ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

機内食(ルフトハンザ航空:LH-714便)

a0124132_13203928.jpg
ミュンヘン空港→羽田空港、ルフトハンザ航空:LH-714便、エコノミークラスの機内食です。ヨーロッパ系の機内食で絶賛されるところってないと思う。何度乗っても美味しいと思うのは、アリタリア航空のブラッドオレンジジュースぐらいだと思う。正直あまり期待していないので、空港で軽食を食べちゃいました。
a0124132_13242614.jpg
色取りも綺麗だし、味もドイツで作った割には、コンビニ程度の味が出ています。そぼろが美味しいよ。
a0124132_13244412.jpg
茹で過ぎてない点が一番評価できます。日本のメーカーのつゆを使っています。イケる。
a0124132_132507.jpg
オリーブオイル系のドレッシングとの相性が抜群です。
a0124132_13251491.jpg
フルーツの砂糖漬けのようですが、そんなに漬けてないので新鮮なものです。缶詰のフルーツだろうと思ってました。やるね。
a0124132_1329725.jpg
御夜食には、パウンドケーキです。然程甘くない生地の中に入っているパイナップルのカットがいいアクセントです。美味しいよ。
a0124132_13303483.jpg
日本時間の朝の7時ぐらいですが、食欲もなくパスです。気になった細かく刻んだカットフルーツが苦かった。サトウキビ?気のせいだろうか。(2014年8月21日~22日)
by sekkaku | 2014-09-28 13:44 | ドイツ | Comments(0)

ドイツ最後の晩餐にはドイツを代表する家庭料理アイスバインを頂きます!

a0124132_13304510.jpg
ドイツ旅行最後の晩餐は、ビアレストラン・マキシミリアンで頂きます。高級そうなビアレストランですが、日本のツアーではよく使われるようです。
a0124132_13335473.jpg
まず、ビールで乾杯です。ミュンヘンのパウラナービールです。特徴は柔らかな薄濁り、そしてロースト麦芽のこうばしさが感じられるビールです。
a0124132_13411065.jpg
黒ビールですが小麦のふんわりとした柔らかな口当たりとコクのある甘みが特徴です。
a0124132_13433927.jpg
アイスバインとは塩漬けの骨付き豚すね肉の煮込み料理で、お肉が骨から簡単に離れるくらいに柔らかくなるまでじっくり煮込まれています。しかし、豚骨の匂いがキツイ割には、しょっぱいだけのパサパサ肉です。4人でシェアしましたが、あまり進んでいなかったと思います。
a0124132_13491738.jpg
一様完食するつもりでした。
a0124132_1348352.jpg
最後までサラダは美味しいものでした。太陽の恵みの固まりって感じです。
a0124132_13485320.jpg
牛肉の煮込みと思います。肉の旨味という単語は有るのだろうか。と考えちゃいます。
a0124132_13522844.jpg
デザートはクレープでした。生地は同じと思いますが、ほとんど甘さがないクリームです。同じクレープでもやはり日本のスイーツは違いますね。(2014年8月20日)
by sekkaku | 2014-09-27 14:01 | ドイツ | Comments(0)

ドイツ料理その九

a0124132_17401290.jpg
本日はベルリン市内にあるこちらのレストランで昼食です。対面にはホフブロイハウスのベルリン店が見えます。
a0124132_1741035.jpg
まずポタージュが出てきました。旅も終盤なので、胃腸も疲れてきています。温かいスープはありがたいです。
a0124132_1750731.jpg
メインは苦手のチキンです。まったく手を付けずに終了です。付け合せのじゃがいもと肉の下に敷いてあるキャベツは完食です。ドイツはジャガイモの国と聞いていましたが、何か初めて大きなカットで出された感じがします。これはとても美味しいポテトです。柔らかくはないですが、ジャガイモの旨味を感じます。
a0124132_174946100.jpg
甘くないクリームに酸っぱいイチゴが印象的なデザートです。日本のスイーツでは、こんな酸っぱいイチゴは使いませんね。でもヨーロッパでイチゴとは一般的に酸っぱいものだから、これで当たり前。これが異文化経験。旅の面白さです。(2014年8月20日)
by sekkaku | 2014-09-26 18:00 | ドイツ | Comments(0)

