ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

パナマ運河のクルーズを楽しみます! sanpo

a0124132_11331773.jpg
早朝ホテルを出発し、フラメンコ島へ向かます。こちらの島は、パナマ運河の掘削で出た土砂を使い、コーズウェイから埋め立てたそうです。土砂の再利用だけではなく、せっかく掘った運河に海流によって土砂が入り込むのを防ぐ防波堤の目的があるそうです。
a0124132_11373765.jpg
300名前後の方がこのクルーズへ参加します。
a0124132_11383090.jpg
たくさんの方が乗船するので、腕にリストバンドをして、食事の順番を管理する以外は、席も決まっておらず、取った者が優先です。特に甲板席は空いていません。そして進行方向の船首の立ち見席もたくさんの人で溢れます。
a0124132_11415758.jpg
ぼーっと海を眺めることからクルーズは始まります。
a0124132_11432077.jpg
最初のイベントはアメリカ橋をくぐることです。ミラフローレス閘門へ向います。
a0124132_1148929.jpg
もう少しで下を潜ります.
a0124132_11484591.jpg
なかなか真下から見ることはないので、壮観な眺めです。
a0124132_11503051.jpg
通り過ぎると逆行となり、こんなカットになります。
a0124132_11513134.jpg
ミラフローレス閘門へ向います。
a0124132_1152651.jpg
コンテナ船の航行が優先されるので、直ぐには入れません。
a0124132_11533668.jpg
作業者がコンテナ船にロープを張るようです。
a0124132_11543389.jpg
こちらは16m下にある海面です。
a0124132_11553933.jpg
約1時間掛けて注水するとここまでの高さとなります。
a0124132_11575463.jpg
横から見るとこれぐらい注水します。
a0124132_11585835.jpg
閘門はこんな感じです。(2016年3月26日)
by sekkaku | 2016-03-31 11:59 | パナマ | Comments(0)

パナマと言えば、パナマ運河でしょう!

a0124132_9244416.jpg
パナマと言う国が身近な方は少ないと思う。パナマ運河ぐらいしか思い浮かばない。その運河を見るためにミラフローレス・ビジターセンターへ来ました。街中から車で30分強ぐらいでしょうか。
a0124132_929060.jpg
向って左側が太平洋です。こちらはすぐ太平洋です。
a0124132_9294879.jpg
右側がカリブ海です。こちらは大きな湖となっており、かなり先には同じような水門もあるようです。
a0124132_9313210.jpg
通り抜ける船の迫力は物凄いです。一方で運河自体の幅はかなり狭いので、4台の機関車よりロープを張って固定し、運河を引っ張るんです。この機関車は当初はアメリカ製だったそうですが、現在は日本製になっています。
a0124132_935077.jpg
運河の右左に、閘門(こうもん)と呼ばれる門があり、その開け閉めで水をせき止めます。そして水を満たす。海水ではありません。人口1000万人の都市が使用する量の水が必要だそうです。
a0124132_9382076.jpg
見学しているのは、4階の展望台です。席取りは激しいですが、暑いので長い間見てられません。つまりチャンスはたくさんあります。
a0124132_9393345.jpg
併設された博物館では、パナマ運河の歴史、設備などを詳しく紹介しています。
a0124132_9412821.jpg
1階から見ると見上げるような光景となります。少し解説している人の声がうるさいですが。
a0124132_9434325.jpg
1日に40隻前後が通るようです。通行料金は、船の大きさ(排水量と思います)に比例するそうです。計画と初期の工事はフランスの企業が請け負い、その会社が倒産した後はアメリカが請け負い1914年に完成させたそうです。海面と湖の標高差が26mあり、山を削る方式ではなく、水門によって高さ調整をする方式を採用したそうです。近くに2本目の運河も建設しており、来年ぐらいには完成予定です。何か人間の英知に感動する壮大な設備でした。是非行って見てください。(2016年2月25日)
by sekkaku | 2016-03-30 10:03 | パナマ | Comments(0)

エジプト航空機ハイジャックされる(エジプト)

a0124132_17205187.jpg
またエジプトで事件と思いましたが、今までのテロとは少し違うようだ。ハイジャックされることも、犯人が爆弾を所持している(?)ことも最近では珍しい。イスラム国の関係者ではないようなので、少しだけホッとしている。残りの乗客が早期に解放されることを願うだけだ。(2016年3月29日)

AFPbbNEWSの関連記事へ
by sekkaku | 2016-03-29 17:22 | エジプト | Comments(0)

