ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ラ・ボデギータ・デル・メディオもヘミングウェイが愛してやまない店だ

a0124132_1815238.jpg
ヘミングウェイは「モヒート」であれば、ラ・ボデギータ・デル・メディオと言う言葉を残している。そうかこちらの店も酒を飲むところなんだ。キューバについて書いてある情報は非常に少ない。誰かがきちんと書いてしまうと行かなくなるとでも思っているのであろうか。この情報社会にしてはおかしいと感じていた。理由はキューバに着いて分かった。アメリカから名指しされている悪の枢軸国だからだ。それで日本はビビッて避けている。ただそれだけのこと。それでも少ない情報をブログから集めて見ると、ラ・ボデギータ・デル・メディオの壁にたくさんのサインがあると書いてある。日本なら芸能人が訪問したラーメン屋とか焼肉屋の色紙みたいなものか。といろいろ想像してこの店へ行った。
a0124132_18174811.jpg
まず、気持ち悪いぐらいサインがある。1階ではどれが有名な方のものかわからない。ふと2階へ上り、その壁を見ていると日本人の二人の芸能人と一人の政治家のサインがあった。
a0124132_18182534.jpg
一人は「川島なお美」だ。
a0124132_18184580.jpg
そして「橋本龍太郎」だ。
a0124132_18194724.jpg
余計な話はさて置き、「モヒート」の味だ。こちらはホワイトラムにスペアミントを入れたシンプルなカクテルです。この店以外考えられないと言い切ったヘミングウェイの言葉は正直分からなかった。ハバナ・クラブ3年(ホワイトラム)を使用しているカクテルです。キューバのラムを毎日浴びるほど飲んだヘミングウェイには、ホワイトラムでもダークラムでもどちらでも良かったのではないのでしょうか。午前中は執筆活動又は魚釣り。午後は「モヒート」か「ダイキリ」を飲む。家には物凄い数のラムの空瓶が転がっていたそうです。
a0124132_18203386.jpg
いつから誰が初めに書き出したのでしょうか。そうそう私も自分の名前と願いを書き込みました。何を書いたかと言えば、イスラエルの嘆きの壁にもお願いした「世界平和」です。旅人なら誰しも願うことです。(2014年4月30日)
by sekkaku | 2014-05-27 18:34 | キューバ | Comments(0)

ヘミングウェイが愛してやまなかったダイキリを飲みました!

ノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェイはキューバをこよなく愛し、毎日のように街へ繰り出し、大好きなラムのカクテルの「ダイキリ」と「モヒート」をこよなく愛した。「老人と海」「誰が為に金が鳴る」などの小説を読んでなくても、ヘミングウェイと言う小説家を知らなくても、キューバと言う国に馴染みがなくても、飲んでみたいと思わせる何かが旅する前からあった。そしてヘミングウェイに「ダイキリ」ならフロリディータと言わしめたお店に行き、同じものを頂けるなんてなんて幸せなことだ。
a0124132_1810344.jpg
店員さんは休む暇なしです。50席ぐらいあると思いますが、満席で次から次へと観光客が来ます。
a0124132_18102788.jpg
入り口では多分キューバで生まれたソンが演奏されています。
a0124132_1810475.jpg
ヘミングウェイが座っていたバーカウンターの席には、等身大の銅像が置いてあります。
a0124132_1811149.jpg
と前置きが長くなりました。はっきり言って酒好きではない私には、ダイキリの味なんてわからないと思っていました。しかし間違いなく「旨い」です。なぜなら何度か同じものを飲む機会があり、全然違うものなんです。同じラムを使い、混ぜるだけのように思います。それでも、まったく違うものになります。お値段は6CUC。相席となったオーストラリア人が数杯お代わりしていたのも頷けます。ハバナへ行けば、必ず立ち寄るポイントでしょうが、絶対飲んで見てほしい。(2014年4月30日)
by sekkaku | 2014-05-25 18:27 | キューバ | Comments(0)

時が止まったかのような街並みに、革命以前のクラシックカ―が走って行く!

