ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2016年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

セルビア・ディナールへの両替について

a0124132_2215098.jpg
今回、旧ユーゴスラビアの国々を旅します。セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、アルバニア、マケドニア、コソボの6ヶ国です。これらの国々は、ユーロへの加盟を申請しており、セルビア以外はユーロが使えます。つまり持って行くお金は、ユーロです。

セルビアにはイスタンブールから空路でベオグラードへ入りました。入国後出口のすぐ左に両替所があります(写真)。空港内のターンテーブル辺りにも数軒両替所はあります。現地時間で2016年7月18日、8:48a.m.のレートを記します。20€を両替すると手数料を差し引かれ、2360セルビア・ディナールとなりました。手数料は44ディナールです。レートがいいのか悪いのかはわかりませんが、バルカン諸国は物価が物凄く安いので、2日間で20€を使い切るのは大変だったことをお知らせします。(2016年7月18日)
by sekkaku | 2016-07-30 22:17 | セルビア | Comments(0)

成田空港第二ターミナル南ウイングでは、ここで両替すべし!(2016年7月)

a0124132_22283724.jpg
2016年7月17日、午後20時の各銀行の両替レートを列記します。ただ三井住友は18時にはクローズされていたので、レート表示板からデータを拾いました。

まずユーロです。
千葉興業銀行・・・121.43
三井住友・・・・119.70
CPA・・・119.18
(CPAは出国後も店舗があります)

よってCPAにて両替しましょう。

次はドルです。
千葉興業銀行・・・108.36
三井住友・・・・107.60
CPA・・・107.11

よってCPAにて両替しましょう。

久しぶりに南ウィングを使いましたが、2年前とまったく同じ結果です。成田空港第一ターミナル南ウイングでのドルとユーロの両替ついてはCPAで行いましょう!(2016年7月17日)
by sekkaku | 2016-07-29 22:37 | セルビア | Comments(0)

本日も事件はなかったかのようです(イスタンブール)

a0124132_06274606.jpg

クーデターから、10日以上過ぎました。またイスタンブール空港で乗り継ぎですが、よくある空港の風景です。ピザでも食べて、成田へ向かいます。(2016年7月27日)
by sekkaku | 2016-07-28 05:36 | Comments(0)

何もなかったかのように・・・

a0124132_01553603.jpg

無事、イスタンブール空港に着きました。現地時間で、7月18日、朝4時ぐらいです。テロのあった16日から、2日目ですが、機関銃を持った兵士も、警察官らしい人もいません。これから乗り継ぎをして、ベオグラードへ向かいます。イスタンブール空港の外は、いろいろ目に入ってくるでしょうが、ここは何もなかったかのようです。(2016年7月18日)
by sekkaku | 2016-07-21 01:54 | トルコ | Comments(0)

本日のイスタンブール行きの便、満席だそうです!

a0124132_21062369.jpg

さすがに、使う方は少ないと思いましたが、満席だそうです。昨日の便が、キャンセルだからでしょう。それと30分も早めに発つので、いろいろな心配事は、大丈夫そうです。それでは、行って来ます。(2016年7月17日)
by sekkaku | 2016-07-17 20:54 | トルコ | Comments(0)

これからベオグラードへ行きます。予定とおり着くのだろうか。心配だ!

これからセルビアの首都、ベオグラードへ行きます。バルカン半島のツアー(添乗員同行)で向うんですが、本当に着くのか不安があります。

ターキッシュエアラインを使います。つまりイスタンブール乗継です。


テロの影響で、昨日(7月16日)はキャンセルとなり、本日(7月17日)は約2時間遅れで、イスタンブールと発っています。


成田への到着が2時間遅れたら、単純に2時間出発が遅れるだけは済みません。


なぜなら夜22:30発の便(TK-053)です。成田空港の最終出発便です。成田空港では23時以降の飛行は禁止となっています。(航空会社の個別申請のよって、ある程度の遅れは認められるそうですが・・・。)


仮に遅れて出発した場合、また問題が発生します。ベオグラード行の乗継時間が3時間しか設定されていないため、この便に乗れないことが起こりえる。


次の便は、8時間後しかないため、イスタンブール空港で、最大8時間近く待つことになる。機関銃を持った兵士がいる空港(想定です?)で、待たされるなんて、ちょっと勘弁してほしい。


本来ツアーは中止となるはずですが、なっていません。最悪なのは、イスタンブールで添乗員と待ち合わせってことですね。問題発生時の処理を自分でやらざるおえない。(後になれば、最高の思い出になるんですが)


