中国ではまったく意味をなさないだろう。出荷量と流通量が全然あっていない。日本だって南魚沼産のブランドコシヒカリは、生産量と流通量があわない。ひそかにブレンドを行う業者がいるわけだ。この食品業界の闇は消えないだろう。ネガティブなことはいくらでも言えるが、とりあえず静観したい。(2016年11月18日)
by sekkaku | 2016-11-18 12:47 | 中国 | Comments(0)

エジプトのピラミッドほど解析が進んでいない・・・

a0124132_11163436.jpg
中南米に存在したマヤ文明の研究は、エジプト文明に比べれば進んでいない。今年訪問したコパン遺跡、ティカル遺跡などでも、遺跡保護の意味合いもありますが、発掘を進めていない場所が相当あります。昨日、日本人もたくさん訪問しているメキシコ、チチェン・イッツア遺跡にあるククルカル・ピラミッドから、興味深い調査結果が届きました。このピラミッドの構造に関するニュースは、マヤの他のピラミッドの解析にも役に立つだろうし、もしかするとエジプトのピラミッド解析にも大いに役立つかもしれない。このニュースを頭の隅に入れて、メキシコなどを訪れてみたらどうでしょうか。AFPの記事を参照ください。(2016年11月18日)
by sekkaku | 2016-11-18 11:29 | メキシコ | Comments(0)

コソボから嬉しいニュースが飛び込んできました!

a0124132_09532001.jpg
ツアー旅行でほんの一部の都市しか見ていませんが、コソボを周ってみると、戦争の爪痕はやはりあります。昨日まで同じ村に住む隣人に攻撃される悲劇の跡です。仮にそれらが取り除かれても、心に残った爪痕はそう簡単には無くならない。もちろん都市の復興は順調に進んでいる。そんな印象を持ちました。そしてついに国番号を持てるようになったようです。それと諸問題も徐々の解決して行くことを希望します。イラクやシリアと違い、コソボは旅先として十分選択肢になり得る国であることを強調します。(2016年11月15日)


by sekkaku | 2016-11-15 10:06 | コソボ | Comments(0)