ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2016年 08月 ( 43 )   > この月の画像一覧

寛容さを育むため、観光に出かけよう!

a0124132_10304376.jpg
旅に出ることから、世界平和のありがたさに私は触れてきました。世界じゅうの人々がパスポートなしで旅行できたら最高って思い続けています。そんなことを思うだけではなく、行動に移している方(アジス・アブ・サラ)がいらしゃるので記事を紹介します。私も本日ヤフーの記事を見たばかりです。翻訳を下記へコピペします。彼の行いを、中国と日本、韓国と日本ぐらいからスタートできればいいなあ~なんて漠然と思います。(2016年8月31日)

翻訳

私は 観光事業をしながら 平和構築に取り組んでいます でも 始めから そうだったわけではありません 7歳のとき テレビで 皆が石を投げているのを見て 「これは面白そうだ」と思いました そこで 私は表に出て 石を投げました 本来 イスラエルの車に向けて 石を投げるべきだったのですが 近所の車に 石をぶつけてしまいました(笑) 私の愛国主義は 感心されませんでした


これは 兄と私の写真です 小さい方が私です きっと こうお思いでしょう 「昔はかわいかったのに どうしちゃったんだい?」 私のこの兄は 18歳のときに逮捕され 投石の罪で刑務所に入れられました 石を投げたことを認めなかったため 彼は暴行を受け 内臓に損傷を負い そのことが原因で 出所後すぐに亡くなりました


私は怒りに駆られ 憤慨し 復讐を心に誓いました


でも18歳のとき転機が訪れます 就職のため ヘブライ語を学ぼうと ヘブライ語の学校に通い そこで 初めて 兵士ではないユダヤ人に会いました 本当にささやかなことですが パレスチナ人には珍しく カントリー音楽好きなことなどもあり 私たちは仲良くなりました ただ そのとき初めて 二人の間には壁があることに気付きました 怒り 憎悪 無知という壁が 私たちを隔てているのです でも 私は思いました 自分の身に何が起こるかは重要ではなく 本当に大事なのは 私が それにどう向き合うかだと ですから 私は人生をかけて 人々を隔てるこの壁を 崩そうと決めました


以来 様々な方法で 取り組んでいます 観光も その一つですし メディアや教育もあります きっと こうお思いでしょう 「観光で何かを変えられるのか? 壁が崩せるのか?」 ―答えはイエスです 観光こそ 最も安定して これらの壁を打ち崩し お互いを結びつけて友情を培う 持続可能な方法を 創れるものなのです


2009年 私はMejdi Toursを 共同設立しました 人々を結びつけることを目的とした 社会事業で ユダヤ人の友だち二人と作りました 私たちがしようとしているのは― 具体例で言えば エルサレムで イスラエル人とパレスチナ人各1名の ツアーガイド2名で 一緒に観光案内をするというものです 二人は 全く異なる観点から 歴史や言い伝え 考古学や紛争を語ります 以前に コビーという友人と 一緒にツアーをしました シカゴからのユダヤ人の方々を エルサレムで案内したのですが 皆さんを パレスチナの 難民キャンプにお連れし そこで このような ご馳走を食べました ちなみに こちらは母です 素敵でしょう これは パレスチナの料理 「マクルーバ」です 「ひっくり返す」という意味で お米と鶏肉を調理し 最後にひっくり返すのです 最高の料理で 皆で一緒に食べます そして イスラエルとパレスチナの 合同バンドが演奏し ベリーダンスをしました ご存知のない方 あとで教えて差し上げますよ そして 私たちが帰る日には 双方とも泣いていました 離れたくなかったのです 3年経っても まだこの関係は続いています


想像してください 毎年 海外旅行をする― 10億人の人たちが こんな風に旅をするんです ただ バスに乗って 名所をまわり ホテルを移動し 車窓から 人々や文化の 写真を撮るのではなく 実際に人と結びつくのです


以前 イギリスからの イスラム教徒のグループを 正統派ユダヤ教徒の家に お連れして そこの家族と 安息日の夕食を共にしました ハミンというユダヤ料理のシチューを 一緒に食べました しばらくして 100年前 彼らの祖先もまた 北アフリカの同じ地方から やって来たのだと気づき 絆を深めたのでした これは Facebookの プロフィール用写真にするのでも 単なる被災地旅行でもありません これは 旅行の「未来」です 皆さんも 私と一緒に 旅を変えてください 私たちは 世界中で この取組みをしています アイルランドから イラン トルコまで 皆で あちこちに出かけ 世界を変えていきましょう


ありがとうございました


(拍手)


ヤフーの関連記事へ


by sekkaku | 2016-08-31 10:31 | 必読情報 | Comments(0)

キルギスで爆破事件が発生

キルギスの中国大使館で自爆攻撃があったようです。詳細は不明ですが、この地域も以前から民族問題があるようです。旅をされている方もいらしゃると思います。十分お気を付けください。(2016年8月30日)


by sekkaku | 2016-08-30 15:48 | ご注意 | Comments(0)

