ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 76 )   > この月の画像一覧

カナイマラグーンクルーズで全日程完了です!

a0124132_11363823.jpg
手前よりゴロンドリーナの滝、ウカイマの滝、ワダイマの滝、アチャの滝となります。カナイマラグーン内を30分ぐらいクルーズします。現地ガイドのサービス精神で滝にかなり近づき、水しぶきをたくさん受けているのですが、カメラの調子が悪く、そのアップの写真を納めることはできませんでした。昨日、エンジェルフォールから戻る時、一雨有りましたので、水量がかなり増えており、すべての滝が大迫力でした。飲み込まれそうで、怖いです。最後の最後まで楽しむことができます。(2013年8月15日)
by sekkaku | 2013-08-31 11:48 | ベネズエラ | Comments(0)

エンジェルフォールの遊覧飛行に出掛けます!

a0124132_19115963.jpg
これでエンジェルフォールを本当に見納めとなります。パイロットを入れて6名乗りのセスナで遊覧飛行に向います。
a0124132_19135171.jpg
残念ながら私は空港で待機です。ルエパからカナイマへ向うチャーター機で、エンジェルフォールを見るために旋回を数回されただけで、吐きそうになりました。このチャーター機より小さいセスナではちょっと心配です。実はナスカの地上絵を撮影するために、同じような思いをした苦い経験があります。
a0124132_20592968.jpg
40分程で戻ってくると、遊覧飛行の報告があります。まず、ボートでさかのぼったチェルン川が蛇行している様子、そしてアウヤン・テプイの広大さ、その平らな頂上の様子(これは見たかったな~)、最後はエンジェルフォールの滝上部に雲が掛かっており全貌が見えなかったこと。私は心に決めています。次回行くときはヘリコプターで滝の上から見たいと思います。(2013年8月15日)
by sekkaku | 2013-08-30 21:06 | ベネズエラ | Comments(0)

ベントゥール・カナイマ・キャンプでの朝食(カナイマ)

a0124132_17223796.jpg
ベントゥール・カナイマ・キャンプでの食事は、いつもカナイマラグーンが見える特等席で、となります。これも早起きをしてユーラシア旅行社の添乗員が押さえていると思います。なぜならS社のツアーの方もいらっしゃいましたが、カナイマラグーンが見える方に座っていますが、私達が目に入る少し奥の席に座っていました。ごめんなさい。そんなことはさて置き、このホテルでは食事メニューの選択はありません。全員同じメニューです。マントパイ・キャンプ(カバナヤン)での朝食とほぼ同じのような気がします。
a0124132_17311014.jpg
やっぱりほぼ同じです。本日はアレパの大きさが小さいことと、パンケーキが出されました。こちらにはチョコペーストを付けて頂きます。メイプルシロップとバターはありません。トーストはあったんですが、バター無です。う~ん、パン好きでもつらい。スクランブルエッグを載せて食べるのかな?コーヒーは大丈夫です。毎日頂いています。と食べる楽しみは少ない旅ですね。(2013年8月15日)
by sekkaku | 2013-08-30 17:45 | ベネズエラ | Comments(0)

ユーラシア旅行社の添乗員ってヤルネ!

a0124132_6532362.jpg
エンジェルフォールのツアーからホテルへ戻ったのは、18:00になるかならないかぐらいです。早朝5:15に出発したので、12時間も掛かったことになります。みんなへとへとです。こんな時にはするする喉越しがいい、麺でも食べたいものです。すると夕食にそうめんが出てきました。こんなもんカナイマのホテルにあるわけもなく、聞くと添乗員が麺つゆと共に日本から持ってきたそうです。そしてホテルの厨房をお借りして茹で上げるまでやったそうです。正直、食欲がないくらい疲れています。添乗員とて同じことです。お部屋で休む時間などなかったと思います。ヤルネ!
a0124132_705019.jpg
本日もビュッフェスタイルの夕食です。私たちのツアーだけはなく、すべての宿泊者が同じメニューです。それにしても同じような味付けだ。(2013年8月14日)
by sekkaku | 2013-08-30 07:07 | ベネズエラ | Comments(0)

ラトンシート島から見えるエンジェルフォールを見ながら昼食です!

a0124132_21174059.jpg
メインはチキンですね。それとライスとコールスローです。私はチキンを苦手としておりますが、一口頂きました。どこにでもあるローストチキンです。
a0124132_212168.jpg
食事を取ったところの裏手からエンジェルフォールが見ます。突然突風が吹いて、虫達が騒がしくなりました。
a0124132_2123355.jpg
雷も鳴り出しました。雲が掛かってきました。
a0124132_2124297.jpg
激しいスコールです。
a0124132_21252225.jpg
雨は10分ぐらいで止みましたが、先ほどまではっきり見えていたエンジェルフォールはまったく隠れてしまいました。何よりジャングルウォークの最中ではなくて良かったし、もちろんライメ展望台からエンジェルフォールを見上げる時ではなくて良かったです。屋根のあるところで食事をし、休憩している最中でした。やっぱ持っているようです。(2013年8月14日)
by sekkaku | 2013-08-29 21:34 | ベネズエラ | Comments(0)

ライメ展望台からラトンシート島へ戻るのも大変です。

a0124132_2153226.jpg
正直、全精力を使って、ライメ展望台を目指しました。そして目的は達成されました。昇りより下りの方が楽に思えますが、もうエネルギーは残っていません。降りるのもたっぷり1時間も掛かります。何とかラトンシート島に着くと、川の色がコーヒー色であることに気づきました。相当疲れています。(2013年8月14日)
by sekkaku | 2013-08-29 21:15 | ベネズエラ | Comments(0)

