ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2015年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

カタール航空って早めに出発しますので、ご注意ください!

a0124132_10202144.jpg
今回QR807便にてドーハへ向ったんですが、成田の出発時間は22:20です。通常機内に予定とおり乗り込んでも出発が遅れたり、機体の到着が遅れ、出発もそれに合わせて遅れることはあります。しかしこの便については出発時刻が早まるようです。この日は22:00ちょうどになりました。この時間なので空港到着が遅れる方は少ないと思います。でも20分って化粧品やタバコを買ったり、両替をしたりする余裕がなくなるくらいの時間です。お使いになる方は覚えて置いて損はありません。何度もこの便を使っている添乗員も同じことを言っておりましたので、この日だけのことではありません。(2015年9月4日)
by sekkaku | 2015-09-30 10:20 | ご注意 | Comments(0)

ニカラグアでも火山活動が活発化しています!

来年ニカラグアを旅する予定なので、すぐにこのニュースに反応しました。この国の首都マナグアから150kmにるテリカ火山がすでに5度も噴火をしており、今後大爆発の予兆があるようです。旅行日程ではマナグアを観光して、エルサルバトルの首都サンサルバドルへ行く途中のレオンで観光をして一泊します。このレオンとテリカ火山の距離が20km(?)ぐらいです。大爆発するとエルサルバトルにも行けそうにありません。ちょっと思案が必要かもしれません。ニカラグアをすでに旅しいる方、これから旅に行く方は頭に入れて置いてください。地図を見る限りでは、レオンに滞在していれば、R12からR28を使いマナグアへ戻るべきです。(2015年9月27日)

AFPbbNEWSの関連記事へ
by sekkaku | 2015-09-27 13:27 | ご注意 | Comments(0)

ドーハのスークワキーフでもジャンクフードは大流行(ドーハ)

a0124132_10175629.jpg
カタール航空のサービスの一環で、ドーハ市内の観光に来ています。スークワキーム(昔から続く市場)で地元のジャンクフードを食べます。
a0124132_10184240.jpg
奥に見えるクレープのような生地と焼きたての目玉焼きを広島風お好み焼きのように合体させて、片面にサワークリームを塗って丸める食べ物です。
a0124132_1019735.jpg
完成品がこちらの写真です。Instgamでお店を検索すると出てきたので、これはビックリです。添乗員が美味しいというので、皆さん食べています。お値段は1ドルです。日本人以外の観光客も食べていますので、何ならの情報がネットに出ているんですね。お味は食べる前は、「正直馬鹿にしていました。でも、何となくうまい。そして皆さん完食してましたので、そんな味と思います。」気が利いた添乗員なら紹介する店と思いますが。トライしてみてください。(2015年9月5日)

Ali Al Naama Coffeeshop
場所:スーク ワキーフ (Souq Waqif)内
by sekkaku | 2015-09-27 10:43 | カタール | Comments(0)

カタール空港で食べるお寿司は・・・

a0124132_20534684.jpg
今や世界中で食べられているお寿司。10日間ぐらいの旅から戻って食べると激ウマです。もちらん旅の途中で食べてもとっても美味です。カタール空港にあるイーティングスペースにある店で買った寿司の味は?と。日本ならスーパーやコンビニなんか買える物と同等と思われます。ネタはマグロとサーモンときゅうりとなります。まず山葵の効きがあまいです。そしてマグロは酸味がまったくないです。サーモンは脂が乗っていません。そんな不評を述べながら、まずまずと言いたい。ベチョベチョでも、パラパラでもない飯の状態は間違いなく進歩しています。お値段は72リアル(約1800円)。こちらは納得は行きませんけど。(2015年9月5日)
by sekkaku | 2015-09-26 21:05 | カタール | Comments(0)

ホリデイ・イン(トビリシ)

a0124132_141756.jpg
本日よりジョージアトビリシのホリデイ・インホテルに2連泊します。今回の旅行の最後に旅行会社としてランクの高いホテルを持ってきたようです。ガラス張りのモダンな作りです。トビリシの中心部にありますので、観光にベストなロケーションです。
a0124132_1421719.jpg
受付からして洗練されたホテルって感じです。
a0124132_1424647.jpg
空間をゆったり使っています。
a0124132_143842.jpg
本棚の壁紙デザインは好き嫌いが分かれるところです。かなりベットルームは狭い(多分シングルの部屋)ですが、アーバンチック(シックとも言いますね)な洒落たデザインです。私は好きなデザインです。でも枕は高過ぎです。
a0124132_1432535.jpg
こちらにはLGの液晶テレビが置かれています。BBCなどが映り、ちょうど鬼怒川の氾濫のニュースをやっておりました。わざわざ備え付けの冷蔵庫の中身をすべて持って行くのはやめてほしい。ツアーって一度にチェックアウトするので、面倒なんでしょう。
a0124132_1434272.jpg
ハンドシャワーはいいのですが、やはりバスタブはありません。床に簀子が敷いてあるのは初めて見ました。滑り防止ではいいかもしれません。だた、水をしぶきを完全に防げない固定のガラスが少々気になりました。シャワーを浴びると結構水浸しになります。
a0124132_1435990.jpg
最低限度のアメニティーは付いています。タオルも真っ白で好感が持てます。
a0124132_1413943.jpg
コーカサスのホテルでは一度もウォシュレットを見ていません。こちらにもありませんでした。(2015年9月10日~11日)