今回のトルコでのテロは、今までのテロとは性格が違います。バンコクでの暴動に近いです。イスタンブールの街に行くのであれば、とっくに取りやめとしますが、乗継だけなので、行くことにしました。こんな綱渡りの旅となりそうです。いろいろご意見もあると思います。戻ったら、ドタバタをご報告します。では行ってきます。(2016年7月17日)

リアルのフライト状況を確認するサイト:flightaware.com
by sekkaku | 2016-07-17 12:15 | セルビア | Comments(0)

3度目はいつも混んでいる、ルロットで一番人気の店に伺います!

a0124132_2155378.jpg
本日でルロットへ行ったのが、4度目です。初日は急に雨だったので、食事を取るのは3回目となります。その中でずっと気になっていたレストラン、LA ROULOTTEへ行きます。理由は簡単です。5時半ぐらいに準備を始める店が多いんですが、このレストランは6時にはほぼ満席です。それも4日すべてです。
a0124132_2241819.jpg
名物の一つはステーキと思います。だってトリップアドバイザーで一番投稿が多いし、その影響かもしれませんが、お客の大半が欧米系の方です。付け合わせは、ポテト、野菜、ライスから選択です。皆さん、なぜかポテトにしてました。確かに柔らかくて焼き加減は上手で、とても美味しいです。その秘密は、ソースにあると思います。そして同じシェフが毎日休まず焼きぱっなしです。お値段は、1450CFPです。手ごろですね。
a0124132_2285188.jpg
それと、マグロとアボガドの料理です。これを食べている方も多いです。こちらは、日本人にっては至って普通の味です。ただ、マグロだけは飽きるところに、アボガドと香辛料(多分松の実?)をうまく使っているなあ~って思います。お値段は、1900CFPです。確かにルロットの中で、人気店であることには頷けます。こちらには太鼓判を押しますよ。(2016年6月29日)

トリップアドバイザー:Les Roulottesへ飛ぶ
by sekkaku | 2016-07-16 22:20 | タヒチ | Comments(0)

インターコンチネンタルモーレアでランチをとります!

a0124132_17252229.jpg
インターコンチネンタルモーレアのプールサイドでランチを頂きます。
a0124132_1727643.jpg
本日のバケット激ウマです。メインを食べる前にお腹一杯にならないようにします。パンが温かいから、美味しいとは限りませんが、手抜きはありません。
a0124132_17301487.jpg
ヒナノビールを飲みたい所ですが、イルカのプログラムがあるので、ペリエで我慢です。
a0124132_1731012.jpg
メインは、魚かチキンの選択です。マヒマヒのグリルをチョイスです。あんまり期待していませんでしたが、マヒマヒ(シーラ)って、脂が乗っていて、寒ブリの焼き物、特に腹に近い部分のようです。付け合せのライスには、刻んだパイナップルとアーモンドがアクセントとなり、軽い塩味でこちらも美味しいし、マヒマヒに合わせると、魚の脂っこさを和らげてくれます。そんな味付けです。
a0124132_17334863.jpg
デザートは、メレンゲのタルトです。タルトにはココナッツが入ってます。餡は、パイナップル系の物と思います。ただ、見て目もかわいいし、美味しいですが、3個はちょっと多いです。

総評すれば、インターコンチモーレアのダイニングは腕が立つ思います。これなら品を変えれば、ホテルの外に行かないでもいいかもしれません。明日、インターコンチタヒチのメインダイニングへ行きます。急に楽しみにりました。ご参考まで。(2016年6月29日)

インターコンチネンタルモーレア内
by sekkaku | 2016-07-16 17:49 | タヒチ | Comments(0)

モーレア島でイルカとふれあう体験プログラムへ参加します!

a0124132_1084875.jpg
本日はインターコンチネンタルモーレアで行われているイルカとふれあうプログラムへ参加します。朝6時半ホテルに向かいが来て、高速船でモーレア島へ向います。空が青~い。とても気持ちがいい日です。
a0124132_10125131.jpg
こちらのツアーは現地で3日前に申し込みました。それはタヒチ島とモーレア島と結ぶ船はたくさん運行していると聞いていたからです。8時ぐらいに出発した高速船ですが、ご覧のとおりガラガラです。200人ぐらい乗船できる船と思います。
a0124132_10154298.jpg
海が凪いでいたので、ありがたいことにまったく揺れません。30分ぐらいでモーレア島へ到着です。イルカのプログラムは午後に予定されているので、モーレア島の観光をします。それとインターコンチネンタルモーレアでのランチがツアーの組み込まれています。
a0124132_1017370.jpg
まず案内されたのが、ソフィテル・モーレアが見える丘、トアテア展望台です。この海の色を見てください。これだけでモーレア島に来てよかったと思います。
a0124132_10265839.jpg
タヒチ島は車で一周しましたが、こんなに鮮やかなブルー(エメラルドブルーそれともグリーン?)に見える海はありません。この青は海の深さと太陽の向きが影響していると思います。島の南側では、海の色が黒っぽく見えるので、北側にホテルが集中しています。と言ってモーレア島は大型ホテルは4軒しかないとガイドさんが言ってました。

