ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2016年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

ジカ熱を抑え込むために、ASEANが協力する

ASEANが協力して、ジカ熱に広がりを食い止めるようです。アメリカがマーケットよりドルを引き上げていることが、ボディーブローのように東南アジアに効いてきています。その上ジカ熱で人の往来ができなくなると大変な事態になります。この協力に是非日本もオブザ―バーでいいので参加すべきだ。(2016年9月20日)


by sekkaku | 2016-09-20 19:57 | ご注意 | Comments(0)

バルカン料理その九

a0124132_10474394.jpg
コトルでのランチは城壁内にあるGIARDINOで頂きます。こちらのレストランはトリップアドバイザーのランキングでは、81軒中23位ということです。昔の緑の看板にはRESTAURANTの後にピザと書かれていましたが、そちらを消し込んでいます。ピザのメニューはあったはずだし、シーフードレストランと思ってました。
a0124132_10475697.jpg
まずビールで乾杯です。ビールの瓶を持ってきて欲しかったなあ~。銘柄がわからない。
a0124132_10474940.jpg
やはりパンも出てきます。パンは大好きですが、メインを待って頂きます。(結局食べていません)
a0124132_10482595.jpg
野菜サラダですが、セルビアやボスニアと比べるとカット方法があか抜けています。こちらの方が同じ野菜でも美味しそうに見えます。
a0124132_10480952.jpg
魚のスープです。ビーチリゾートらしいメニューです。そして私は好きな味(ブイヤベース風トマト風味)です。
a0124132_10481880.jpg
メインがイカフライです。持参したマヨネーズとしょう油と絡めると一段上の味となります。無でももちろん美味しいです。アルコールが進む料理です。
a0124132_10484241.jpg
そしてデザートはチョコとバニラのアイスです。アイスそのものは普通ですが、ビスケットが添えられているだけで高級感が出ます。やはり高級リゾート地で食事をしている感じになります。ただ、こちらのレストランはとても狭く、内がごちゃごちゃです。ツアーのメンバーで押し寄せたから余計ですが、何せ狭い。これだけはお伝えしておきます。(2016年7月22日)

トリップアドバイザー:Giardino
by sekkaku | 2016-09-20 11:09 | モンテネグロ | Comments(0)

8年ぶりに来たコトルの街が激変していて、とてもビックリしました(モンテネグロ)

a0124132_14284745.jpg
山間の道を抜けて、アドリア海に面した道で出ました。するとサマーバケーションシーズンで道は激込みです。コトル湾をショートカットできるフェリーに乗り込むそうです。以前もクロアチアからこの道を南下して来たと思いますが、こんなフェリーなんかなかったような気がします。それとコトル湾の景観維持のため、橋は掛けないそうです。
a0124132_14421335.jpg
この景色を見ると、たった10分ぐらいですが、橋なんて作らない方がいいと思います。
a0124132_14263044.jpg
船を降りて5分ぐらいでコトルに到着です。なんか高級リゾートって感じです。豪華客船が寄港しています。そしてたくさんの方が城塞へ向っています。
a0124132_14270094.jpg
なにせ観光客が多い。2008年7月に訪問した時は、こんな風にガイドさんから説明を受けました。「人口60万人のモンテネグロがセルビアより独立してやっていけるのか。」その言葉を裏付けるように、コトルの街は人がいませんでした。それが全然違~う
a0124132_14280477.jpg
正門を括ると時計台をバックにたくさんの観光客が写真を撮っています。2008年に来た時は、ここには10名ぐらいしかいなかったような。コトルの街は堅固な城塞に囲まれているんですが、右も左も、人、人、人です。
a0124132_14393272.jpg
今回の旅で知恵を付けました。ローマ・カトリックと東方正教会と二つのキリスト教があると思います。これらの境界線がコトルにぐらいだそうです。こちらはローマ・カトリックに属する聖トリプン大聖堂です。
そして今回のコトル訪問での大収穫です。山の上にある教会を見に行くことです。こちらが入口です。
a0124132_14521822.jpg
すぐに料金を回収します。結構急な石畳みを15分ぐらい登ると目的地に着きます。汗が止まらない。冷たい水が飲みたい。
a0124132_14544391.jpg
途中にこんなすばらしい景観が見れるんですよ。
a0124132_14572319.jpg
目的地の救世聖女教会はひっそりとたたずんでいます。
a0124132_14585579.jpg
内部はとても地味です。
a0124132_15021245.jpg
コトル港のこの景色はたまりません。
a0124132_15055599.jpg
自由時間が無くなりそうなので、急いでおります。
a0124132_15041550.jpg
ドブロブニクと同じくらい美しい景観です。15分ぐらいですので、絶対坂道を登って、この景色を見てください
a0124132_15070456.jpg
中腹(中央左)に見える教会が登ってきたところです。
a0124132_15090744.jpg
こじんまりとしたコトルの旧市街は2時間もあれば、すべてを見れるでしょう。もちろんここを素通りする人はいないでしょう。それでも以前を知る私の中では「オススメスポット」に大昇格となりました。ブログの写真を見ていただければ、「行って見たい」となると思います。アドリア海に面した街は、山の緑色、海や空の青色、そして屋根の瓦のオレンジ色から構成され、その景観は素晴らしい一言です。是非見に行ってほしいと思います。(2016年7月22日)