ツアーで使うホテルとしては良いホテルです。でも本来マリオットホテルのはずでしたので、これって違うでしょうとなります。その辺は「当社のホテルリスト」にはそうなっていても、マリオットとホリデインではランクが違います。

Holiday Inn Tbilisi
住所:26 May Square 1, 0171 TBILISI、GEORGIA
電話:995-322-300-099
by sekkaku | 2015-09-26 14:35 | ジョージア | Comments(0)

メトロポールホテル(エレバン)

a0124132_11223917.jpg
本日から2泊の予定でアルメニアのエレバン(イェレヴァン)の中心部にあるメトロポールホテルに宿泊です。この街の中心地である中央広場まで歩いて10分強ぐらいのロケーションです。
a0124132_11233337.jpg
今回旅をした3か国の中で一番旧ソ連の色を残している国です。首都エレバンでさえ、新しいの物と旧ソ連を感じさせる物が混在しています。こちらのホテルの受付もそんな感じですよね。
a0124132_112419.jpg
ベットのファブリックはちょっと頂けないかな。なんか湿っている感じの色ですよね。絨毯の色もそうですね。
a0124132_11242469.jpg
小さな机の上になんと東芝の液晶テレビがあります。多分日本の旅行会社がよく使うんでしょう。その配慮と思います。
a0124132_11245625.jpg
こちらにはバスタブが付いています。ただハンドシャワーでないし、お湯の出方があまいです。つまり古い施設のホテルってことです。タオルは真っ白で好感が持てます。ドライヤーも付いています。
a0124132_11254720.jpg
トイレもとても清掃が行き届いています。当たり前ですがウォシュレットは付いていません。
a0124132_11371283.jpg
ホテルの部屋にもよると思いますが、夜景はとても綺麗です。

4つ星クラスのホテルです。ツアーで宿泊する分には十分と思います。都市に宿泊する場合、ホテルライフを楽しむより街歩きが重点になります。便利なロケーションの方が優先されるはずです。ツアーによって郊外に泊まらせて宿泊費をケチることが多々。エレバン郊外にはホテルが少ないとか、治安の問題とかかもしれません。(2015年9月8日~9日)

メトロポール ホテル
住所:2/2 Mashtots Avenue 0015, Yerevan, 1500, Armenia
電話:374-105-10700
by sekkaku | 2015-09-25 11:58 | アルメニア | Comments(0)

コーカサス3か国の天候はとても・・・

a0124132_16452646.jpg
写真はアゼルバイジャンのフレームタワーです。でもこの青空を見てください。9月4日(金)~13日(日)の日程でコーカサスへ行ったんですが、当初は秋口になって涼しいのかなと思ってました。でも違いました。毎日かなり暑かったです。添乗員が2週間前のツアーは雨が降って肌寒かったと言ってましたが、今年になって何度も来ていて、いつも暑いのコメントです。それこそ8月のツアーはフラフラだったそうです。簡単に日々の気温をお伝えしたいと思います。

9月5日:ドーハ・・・砂漠の国って感じです。どう見ても35℃ぐらいでした。
9月6日:バクー・・・午前中は曇っており、秋の天気かと思いました。が午後は晴れて30℃以上です。
9月7日:シェキ・・・一日中暑かったです。30℃以上です。服装は短パンとTシャツ姿です。
9月8日:アルメニア山間部・・・2000m前後の山間部ですが、暑かった。30℃に近い気温と思います。服装は短パンとTシャツ姿です。
9月9日:エレバン・・・今日も晴れです。服装は短パンとTシャツ姿です。
9月10日:移動日・・・アルメニアからジョージアへ再入国する時、暑いさなかスーツケースを転がした記憶が思い出されます。服装は短パンとTシャツ姿です。
9月11日:ムツタヘ・・・こちらも2000m以上の所ですが、とても暑いです。ただ夕方天気が急変して夕立となりました。それからは過ごし易い気候でした。でもトビリシへ戻ると暑いです。
9月12日:トビリシ・・午前中の市内観光時曇っていましたが、午後からやはり晴れて暑いです。

昼間は間違いなく30℃以上です。ただ蒸し暑い感じではありません。それでも夜はエアコンを付けないと寝れないぐらいの気温でした。8月は+5℃ぐらいと思いますので、ヤバイかもしれません。旅行中3名の方が調子を崩しホテルで休息していました。移動距離が長いので、暑さはこたえるのかもしれません。ご参考にしてください。(2015年9月4日~13日)
by sekkaku | 2015-09-23 17:12 | 必読情報 | Comments(0)

