ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ペリリュー島民を戦火に巻き込んではならない(パラオ)

括った言い方になりますが、現在世界中で起こるイスラム圏が関与するテロ行為は断じて許すことができない。政治・宗教の違いはあるでしょう。その主張も変える必要はありません。私は理解できませんが、そうのような考え方もあるでしょう。しかし人を殺すと言う行為は決して許されないものです。

戦争に関して素晴らしいは話があるのでご披露します。パラオのペリリュー島では、先の大戦で10000人もの日本兵が亡くなったそうです。その人たちの墓を統治されたいたパラオの方が墓守をしているそうです。なぜって誰でも思いますよね。その理由の一つは、この最後の激戦の時に、一人のパラオ人を巻き込んでいないそうです。巻き込んではならないと統治していた総督が出したのでしょう。これって日本人ならでは、考え方と思う。いや人間ならこう考えるはずだ。最低限の戦争ルールってことと思います。4月8日よりパラオへ天皇陛下が行かれるようです。テロとの戦いにお金を出すより、このような友好関係を維持するためにお金を使ってほしいものだ。(2015年3月27日)
by sekkaku | 2015-03-27 07:56 | ご注意 | Comments(0)

日本食品の不買呼びかけ(台湾)

a0124132_16474218.jpg
福島第1原発事故発生後から輸入が規制されている福島、茨城、栃木、群馬、千葉の食品の一部が産地を偽装されて流通していたことを受け、台湾国民に対して日本食品の不買を呼びかけたようです。でも立場が変われば至極当然のことです。一部の方の行為と言いたいところですが、そうでもないようです。日本で流通している米の多くは、ブレンド米です。南魚沼のコシヒカリの生産量とそのブランドを使う米の流通している量が合わないことなんてどうして消費者庁は叩かないのか不思議なくらいです。もっと強烈なこともあります。中国のニュースで見たのですが薬品を使って製造した新鮮牛乳や紙を使って製造した高級豚肉なんてこともありました。それと比べれば産地偽装の方がましかもしれません。高級料亭や一流ホテルでもありましたよね。車海老や芝エビの代わりに、単価の安いバナメイエビを使っていた。その会見見た人もいると思いますが、心底謝らない企業ばかりでした。残念ながら日本だけはなく、台湾でも必ず行われている行為です。これには消費者が事件を忘れないようにして、それを起こした企業を市場から退場させるしかないです。まともな仕事をしている方には大迷惑な話ですが、仕方のないことで台湾の行為は悪くはないと思う。それにしても旅先で産地偽装の素材が使われ、それを美味しいと食べていたら只の間抜けだよね。(2015年3月26日)
by sekkaku | 2015-03-26 17:16 | ご注意 | Comments(0)

海外旅行には逆風のニュースが多過ぎ!

ルフトハンザ航空の子会社ジャーマンウイングスが運航するエアバスは昨日フランス南部へ墜落した。すでにフライトレコーダーが回収されたので、詳しい原因が分かってくると思います。一瞬またテロかなんて思いましたが、そうではなさそうです。でも流行の格安会社ならではの原因とならなければいいのですが。安全に関わる部分でコスト削減できることはほぼないはずだ。安いからではいい訳にもならない。そしてエアバスの機体に対しては、バグ(ソフト上の間違い)が多いとのうわさを聞きます。バグには関係しないかもしれませんが、離陸する時ボーイングは急激に上昇します。一方エアバスは低空飛行続け徐々に上昇します。単にパイロットの飛行の方法の違いだけでしょうか。業界のオフレコが無いことを希望します。いずれにせよ、正確な原因究明が待たれます。そして事故に遭われた方のご冥福をお祈り致します。旅好きにとっては「明日は我が身に」起こり得ることだからです。(2015年3月25日)
by sekkaku | 2015-03-25 11:06 | ご注意 | Comments(0)

18年ぶりに海に浮かぶ島モンサンミッシェルの姿となりました!

a0124132_16102752.jpg
18年ぶりに海へ浮かぶ島モンサンミッシェルの姿となりました。これを見るために3万人も観光客が訪れたそうです。地球と太陽、月の位置関係により潮の干満差が激しいことから起きたそうです。モンサンミッシェルへ渡るための道路が取られたりしても「海に浮かぶ島」の大昔の姿はなかなか見れないようです。潮が引いた時に歩いて渡ることや島となるモンサンミッシェルを是非見たいものだ。(2015年3月23日)
by sekkaku | 2015-03-24 16:28 | 行って見ようよ! | Comments(0)