a0124132_202989.jpg

a0124132_20295923.jpg

a0124132_20302141.jpg

a0124132_2030485.jpg


a0124132_2031581.jpg

a0124132_20313198.jpg

a0124132_2032356.jpg

a0124132_20325949.jpg

a0124132_20341069.jpg
近年、車の輸入が解禁となり、最近のヨーロッパや韓国の車がまだ少ないですが街を走っています。今回、キューバへの旅行に向かったのは、これらのクラシックカ―が美しい街並みを走る光景を見れなくなるとの危機感からです。そしてキューバを旅してわかったことは、これらクラシックカーのエンジンはすでにディーゼルエンジンに取り換えられている。でも大切に使ったとしてもいつかは壊れるものです。まして観光客を乗せるタクシーとして使っているので余計かも知れません。それとカストロが亡くなると国の安定が揺らぎそうなので、今のうちにこの街並みを颯爽と走って行くクラッシックカーを見ておくことを強く勧めます。(2014年4月29日~5月5日)
by sekkaku | 2014-05-24 20:52 | キューバ | Comments(0)

キューバ兌換ペソへの両替について

a0124132_10364264.jpg
キューバペソにはキューバ兌換ペソ(単位:CUC)と人民ペソ(CUP)の2種類が存在します。私たち外国人のための紙幣がキューバ兌換ペソとなります。ちなみに1キューバ兌換ペソは25人民ペソの価値があると聞きました。

そのキューバ兌換ペソへの両替ですが、成田でも、カナダでもできないようです。つまりキューバへ入国してからとなります。そしてハバナ空港であればドル、ユーロ、円いずれからも両替できるようです。それでユーロか円からの方が手数料(10%前後らしいです)は安いようです。アメリカとは敵対しているので、表向き手数料を高く(20%近いそうです)取るようです。場所はハバナ空港ロビー内の軽食店の隣にあります。

そして日本円30000円を両替して281.15兌換ペソ(1CUC=106.70円)になりました。20兌換ペソ紙幣を14枚と小銭でした。そうそう両替レートが場所によっていい悪いはない国のようです。ただ、ハバナを離れると場所によっては日本円からの両替は難しいようです。

a0124132_10411020.jpg
最後にキューバを離れる時に、空港で再両替はできます。ただし、ドルや日本円にはできませんでした。私の場合、カナダドルを希望したのですが、できずにユーロへ再両替となりました。レートが悪く、40CUCが20ユーロになってしまったので、お買い物に使ってしまう方がいいと思います。場所は出国後お土産屋さんを越えた右側にあります。(2014年4月29日、5月5日)
by sekkaku | 2014-05-24 10:49 | キューバ | Comments(0)

キューバには2つのビールがあります!

a0124132_22405540.jpg
一つは海賊と言う意味のブガネロです。こちらはコクがあり、日本人向きのビールです。アルコール度数は5.4%。でも2回ぐらいしか飲む機会がありませんでした。なぜかクリスタルしかレストランに置いていないんです。
a0124132_22412257.jpg
そしてもう一つがクリスタルです。アルコール度数は4.9%。こちらはレストランで出されることが多いのですが、正直アルコールゼロのビールにアルコールを入れたような味です。味が薄いのでビールと思って飲むとイマイチに感じると思います。お値段はいずれも1本2~3ペソですので、200~300円のものです。(2014年4月30日~5月4日)
by sekkaku | 2014-05-23 22:50 | キューバ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ航空:AC001便)

a0124132_10214650.jpg
トロント空港→成田空港、エア・カナダ航空:AC001便、エコノミークラスの機内食です。日本へ戻る便もビーフかチキンからの選択です。トロントへ向う便であまりにもビーフが不味かったので、チキンにしてみました。ホワイトソースで煮込んであるチキンです。鶏好きならいいでしょうが、鶏は苦手な方なので、私はパスです。付け合せのじゃがいもを数個突いただけです。ただ、米粉が入っているようなモチモチのパンは美味しいです。バターとの相性もいいですね。パンをお代わりしたいぐらいです。
a0124132_10211779.jpg
そしてサラダが酷過ぎ。カナダ・エア舐めている。白菜の芯のようなサラダです。私のパートナーのサラダも確認しましたので、同じ状態です。その上ドレッシングをケチっているし、また一口でパスです。