ホテルアストリア(トビリシ)

a0124132_1665957.jpg
本日はジョージアの首都トビリシにあるホテルアストリアトビリシへ宿泊です。こちらネットで調べるとビジネスホテルって感じの所でした。一様世界的なチェーンホテルです。明日からアルメニアにて2泊し、またジョージアへ戻ってくる変則日程です。そのため宿があればいいってことでしょうか。それにしても英語とダブル併記となっているジョージア文字はまったく読めませんね。
a0124132_1675781.jpg
うーん受付も赤抜かないかな。
a0124132_168196.jpg
小奇麗にしていますが、この茶色の内装は安っぽく感じさせます。合板であることがありありと分かります。
a0124132_1684338.jpg
こんな机でもあれば、カバン置場として大変役に立ちます。こちらはフィリップスの液晶テレビです。ツアー会社の依頼でわざわざ置いた感がある小型冷蔵庫です。
a0124132_169139.jpg
シャワーの湯量も湯音も問題なしです。コーカサス3か国は裕福なようには見えませんが、とりあえずホテルのお湯はちゃんとしているようです。でも穿った見方をすれば、私たち20名ぐらいしか宿泊していない感じです。それならお湯は出ますよね。そしてシャワー用の仕切りが床にありますが、やっぱりバスタブはありません。ドライヤーは付いています。
a0124132_1691936.jpg
もちろんウォシュレットなんて付いていません。部屋にもシャワー室にも暖房用の配管があります。冬は寒いんでしょうね。

スーツケースを開けるスペースもあるし、蚊も飛んでないし、寝るだけの宿としてはいいと思います。そしてこちらも「こちさの旅の記録」でも宿泊しています。ツアーって同じホテルを使うことがほんと多いですね。(2015年9月7日)

「こちさの旅の記録のブログへ

Astoria Hotel
住所:Agmashenebeli Avenue 189A, 0112
電話:995-322-344-992
by sekkaku | 2015-09-23 16:34 | ジョージア | Comments(0)

ガバラシティホテル(ガバラ)

a0124132_9165433.jpg
本日はガバラにあるガバラシティホテルに宿泊です。アゼルバイジャンからジョージアへバスで向う途中にあります。添乗員曰くこのホテルしかないので、我慢してほしいなんて表現をしています。
a0124132_9185097.jpg
日本で言えば、地方都市のビジネスホテルにあたると思います。でも各国の時間を表示する時計があります。そんなに泊まる方が国際色豊かなんでしょうか。
a0124132_9181214.jpg
小奇麗な部屋でシンプルなデザインのファブリック。好印象です。でもスーツケースを広げるスペースはほぼないくらい狭い部屋です。
a0124132_9191183.jpg
よってデスクも小さいものとなります。テレビはLG製の液晶テレビでした。もちろんNHKは映りません。二つあるリモコンの操作が変わっています。電源を入れる物とチャンネルを変える物となります。
a0124132_9193181.jpg
ソファーは一人掛けが一つのみです。これに座って対面にあるテレビを見るようです。
a0124132_9194792.jpg
こちらもシャワーだけです。ツアーの皆さんよりブーイングがありました。なんとシャワーカーテンはありますが、床に一段高くなって水が広がらないようにするものがありません。つまり平面ですので大量にお湯を使えれば、水浸しとなります。私はこの構造を中国で経験済みです。その他では湯量も湯音も問題なしでした。ドライヤーも付いています。
a0124132_920485.jpg
トイレ周りはシンプルな作りです。トイレットペーパーも柔らかいものです。

他の部屋を確認したい場合、こちさの旅の記録を参照ください

添乗員が脅かすのでどんなホテルに泊めるのかと思いましたが、その心配は必要なかったようです。ツアー旅行で使うホテルとしてはごく普通と思います。同じような日程を組む旅行社が多いようです。いずれもこちらに宿を構えているようです。周りには何もありませんが、わざわざ外出して見る物もありません。歩いてすぐの所に小さなコンビニもどきもありますので、お酒を飲みながら明日の旅行に備える感じでしょうか。私は疲れたので、シャワーを浴びて直ぐに寝ました。(2015年9月6日)

Qafqaz Gabala City Hotel
住所:I .B. Qutqaşınlı Street, Gabala, AZ3600
電話:994-242-054-375
by sekkaku | 2015-09-23 09:51 | アゼルバイジャン | Comments(0)

ビーチリゾートで襲われるが、何とか難を逃れる(フィリピン)

旅をしていて巻き込まれたくない上位にランクされる事件がフィリピンのミンダナオ島で起きています。昔から武装集団を掃討できていない地域です。フィリピンは島が多過ぎて隠れやすいんでしょうか。ただ休暇に海辺でのんびりしていたら、拉致されそうになるなんて人生最悪の日に他ならない。旅にはある程度危険が伴うことがある。でもビーチへ行く時にはまったくそんなこと考えていません。これだけには旅を愛する者として巻き込まれたくない。(2015年9月23日)

時事ドットコムの関連記事へ
by sekkaku | 2015-09-23 09:05 | ご注意 | Comments(0)