こんな人ってどこの国でもいるんですね。それが日本人っていうのが恥ずかしい!

a0124132_17511011.jpg
台湾の桃園空港で逮捕された隆大介。空港職員にいちゃもんをつけたようです。確かにムカつく対応もありますが、あちらも仕事ですので、大人の対応が求められます。それにしても日本人の恥さらしだ。何様と思っているのか。(2015年3月23日)
by sekkaku | 2015-03-23 17:52 | ご注意 | Comments(2)

キューバとの国交正常化を探るアメリカ。そろそろ大きなニュースが発表されるでしょう!

a0124132_16273815.jpg
キューバの観光地、とりわけハバナには外国人観光客が溢れていました。アメリカとの間に国交正常化が実現すれば、たった180kmしか離れていないアメリカよりたくさんの観光客が来るでしょう。その数は倍増とかと想像します。そして瀕死のキューバの経済にもたらす効果は大きいと思う。世界中の政治家(リーダー)たちはもっと現実主義になるべきでしょう。目を日本と中国に向けると、今日から自民と公明の幹事長が中国を訪問します。せっかく中国からたくさんの観光客が来ているのだから、それに水を差すようなことだけはやめてもらいたいものだ。(2015年3月23日)
by sekkaku | 2015-03-23 16:42 | ご注意 | Comments(0)

チュニジアの観光名所と言えば、チュニジアンブルーが眩い街シディ・ブ・サイドです!

a0124132_15341021.jpg
まず、チュニジアのテロで亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。せっかく旅で出られて、事件に巻き込まれるなんて、何とも言葉がありません。
a0124132_15343842.jpg
チュニジアには年間6000名ぐらいの日本人が行くようです。チュニジア政府もアラブの春以降減ってしまった観光客を増やすため、観光大臣がフランスのテレビ番組に出演するなど対策を打っている途中だったようです。少なくても3年以上このシディ・ブ・サイドの街並みを見る日本人はいないと思います。何度も言いますが世界中で宗教や政治的な問題はあるでしょう。領土問題、イデオロギーもあるでしょう。でも外国人観光客には、一切関わりのないことです。手出し無用ってならないんですか!(2015年3月19日)
by sekkaku | 2015-03-20 15:48 | ご注意 | Comments(0)

聞きたくないニュースがチュニジアより入ってきた!

a0124132_97594.jpg
チュニスにあるバルドー博物館で観光客をテロリストが襲い、日本人3人を含む19人が亡くなったようです。一括りするのは良くない事かもしれませんが、北アフリカの国々には旅行へ行き難くくなりました。日本にいても事件には巻き込まれます。しかし機関銃で撃たれることやロケット砲が飛んでくる状況には遭わないはずです。私見ですが基本男性なら夜街を歩いていても安全が担保される国が旅行先の条件と思う。世界じゅうのすべての国が早く安全安心な場所となってほしいものだ。そして亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。他人事ではなく明日はわが身に起こり得ることだ。(2015年3月19日)
by sekkaku | 2015-03-19 09:20 | ご注意 | Comments(0)

パラオに中国人観光客が増えてヒンシュクをかっている!

a0124132_1985363.jpg
旅に出ると羽を伸ばし過ぎて、所謂下品な行動を取る人がいます。団体旅行でも見かけますね。そんな同胞より何倍もそうなのが、一部の中国人です。正直日本人も昔はそんな風に思われていた時期もあったと思います。が、ここ数年いろんな国で中国人に会いますが、「うるさい」し、わがままのように映ります。それでこの人達に遭遇しない国へ行くと「ホッと」します。今度パラオへ行くんですが、その観光客の約半分が中国人らしいです。いまさら予定を変更できませんが、レストランやビーチ、そしてホテルで中国語のガヤガヤは聞きたくない。(2015年3月18日)
by sekkaku | 2015-03-18 19:24 | ご注意 | Comments(0)

パレスチナ国家認めず

a0124132_18565397.jpg
17日に投票が行われたイスラエルの総選挙は開票作業がほぼ終わり、リクードは過半数には届かないものの、改選前に比べて議席を増やし、政権維持に向けて連立交渉を主導する見通しのようです。これは選挙前のインタビューでネタニヤフ首相が述べていた「パレスチナ国家認めず」の方向となります。他の国のことであまり言いたくないけど、何事も平和的に物事を進めてほしいものだ。そしてタイミングを見極めてイスラエルへの旅を検討してください。私見では行くべきではないと思います。(2015年3月18日)
by sekkaku | 2015-03-18 19:05 | ご注意 | Comments(0)