最近コンビニのスイーツのレベルが高いから、こんなチョコケーキではフォークが進まない。

a0124132_1018086.jpg
帰りはカナダビールがほしいと言ったら、有りました。
a0124132_10182757.jpg
夜食はまたまたカップヌードルです。お湯は空の上では決して100℃になりません。だから麺が柔らかくない。それにサンドイッチは食べずにお休みです。
a0124132_1018591.jpg
そして着陸2時間前ぐらいに出された朝食は、おかゆを頼んで見ました。シャケフレークが入っていることを確認。ミキサーで砕いたようなおかゆでは、食べないでしょう。眠いしフルーツもパスです。エア・カナダって財政難ですかね。(2014年5月5日)
by sekkaku | 2014-05-16 10:23 | キューバ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ航空:AC1749便)

a0124132_6505743.jpg
ハバナ空港→トロント空港、エア・カナダ航空:AC1749便、エコノミークラスの機内食です。トロントまで3時間30分のフライトですが、やはり一度のドリンクサービスのみです。そこで有料サービスのピザとコーラをオーダーしようとしたら、玉子とチーズのベーグルしかないということです。仕方なくベーグルを頂きましたが、お腹が空いているせいかイケます。パン生地はハンバーガーのように見えて実はカリカリで、砕けそうです。がお味の方はチーズと玉子オムレツのバランスが絶妙です。お値段は、5.50カナダドルです。(2014年5月5日)
by sekkaku | 2014-05-13 06:55 | キューバ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ航空:AC1748便)

a0124132_6443411.jpg
トロント空港→ハバナ空港、エア・カナダ航空:AC1748便、エコノミークラスの機内食です。ハバナまで3時間30分のフライトですが、基本機内食はありません。一度のドリンクサービスのみです。コストカットなんでしょうかね。(2014年4月29日)
by sekkaku | 2014-05-12 06:45 | キューバ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ航空:AC002便)

a0124132_21424299.jpg
成田空港→トロント空港、エア・カナダ航空:AC002便、エコノミークラスの機内食です。メインはビーフかチキンからの選択です。あまり期待せずビーフをお願いしたんですが、不味い。すでに機内に持ち込んだポテトチップスを食べたせいではありません。コンビーフのようなお味の肉って最近食べていないから余計によろしくないです。
a0124132_21433278.jpg
そして付け合せがもっと不味いし。なんか豆類が混ざったサラダ?なのか何なのか。一口でパスです。
a0124132_21434837.jpg
そしてチョコケーキは基準以下。甘党の私ですが、半分で挫折です。
a0124132_21452898.jpg
そうそうカナダビールがほしいと言ったら、もうないって私の席は25番目ですよ。それでハイネケンって超最悪。
a0124132_2144546.jpg
日本時間の24時ぐらいに出されたご飯は、何とカップヌードルです。それもお湯がぬるいから(飛行機の中では仕方ない)麺が柔らかくない。ゲェ~。それにサンドイッチってどうゆう組み合わせですかね。一方、一緒に配られた胚芽入りクラッカーはイイかも。
a0124132_21463056.jpg
そして着陸2時間前ぐらいに出された朝食は、おかゆとオムレツを選べます。一様オムレツを選び、少しだけ味見をしましたが、可もなく不可もなくってところです。ただ、この朝食を食べてしまうと、経験上体調を崩す原因になります。食べずに下げて頂きました。(2014年4月29日)
by sekkaku | 2014-05-11 21:49 | キューバ | Comments(0)

日本から20時間ぐらい覚悟していましたが、意外と近い国でした(キューバ)

a0124132_6155955.jpg
4月29日(火)17:50、エア・カナダ航空002便は、旅行のしおりに書かれた通りの時間で離陸し、トロントにはほぼ定刻の17:05に到着です。成田からの所要時間は、11時間15分がです。

トロント空港での乗継時間が非常に短く、ゲートに着いた時には、すでにボーディングを開始しております。そして定刻で出発したエア・カナダ航空1748便、ハバナ行きは、定刻より約16分遅れの21:26、ハバナ到着です。この所要時間が4時間21分です。

つまり、4月29日(火)夕方に成田を出発して、11時間15分+4時間21分=15時間36分を要して、当日の夜キューバの首都ハバナへ到着です。

トロントからハバナへの乗継時間が当初より1時間しか無かったため、空港で待たされる無駄な時間は省けます。そして乗継ゲートへの移動時間もセキュリティーチェックを入れて15分もあればできますので、飛行機が大幅に遅れなければこのぐらいの方がありがたいです。ちなみに16分遅れて到着したのは、空港上空に飛行機が溜まっていたためと推察します。空港上空で2度も旋回していました。と言うことでキューバって意外近いと国のようです。(2014年4月29日~5月6日)
by sekkaku | 2014-05-10 06:20 | キューバ | Comments(0)