イラクもイエメンもまたまたテロ・・・

日本ではあまり大きな報道になりませんが、イラクでも、イエメンでも、テロが未だに起きています。起きていると言うより増えている感があります。AFPの報道が真実とすれば、ISが関わっていることになります。しかしそもそも論を持ち出せば、屁理屈を押し付けてフセイン政権を倒したアメリカに大責任があるのではないでしょうか。それに加担したイギリスにも大きな責任がある。小さな責任であれば、アメリカを指示した日本にもあります。アメリカなどの大国が関与し、その国をリビルドした事例で、うまく納まった(点数で言えば80点以上)例は、日本だけではないでしょうか。それ以外はむちゃくちゃな収束へ導き、遺恨が残ることがすべてです。私は政治家でも宗教者でもありません。単なる旅好きです。しかしこんな世界が旅の障害であり、その根っこに触れざるを得ない。何よりすべての人にとって世界じゅうが平和であることは一番重要なことではないでしょうか。(2016年8月30日)
by sekkaku | 2016-08-30 10:25 | ご注意 | Comments(0)

シンガポール、ジカウイルス感染者41人に

15年近くシンガポールに行っておりません。その間大発展を遂げたことはニュースなどでよく存じております。そしてアジアの中では一番衛生状態の良い国と思ってました。でもなぜかジカ熱感染者が増えているようです。シンガポールからマレーシアやインドネシアなどへ拡散するのは防がねばなりません。いち早い対策とその協力が望まれます。(2016年8月29日)


by sekkaku | 2016-08-29 14:22 | シンガポール | Comments(0)

トルコ警察署に自爆攻撃、警官11人死亡 クルド組織が犯行声明

トルコ南東部ジズレで自爆攻撃が発生。観光客が巻き込まれたとの一報はないが、トルコでのテロの連鎖は止らない。一度はトルコを大周遊して見たいと考えています。以前から東トルコはクルド人問題があり、観光に適さない地域でした。(クルド人問題とは存在せす、すり替えた何かであり、実は大国の陰謀ってことも考えられるが・・・)現状から判断すれば、しばらくトルコの観光を見送るべきと思います。(2016年8月27日)


by sekkaku | 2016-08-27 10:22 | トルコ | Comments(0)

ミャンマーでM6.8の地震、3人死亡 バガンの仏塔が多数損壊

2016年8月24日に発生した、ミヤンマー、バカンの約30km南にある町チャウクを震源とする地震により、なくなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。バカンでは世界遺産への登録を進めている時だし、私もまだミヤンマーに訪問したことがありません。落ち着きを取り戻したら、是非行きたいと思います。(2016年8月26日)


by sekkaku | 2016-08-26 09:20 | ミャンマー | Comments(0)

できれば避けたい航空会社は・・・

ワースト15の航空会社らしいのですが、ZUU onlineの評価です。星の数で格付けしていますが、元にした資料にはワースト15なんて書いてません。私はその中より一部を抜粋しました。
15位 USエアウェイズ(米)1939年 3つ星
14位 フロンティア航空(米)1994年 3つ星
13位 ユナイテッド航空(米)1926年 3つ星
5位 スピリット航空(米)1980年 2つ星


by sekkaku | 2016-08-25 08:41 | 体験を聞かせて! | Comments(0)

イタリア地震、死者120人 負傷者368人に

2016年8月24日に発生した、イタリア中部を震源とする地震により、なくなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。(2016年8月25日)

AFPbbNEWSの関連記事へ
by sekkaku | 2016-08-25 08:15 | イタリア | Comments(0)

Mostarsko pivo(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

a0124132_10383091.jpg
ボスニア・ヘルツェゴビナのビール(Mostarsko pivo)だそうです。読めないので、そのまま書きます。確かpivoは飲み物ことだったような。お値段は2€です。高いよ。観光地価格だ。苦味が喉に残り、夏に飲むビールではない。(2016年7月21日)
by sekkaku | 2016-08-24 15:38 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)

バルカン料理その七

a0124132_10393459.jpg
モスタルに移動して昼食となりました。川辺より気持ちいい風が吹くレストラン(Hindin Han)で頂きます。残念ながらテラス席は空いていません。そしてトリップアドバイザーを見ると93軒中3位とすばらしい評価をもらっています。楽しみです。
a0124132_10384607.jpg
やはりパンがあります。
a0124132_10385069.jpg
メインは焼鳥でした。パサパサ感が好きではないです。日本のようにタレだくがいいです。当たり前ですがムスリムの国ではチキン料理が多いです。
a0124132_10383091.jpg
そうそうビールで乾杯です。
a0124132_10383508.jpg
これがミートロールパイって?中にはミンチが入っている?そうだっけ?記憶にないなあ~。
a0124132_10385665.jpg
デザートは梨と桃です。自然な甘さが魅力なんですが、剥くのが面倒です。食後はモスタルのシンボル、スタリ・モストなどの観光となります。(2016年7月21日)


トリップアドバイザーのHindin Hanへ
by sekkaku | 2016-08-24 11:06 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(0)