遂にエンジェルフォールに到達しました!

a0124132_17491667.jpg

a0124132_17495543.jpg

a0124132_1753765.jpg

a0124132_1755377.jpg

a0124132_1756589.jpg

a0124132_17573243.jpg

a0124132_1815967.jpg

a0124132_1832134.jpg

a0124132_1852131.jpg
(2013年8月14日)
by sekkaku | 2013-08-29 18:07 | ベネズエラ | Comments(0)

ラトンシート島からライメ展望台までのジャングルウォークはこのツアーの最大の難所です!

a0124132_764342.jpg
ここまで来てしまえば、エンジェルフォール見たさに足はいくらでも動くものです。添乗員さんの話によれば、片道4km弱、高低差150mぐらいだそうです。この程度であれば、旅する者にとって気にならない距離のはずです。毎週スポーツを楽しみ、同年代に比べれば体を動かしている方です。楽勝と思っていました。
a0124132_7105556.jpg
ジャングルウォークの最初は、比較的平らな河原のようなところを歩きます。15名の隊列は運動会で行進しているかのようです。
a0124132_7162140.jpg
踏み固められた道をなだらかに昇ってきます。本日は晴れでしたので、ぬかるみは少ないです。若干軟らかいぐらいですので、今日は運動靴で歩けます。できれば履き慣れたトレッキングシューズの方がいいと感じました。
a0124132_7211246.jpg
段々山を登るようになることと、足を降ろすポイントを探すようになります。なぜなら大小の石が不規則に置かれた状態に木の根が至る所から張り出しているからです。
a0124132_73064.jpg
これは絶対リックで行くことをおススメします。そして軍手などを持参となっていたことも分かります。ぬかるみ、高低差、道の中央部に倒れている大木、小川などを交わしながら、ライメ展望台を目指します。
a0124132_7291178.jpg
こんなジャングルを1時間以上歩いています。隊列は乱れ、遅れる者もいました。その度に後方の者がパーティーを引っ張る者に声を掛けて休憩します。最後は岩山を登り切らなければなりません。トレッキングとは言えません。岩を捕まえて、足を踏ん張り、上へ上へと進みます。途中から虫に刺されることも仕方なしと思い、防虫ネットを取り、長袖のシャッツを脱ぎます。この状態が30分ぐらい続きます。そして前方より歓声が聞こえます。そうです。エンジェルフォールとご対面のようです。(2013年8月14日)
by sekkaku | 2013-08-29 07:49 | ベネズエラ | Comments(0)

オーキッド島からチェルン川をさかのぼりラトンシート島を目指します!

a0124132_1743399.jpg
これよりチェルン川に入ります。まだまだ広い川幅で奥地に来た感じはしません。だた右側にずーっと見えているのが、ギアナ高地最大のテーブルマウンテン、アウヤンテプイとなります。大きさは700㎢。標高2560mで、その切り立った断崖から流れ落ちるエンジェルフォールを目指しています。
a0124132_17462343.jpg
それが段々川幅が狭くなります。そして右に左に蛇行したチェルン川をさかのぼります。
a0124132_1748071.jpg
川底が見える浅瀬もあります。ボートは座礁しないように左右の深いところを慎重に進めます。このツアーですが、乾季にはラトンシート島へたどり着けない理由がわかりました。
a0124132_1758676.jpg
急流下りではなく、急流昇りです。川の中央部に鎮座する大岩を避けながら、少し衝突しながら上流を目指します。
a0124132_181650.jpg
4つ兵士の岩って言っていたと思います。どちらかと言えば、このツアーではボートの左側の方に座った方が、いい写真アングルとなることが多いです。
a0124132_1851618.jpg
突如、頂上に雲が掛かっていますが、エンジェルフォールが出現します。白く流れ落ちる滝が少しだけ見えます。
a0124132_18133336.jpg
9時30分ぐらいでした。ボートの上からエンジェルフォールを長く見たいのなら、ボートの右側に座るべきです。龍のような雲が巻き付いたアウヤンテプイも右側の方へ座った方がベストアングルとなります。
a0124132_18141473.jpg
しばしエンジェルフォールとお別れをしてチェルン川をもう少しさかのぼります。
a0124132_18123469.jpg
そして10時10分、ラトンシート島へ到着です。船着き場から約5時間です。ここからもはっきりエンジェルフォールが拝むことができます。が、目指す展望台まで、ここからジャングルウォークとなります。(2013年8月14日)
by sekkaku | 2013-08-28 18:29 | ベネズエラ | Comments(0)

オーキッド島での朝食(カナイマ)

a0124132_1726157.jpg
確かに私は人と比べてパンが大好きです。ほぼ毎日朝食にはパンを食べています。トーストとバターでも満足するタイプです。しかし、海外のサンドイッチって、パサパサのパンなんです。なかなか喉を通らないパン生地なんですよ。本日もハムチーズなんですが、それです。オレンジジュースもありますが、申し訳ありませんが半分しか食べれません。
a0124132_17312753.jpg
朝食を食べたオーキッド島とは、廃墟のようなところです。ここにハンモックを吊るして1泊するなんて絶対無理かもしれません。そして男女ともにトイレは青空です。用を足したので、7時30分過ぎ出発です。(2013年8月14日)
by sekkaku | 2013-08-28 17:37 | ベネズエラ | Comments(0)