パナマ・ビエホを見学より観光をスタートします(パナマ)

a0124132_13374336.jpg
こちらは、パナマビエホにある女性修道院(Ruinas del convento de la Concepción)です。1519年にペドロアビラら1000人のスペイン人によって太平洋側に築かれた植民都市です。
a0124132_13443616.jpg
チケット売り場です。フランス人現地ガイドさんがチケットを購入しています。この裏手にトイレがあります。
a0124132_1345689.jpg
料金は現地通貨の8バルボアのようです。確かアメリカドルを流通させているので、USドル8と思います。
a0124132_134821.jpg
何も残されていません。理由は1671年にイギリス人海賊ヘンリーモーガンの襲撃にあったからです。でも現地ガイドの話では、襲撃され、自分達で火をつけて逃げたそうです。
a0124132_13514799.jpg
こちらはカテドラル跡です。少し離れた所のカスコ・ビエホという街へ移り住んだようです。こちらにレンガなどを運んで再建したそうです。だからレンガも少ない訳です。
a0124132_13544566.jpg
鐘楼は登れますよ。こちらも料金が掛かります。
a0124132_13552683.jpg
鐘楼から景色はこんな感じです。こちらは太平洋側です。パンアメリカハイウェイも見えます。高さは33mです。
a0124132_13574171.jpg
こちらは遺跡側です。
a0124132_13583964.jpg
パナマシティ側はこんな感じです。驚くぐらい大都市です。
a0124132_140983.jpg
この日の気温が34°でした。暑いの一言です。木陰では動物や鳥などをたくさん観察できます。ゆっくり時間が流れています。
a0124132_144105.jpg
世界を旅する度に感じることは、ヨーロッパ列強の植民地政策とその後反省がまったくないことです。金銀の財宝を持ち出し、用がなくなれば切り捨てる。スペイン人、イギリス人、アメリカ人へ搾取され、大変であったと思う。中米の中では優等生らしいので、このまま順調に成長してほしいものです。一人あたりの平均所得はUSドル400/月だそうです。(2016年2月25日)
by sekkaku | 2016-03-29 14:22 | パナマ | Comments(0)

中米の定番土産を一通り買いましたので、レポートします!

a0124132_15181374.jpg
まず何はさて置き、コーヒーと思います。写真の左からグアテマラ(アンティグア)、コスタリカ、ホンジュラス(コパン)のコーヒーとなります。意外ですが、パナマのコーヒーも有名です。実際日本でドリップ(豆の状態でも買えます)して飲んで見ると、アンティグアは、後味にバニラのような香りが残ります。まろやかなコーヒーです。寝る前にも飲めるコーヒーですね。コスタリカコーヒーはほんのり酸味を感じさせます。キリマンジャロのように深い酸味ではありません。飲みやすいコーヒーです。日本の水との相性は抜群と思います。ホンジュラスコーヒーもきちんと主張があり、コーヒーを飲んだ満腹感があります。美味しいコーヒーです。同じ地域のコーヒーでも種類はありますので、それぞれに特徴があるはずです。お値段は、USドル8~12ですので、お土産にはピッタリと思います。でもスーツケース内で結構スペースを取るのが難点ですね。軽くもありません。
a0124132_1534449.jpg
辛い香辛料も有名です。ハバネロやサルサソースなどです。小瓶であれば、割れる心配もないです。ピザを食べる時用で買ってきたタバスコですが、これでUSドル2です。これも鉄板な土産と思います。私はグアテマラのスーパーで買いました。中米のスーパーなら絶対扱っています。
a0124132_1539889.jpg
そしてチョコレートです。こちらはアンティグアで買ったものです。ミルクの量は想像以上に少ないので、カカオの香りが立ちます。こちらはUSドル6です。
a0124132_15395143.jpg
ベリーズのチョコレートで、お土産用で有名のようです。味の表現は、深みのある本格的な味でしょうか。チョコ好きにはたまらないものです。こちらはUSドル8弱です。
a0124132_15423161.jpg
そしてバナナチップもイケます。プレーンはしつこくない、懐かしい自然な甘さが特徴です。油っこくないです。それとチリ味がスーパーなどで売っています。これはビールに合います。お値段はUSドル3~5ぐらいです。最後にラム酒も有名ですが、お味の評価を出せませんでした。USドル10以下でもたくさんの種類があります。それとビールは全滅かもしれません。こちらはお土産リストから外しましょう。ご参考までに。(2016年3月28日)
by sekkaku | 2016-03-28 15:56 | 必読情報 | Comments(0)

やりました!パルミラを奪還です(シリア)

a0124132_9322275.jpg
やりました。イスラム国に占領され、多くの建造物が壊されたパルミラ遺跡ですが、シリア政府軍によって奪還です。まだまだ余談を許す段階ではないですが、戦争が終結して、遺跡を整備し、観光客がたくさん行くことを願います。(2016年3月28日)

AfpbbNewsの関連記事へ
by sekkaku | 2016-03-28 09:37 | シリア | Comments(0)