by sekkaku | 2016-09-19 15:27 | モンテネグロ | Comments(0)

まだ詳細は不明ですが、数か所で爆破があったようです

アメリカで爆破事故がありました。詳細はまだ不明ですが、イスラム国に関連する事件でないことを願います。現地にいる旅人、ビジネスマンの方、夜が開けましたら情報を入手し、お気を付け行動してください。(2016年9月18日)

米ニュージャージー州で複数の爆発物発見 うち1つが処理中に爆発


by sekkaku | 2016-09-18 13:21 | アメリカ | Comments(0)

この時期ミュンヘンではビールの祭典が行われます!

a0124132_22110715.jpg
ドイツで頂くビールの量が多いこと。日本のピッチャーのようなグラスに、2~4ℓぐらい入っている。そして日本のビールよりアルコール度数は弱めで、飲みやすいビールが多いです。日本人のように、アテを食べずに黙々と飲んでいる感じだ。どうせドイツを旅するなら、この時期(オクトーバーフェスト)もいいかもしれない。何よりこんなたわいもない話がニュースとなる世界になってほしいものだ。(2016年9月17日)


by sekkaku | 2016-09-17 22:21 | 行って見ようよ! | Comments(0)

タイでのジカ熱患者数が279名・・・

シンガポールだけではなく、タイでもジカ熱の患者数が増えています。13日に新たに21名の患者が出たとお伝えしましたばかりです。9月15日時点で279名の患者がいます。十分お気を付けて旅を続けてください。(2016年9月16日)


by sekkaku | 2016-09-16 20:28 | タイ | Comments(0)

激戦の跡がいまだに生々しいモスタル

a0124132_09412520.jpg
ホテルを出発してすぐに、壁が無くなり、コンクリートの骨組みだけの集合住宅が車窓から見えた。思わずシャッターを切りました。

ボスニア・ヘルツェゴビナは、人口の33%を占めるセルビア人と17%のクロアチア人、44%のボスニア人(イスラム系)の調和がとれた国家であった。それが内戦となり、親戚や友人などをお構いなしで三つ巴の戦いを広げた。その中でもモスタルは激戦地の一つであり、内戦の爪痕が残されている。

内戦となった理由は、諸説あり、誰が悪玉(当時セルビアってことになっていました)なのかは私見を述べたくない。それよりこの内戦を解決しようと奔走したようなふりをした国があった。それが「アメリカ」だ。有力な戦争広告会社がアメリカ側のプロパガンダを担当し、「民族浄化」というタイトルで事実と異なる記事を大量にプレスに流していた。時の大統領は、クリントンであり、「セルビア治安部隊による無差別の民間人虐殺を糾弾する」といって、NATOが空爆へ舵を切っている。