ベルリン名物ベルリナーヴァイセを頂きました!

a0124132_958859.jpg
これがベルリン名物ベルリナーヴァイセです。種類は赤と緑(写真)があり、赤は木苺シロップ、緑はワイルドマスターという野菜(香草)で作ったシロップを加えます。簡単に言えば、ビールのソーダ割りのような飲み物です。ビールの苦味が嫌いな方にはいいかもしれませんが、ビール好きには邪道な飲み物です。でも旅に出る者の好奇心、これは抑えることはできません。美味しいとか、不味いとか関係ないです。飲んで見たい一心です。ベルリンのいい思い出の一つとなりました。(2014年8月20日)
by sekkaku | 2014-09-24 10:12 | ドイツ | Comments(0)

夕食まで我慢できず、サンドイッチを食べました!

a0124132_20585310.jpg
毎日アウトバーン(無料高速道路)を使って、平均500kmぐらい移動しています。2時間ぐらい走るとトイレ休憩を入れるのですが、夕方6時を過ぎた時点で、まだホテルまで1時間以上掛かるなんて聞くと無性に食べたくなるものです。モッツァレラチーズとトマトを挟んだだけのシンプルなサンドイッチですが、実に美味しい。特にパンのモチモチ感と香ばしさがなんとも言えません。この旅行中で食べた料理の中で、一番かもしれません。ドイツの旅行ではアウトバーンを必ず使うと思うので、絶賛しておきます。(2014年8月19日)
by sekkaku | 2014-09-23 21:14 | ドイツ | Comments(0)

旅先で訪れる美術館で、世界の名画に魅了される(ドレスデン)

a0124132_1036712.jpg
ツビィンガー宮殿の南側にはアルテマイスター美術館がある。アルテマイスターとは、英語ではオールド・マスター(Old Master )の意味です。括って言えば、18世紀以前に活動していたヨーロッパの優れた画家、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロ、カラヴァッジオ、ルーベンス、ベラスケス、レンブラント、フェルメール、ゴヤ達を指すことになります。
a0124132_10415445.jpg
館内は写真撮影はできません。唯一許されるのが窓から見える外の景色だけだ。
a0124132_10444767.jpg
美術館の外に、内部の写真を大きなポスターにしていました。それを撮ったものです。これで内部の雰囲気が分かると思います。
a0124132_10455413.jpg
地下1階から2階までの4層構造の美術館の0階から2階までに至高の名画が貯蔵されています。その中で日本人にとって有名な名画の場所(部屋番号が付いています)をお知らせします。

0階の4番・・・ジョルジョーネの「眠れるビーナス」
0階の1番・・・ラファエロの「システィーナの聖母」
2階の18番・・フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」


大きな荷物とかは当然持ち込めないので、地下1階で預けることになります。滅茶苦茶混んでいましたが、絵画好きには外せないところを思います。第二次世界大戦中にロシアへ持ち出されて戦後東ドイツへ戻された絵画、行方知れずの美術品があるようです。平和の大切さを再認識しながら、至高の名画に酔いしれる旅もいいと思います。是非行って見てください。(2014年8月19日)
by sekkaku | 2014-09-23 11:09 | ドイツ | Comments(0)

ドイツ料理その八

a0124132_18414660.jpg
やはりまずビールで乾杯です。う~ん。このビールもうまい。でも残念なことにグラスと中身が一致していない。
a0124132_18423392.jpg
やっぱ都会のいいホテルに宿泊していることを実感します。パン皿に盛られたパンとバターって、レストランで食べている実感が湧きますね。
a0124132_18425152.jpg
じゃがいものスープですが、少し泡立てて、それが口の中で優しい食感を生みます。
a0124132_18431252.jpg
メインは白身の魚です。白身の魚って、仮に有名レストランで頂いても、確かに味付け(ホワイトソース)は素晴らしいと感じても、魚自体がね。が魚の国に住む日本人が感じることです。近くにスーパーの方が新鮮で美味しいって、間違ってないと思う。
a0124132_1851336.jpg
このデザートのデコレーションも素晴らしいですね。バニラアイスとラズベリーアイスのコントラストの付いた組み合わせがそれぞれを食べても、合わせて頂いても美味しいデザートとなります。(2014年8月19日)
by sekkaku | 2014-09-22 19:44 | ドイツ | Comments(0)