中南米から帰国した女性がジカ熱を発症

a0124132_10405863.jpg
ジカ熱にかかった日本人の4人目らしいです。私が訪問した国々は、中米です。この女性が訪れた国々は、中南米です。訪れた時期はほぼ同時期ですが、中米では、気になるぐらい「蚊」が飛んでいることはなかったから、コロンビアとかベネズエラの方でしょうか。蚊に刺された国なんて、明確にならないから、刺されたと思われる国の発表もないですね。中米は、完璧な乾季でした。草むらや森林の中の遺跡でさえ、蚊(飛んでいる虫など)は気にならなかったですよ。いずれにせよ、行かれる方は用心に越したことはないです。(2016年3月24日)

朝日新聞デジタルの関連記事へ
by sekkaku | 2016-03-25 10:54 | ご注意 | Comments(0)

中米7ヶ国の安全度について・・・

a0124132_2091988.jpg
昨日のベルギーでのテロだけではなく、フランスでのテロ、バンコクでの爆破事件、イラク、シリヤでの惨劇等々、旅へ向う環境が荒れている。

今回中米7ヶ国を訪問するにあたり、これらの国々が安全であるかかなり気になっていました。ニカラグアの内戦(1979年から1989年)、ホンジュラスの内戦、エルサルバトルの内戦等、最近まで国がまとまっていなかったと思ってました。実際ホンジュラスではコパン遺跡しか行かないのも、内戦の影響であるとも考えていました。

それこそハイウェイを走っているとにバスジャックにあったら、ダメだろうなんて思ってました。

まったくその心配は必要のないものでした。19日間一切危ないことはありませんでした。旅行会社が治安の悪い地区や都市から遠ざけることもあるでしょう。何度も国境を越えましたが、国境ってほど厳しくありません。人の往来を管理するために登録を行っているだけでした。ハイウェイを外れても人の気配がまったくない。首都に近づけば、驚くほど発展しており、東京の新宿や渋谷と変わりません。そんな大きな町でなくても、人々は生き生きと日々の生活を送っている国々です。殺気だった目線はまったく感じません。間違いなく裕福ではないにせよ良い国と確信しました。ツアーで行くにはまったく問題と思います。ご参考までに。(2016年2月25日~3月14日)
by sekkaku | 2016-03-23 20:25 | 必読情報 | Comments(0)

中米19日間の旅の難易度は・・・

a0124132_7425391.jpg
どちらかと言えば、トレッキングが入っているツアーなどには参加したくない方だ。早朝出発でディナーは21時を過ぎるなんてとんでもない。今回西遊旅行を初めて利用したのですが、こちらの旅行会社はそんな感じが普通らいしいです。まずどれくらい毎日歩くかをレポートします。こちらはiphoneに入っているアプリからデータを拾っています。時系列で歩数を記しました。

2月25日・・・4146歩
2月26日・・・6050歩
2月27日・・・8824歩
2月28日・・・6419歩
2月29日・・・2150歩
3月1日・・・・1685歩
3月2日・・・・9922歩:
3月3日・・・・15763歩:この日はモンテべルデ自然保護区(コスタリカ)を一日じゅうハイキングしました
3月4日・・・・7369歩
3月5日・・・・13309歩:ホヤ・デ・セレ(エルサルバトル)遺跡を見学
3月6日・・・・5407歩
3月7日・・・・9003歩
3月8日・・・・13836歩:コパン遺跡(ホンジュラス)を見学
3月9日・・・・10443歩:キリグア遺跡(グアテマラ)を見学
3月10日・・・8073歩:ティカル遺跡(グアテマラ)を見学。この日が一番歩きた感があります
3月11日・・・17108歩:シュナントゥニッチ遺跡見学
3月12日・・・8505歩
3月13日・・・7955歩
3月14日・・・1690歩

やはり遺跡観光のあった日は拷問のように歩きますね。特に旅のハイライトであるティカル遺跡を見学する日が大変です。朝一番から夕方4時ぐらいまでほぼ歩きです。その上計4回はピラミッドへ登る機会があります。次の日足に来ます。旅の後半に4日連続で遺跡を巡るので、余計にしんどいかもしれません。別の旅行会社は旅の前半に巡るところもありました。ご参考までに。(2016年2月25日~3月14日)
by sekkaku | 2016-03-23 08:09 | ご注意 | Comments(0)

ベルギーでもテロです。絶対渡航を見送るべきです!

ベルギーの首都ブリュッセル近郊の国際空港と市内の地下鉄で爆破がありました。テロとは断定されていませんが、テロしか考えられない。これからフランスやベルギーへ旅に向かう人は、残念ですがその旅を見送るべきだ。この騒ぎがおさまれば、いつでも行けますよ。しばらくの辛抱です。(2016年3月22日)

afpbbNEWSの関連記事へ

afpbbNEWSの関連記事へ
by sekkaku | 2016-03-22 19:36 | ベルギー | Comments(0)