この戦争によるアメリカの利権は分からないが、クロアチアが悪玉とされていてもおかしくない事実が、後で浮き上がっている。イラクでもそうでしたが、難癖を付けて、金を取りあげる行為しているとしか思えない。そんなアメリカの犬となっている日本は、危ない。最近EUのようなに、少し距離を置くべきではないだろうか。多くのアメリカ人がパスポートする持っていない。外交には興味がない民族のはずだ。そんな国の代表が世界を仕切っていいのでしょうか。まったく能力はないが、日本の一部の政治家の方が、世界を平和に導く素地(土壌)を持っていると思う。

旅をする者は、どこまで深堀すればいいのか迷うところだ。単に非日常体験を求め、ストレスを解放する旅をするだけ。それでも訪問する国の文化や歴史にはまったく触れないわけにはいかない。旧ユーゴスラビアの国々を旅して、自分が無知であったことが分かっただけでもいいと思っています。これからモンテネグロのコトルへ向います。(2016年9月16日)

by sekkaku | 2016-09-16 10:24 | 必読情報 | Comments(0)

AFPがなぜか触れなくなりましたので、調べて見るとまだジカ熱は増え続けています(シンガポール)

ここ数日、シンガポールでのジカ熱の新しいニュースが流れないので、検索して(channelnewsasia.com)状況を調べて見ました。9月15日現在、355名です。まったくペースが緩んでないことをお知らせします。いい加減な話を流布しているわけではありません。きちんとしたニュース記事より拾っています。(2016年9月15日)


ジカ熱、アジア太平洋地域で大流行の可能性も WHO
by sekkaku | 2016-09-15 22:49 | シンガポール | Comments(0)

シティ・ホテルでの朝食(モスタル)

a0124132_16502390.jpg
昨日、ディナーで出されていたパン(?)もありますね。本日の朝食もいつものコンチネンタルメニューです。缶詰の桃やパイナップルがカットフルーツの代役として並んでいます。こちらにプレーンヨーグルトを掛けて食べると美味しいですよ。いつものことですが私にとっては、コーヒーやヨーグルトがあるだけで満足な朝食です。

本日のスケジュールは朝食後山間の道を走らせ、2時間ぐらいバスで走ったところにモンテネグロの国境があります。そして入国後コトル観光です。実はコトルには2度目の訪問となります。5年ぐらい前は、どちらかと言えば、ドブロブニクのついでに寄った感があり、人けのないイメージでした。それが最近はこちらもメインの観光地点となっているようです。とても楽しみにしています。(2016年7月22日)

by sekkaku | 2016-09-15 17:01 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)

バルカン料理その八

a0124132_11055722.jpg
本日は宿泊しているシティ・ホテルでディナーとなります。まずトマトときゅうりとレタスのサラダが出されました。美味しそうな色をしているトマトですね。トマトやキュウリはほぼ毎日出てきます。
a0124132_11055145.jpg
そしてお決まりのビールで乾杯です。
a0124132_11054513.jpg
次は香辛料の効いた酸味にあるスープです。トマトスープですかね?
a0124132_11053871.jpg
やはりパンは出てくるんですね。見た目が美味しそうですが、そうでもないです。小麦そのものが良さが伝わらない。パンの文化の国ではないようです。
a0124132_11060329.jpg
こちらは「ムサカ」と呼ばれる挽き肉とジャガイモのギリシア風のパイです。じゃがいもを食べる料理としては逸材です。
a0124132_11060800.jpg
締めは、「パフィア」と呼ばれる、クルミを潰してリキュールとしたものとリンゴとクリームのデザートです。アラブ風の甘いお菓子です。個人的には苦手かも。明日はモンテネグロのコトルへ移動します。(2016年7月21日)


by sekkaku | 2016-09-15 11:22 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)