ドイツ料理その七 sanpo

a0124132_1724386.jpg
本日は美食の街マイセンで昼食となります。マイセンは陶磁器だけではなく、ザクセン料理が美味しいことでも有名です。
a0124132_17245790.jpg
まずビールで乾杯です。日本の生ビールのような外観です。それでもガンガンに冷えておらず、コクを楽しむようです。グラス上面の目の細かい泡を見ていれば、うまそうなビールって直ぐにわかります。アテなしでも楽しめるビールです。
a0124132_17273350.jpg
マイセンワインも有名なようなので、頂きました。こちらは少々コクがないように思えます。
a0124132_1725113.jpg
そして野菜サラダがまた出てきます。でも美味しいんですよ。
a0124132_17252544.jpg
これが名物料理のロールキャベツです。はっきりとした味がしないので、食べた印象が残らない料理です。
a0124132_1725415.jpg
デザートはココアムースのようなものです。スイーツの種類は何でもあれって感じです。甘さ加減がはっきりわかるので、先進国のデザートですね。(2014年8月19日)
by sekkaku | 2014-09-21 17:41 | ドイツ | Comments(0)

ドイツ料理その六

a0124132_1212279.jpg
本日から旧東ドイツの旅となります。食べる物もビールも少し変化があると思います。まず、ビールで乾杯です。こちらはベネディクティナー ヴァイスビアです。フルーティーな味わいと豊かな泡とコクが特徴です。毎日ドイツのビールを飲んでいますが、確かにコクがありますね。
a0124132_12132581.jpg
パプリカやチコリーなどが入っていますが、やはり野菜サラダには変わりません。とても美味しいですよ。
a0124132_12134335.jpg
ドイツの名物料理の一つであるシュニッツェルです。肉が薄めのとんかつのようなものです。そして塩気と香辛料の味が付いています。日本のようにソースを付けることはありません。
a0124132_12135825.jpg
デザートはココアムースです。それも2層になっていて、バニラの味も楽しめるなんて、意外に洒落た物が出てきたと思いました。もう東だ。西だって感じはないのかもしれせません。(2014年8月18日)
by sekkaku | 2014-09-20 12:40 | ドイツ | Comments(0)

本日はバンベルク名物のバンベルクオニオンを頂きます!

a0124132_9342974.jpg
ホテルに併設されているレストランですが、地元の方がたくさんいるので、美味しいんだと思います。いつもは20人ぐらいを受け入れるキャパが優先されているので、今回は料理に期待が持てます。
a0124132_9352264.jpg
まずビールで乾杯です。バンベルク名物のラオホビアと思います。小麦を乾燥させる製造工程がブナの木で燻製したようになるようです。でもそんなに強いブナの木の匂いはないです。色がブラウンなので、薄めの黒ビールって感じです。でも独特のコクがあり、とても美味しいです。
a0124132_9354043.jpg
何かそれなりのレストランで頂くサラダのようです。もちろん食べても美味しいです。何せトマトが美味しい。それと京葱のようなトッピングも面白いですね。ドイツにもこのような葱があるんですね。
a0124132_9355583.jpg
これがバンベルク名物のバンベルクオニオンです。日本人に言わせるをハンバーグの周りにオニオンを巻いただけです。味はハンバーグと熱を加えて甘みが増した玉ねぎです。別々に調理してもいいのかななんて難癖を付けてはダメですね。
a0124132_9361382.jpg
デザートは本格的に盛られたアップルパイとアイスクリームでした。(2014年8月18日)
by sekkaku | 2014-09-19 10:04 | ドイツ | Comments(0)