その現地ガイドさんのモーレア島のオススメホテルは、ソフィテル、パール、ヒルトン、インターコンチの順番だそうです。これは海の青さで判断していると思われます。ご参考までに。
a0124132_10363430.jpg
次はクック湾を見学します。ゴーギャンが「まるで古城のようだ」と表現した景観です。
a0124132_103822100.jpg
タヒチ島と比べるとあまり手を掛けないで、自然のままって感じです。
a0124132_1041177.jpg
モーレア島は、なだらかな山はなく、斜面が削り取られた激しい山々が特徴です。
a0124132_10474298.jpg
ベルベデーレ展望台へ向う途中に、バギーに乗る方々をたくさん見ます。これもチャレンジしてみたいですが、結構高いことを言ってました。
a0124132_10501416.jpg
そして展望台到着です。ベルベデーレとはイタリヤ語で「展望台」の意味だそうです。
a0124132_10512063.jpg
モーレア島のパノラマを楽しみください。
a0124132_10522228.jpg
ハネムーンで訪れて、永遠の愛を約束するですね。小さなサプライズかもしれませんが、日本から南京錠(鍵)を持参していくのは如何でしょうか?南京錠には、二人の名前と日付と書いておくことを忘れずに。
a0124132_1056327.jpg
次はインターコンチネンタルモーレアでランチを取り、イルカのセッションに参加します。
a0124132_1058855.jpg
タヒチ島のインターコンチより少し収容人数が少ないかもしれません。プールは然程大きくありません。
a0124132_10585015.jpg
ホテルは海と融合しています。こちらではシュノーケリングがいつでもできるようになっています。こちらの湾の周りに、水上バンガローが配置されています。
a0124132_113255.jpg
ホテルのエントランスは地味です。でも海のアクティビィティ、カヤック、ロングボード、シュノーケリング等は充実していますね。
a0124132_1161875.jpg
そしていよいよイルカと戯れます。モーレアドルフィンセンターと書いてる方へ向って下さい。
a0124132_117883.jpg
こちらのプールに4頭いるそうです。1頭がFemaleです。そしてみんな20歳以上だそうです。
a0124132_1184034.jpg
プログラムは簡単にイルカについて勉強し(日本語、フランス語、英語)、その後プールの浅瀬でイルカとふれあいます。
a0124132_11101184.jpg
難しい注意点もないので、イルカに触れて、写真を撮ってもらうことになります。バンドウイルカと言う種類で、とてもおとなしく子供たちもセッションに参加しています。私はイルカに触れるのは2度目の体験ですが、どう表現していいのか。かわいい動物を見ると触りたくなる。この気持ちに素直になれます。触った感じは、薄めのウェットスーツを着ているとでも言えばいいのでしょうか。30分のセッションなので、アッと言う間に終了です。そうそう撮ってもらった写真はプールサイドにあるショップで購入します。一枚1500CFPぐらいでした。

最後に、こちらのツアー代金は、ホテルの送迎、高速先代、モーレア島の観光、インターコンチネンタルモーレアでのランチ、イルカのセッションの内容で、33000CFPです。モーレア島に滞在している場合、16000CFPのツアーです。少々高いかもしれませんが、盛り沢山の内容にツアーへ参加して大満足です。最新情報ですので、ご参考にしてください。(2016年6月29日)
by sekkaku | 2016-07-16 11:43 | タヒチ | Comments(0)

インターコンチネンタル リゾート タヒチでの朝食④

a0124132_1601486.jpg
4回目の朝食となります。定番のコンチネンタルメニューです。パン、ヨーグルト、パイナップルジュース、コーヒーの組み合わせです。タヒチでは有名と子耳に挟み、トーストの隣の黒い入れ物には、はちみつが入っています。ハチミツの良し悪しはよくわかりません。本日はモーレア島へイルカとふれあいに行きます。(2016年6月29日)
by sekkaku | 2016-07-15 16:04 | タヒチ | Comments(0)