ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 41 )   > この月の画像一覧

手前にオアシス、遠くにかすかに見えるピラミッド、そして荒涼とした砂漠ってエジプトを彷彿させる!

a0124132_13513326.jpg
この写真って、誰が見てもエジプトを彷彿させる一枚と思います。私が訪問した1994年当時、エジプトの主要産業は、観光と農業でした。今でも変わらないと思います。ハッキリ言いますが、あなた方はウチワモメなんかしてないで、世界じゅうの人々に、エジプトを見てもらう義務があるんですよ。(1994年8月24日)
by sekkaku | 2013-01-26 17:49 | エジプト | Comments(0)

首都メンフィスのネクロポリス、サッカラへ階段ピラミッドを見に行こう!

a0124132_12164978.jpg
古代エジプトの首都メンフィスのネクロポリスであったサッカラには、ジェセル王が建設した階段ピラミッドがあります。メンフィスとサッカラの位置は、ナイル側の東岸(生者)と西岸(死者)となります。ネクロポリスとは、巨大(共同)墓地を意味し、首都メンフィスの人々のための墓地があった地がサッカラだった訳です。ギザの三大ピラミッドからダハシュール(サッカラなどを含む)までの地域は、1979年に世界遺産へ登録されています。ちなみにこの世界最古のピラミッドを作った(総指揮をとった)のは、ジェセル王の右腕イムヘテプと言う政治家でした。写真を見ての通り、澄み切った青空と階段ピラミッドのコントラストが本当に絵となります。写真を見ているとまた行って見たくなりました。そして数年以内に見に行くと確信しました。(1994年8月24日)
by sekkaku | 2013-01-26 12:38 | エジプト | Comments(0)

大ファラオ、ラムセス2世は結構美男子ですよ(メンフィス)

a0124132_1812182.jpg
古代エジプト最初の首都メンフィスだが、現在ではまったく廃墟となり、プタハ神殿跡のみを残すだけだ。(今も20年前から変っていないと思います)この地に絶大な権力を誇ったファラオ、ラムセス2世の巨像が残されている。この石像のお顔ですが、日本の仏像を思わせる、穏やかないい顔をしています。(1994年8月24日)
by sekkaku | 2013-01-25 08:10 | エジプト | Comments(0)

スフィンクスは何のために作られたのだろう!(エジプト)

a0124132_854218.jpg
頭部は人間で、体はライオンと言う独特のデザインをしたスフィンクスは、長い間砂に埋もれていたため、その姿を今でも見れるのだろう。長さ57m、高さ20mもの建造物が、一つの岩山を削って作っていると聞けば驚かざるにいられない。
a0124132_953431.jpg
旅人はそのようなミステリーに心惹かれ、熱心にその説明を聞き入る。スフィンクス建造の目的についても、未だに諸説が入れ乱れている段階だそうです。
a0124132_9134459.jpg
カフラー王のピラミッドから通じる参道に微妙な位置関係で鎮座しています。これもミステリーの一因です。(1994年8月24日)
by sekkaku | 2013-01-24 09:18 | エジプト | Comments(0)

約4500年前、クフ王はどのような目的でピラミッドを作らせたのでしょうか?

a0124132_1739401.jpg
底辺が230m、高さが146mの建造物を約4500年前、どのような目的で作らせたのでしょうか。未だに謎であり、諸説が存在します。中でも興味深いのは、当時のエジプト社会では奴隷の存在がまれであり、自分の墓を民に作らせる錦の御旗が立ちません。石材は1個、2.5トンで、230万~260万個も使われているそうです。奴隷以外に石材を積み上げる作業をさせる場合、タダって訳にいきませんよ。
a0124132_17485190.jpg
この壮大なピラミッドを見ると中に入って見たくなるのが人情ってものです。写真中央部が正規の入口ですが、閉鎖されていました。盗掘を防止する作りの説明を受けた記憶がありますが、20年も前のことなので忘れました。
a0124132_1745177.jpg
内部見学のメインは、この窮屈な急な階段かもしれません。少し蒸し暑かった記憶があります。その奥の部屋には、大きな期待にまったく沿えないのですが、石官がポツンと置かれているだけで、ミイラも財宝類の展示もありません。(1994年8月24日)
by sekkaku | 2013-01-23 18:07 | エジプト | Comments(0)

関西空港では、ここで両替すべし!②

本日、関空で時間をつぶすことになり、外貨への両替を調べて見ました。
まずドルです。
紀陽銀行・・・92.84
外貨両替・・・92.49
三井住友・・・92.55
りそな・・・・92.85
三菱UFJ・・・92.64

4階出発ロビー中央にある外貨両替(CURRENCY EXCHANGE)で両替すべきです

次はユーロです。
紀陽銀行・・・123.57
外貨両替・・・123.55
三井住友・・・123.55
りそな・・・・123.59
三菱UFJ・・・123.57

然程変わらないですが、外貨両替CURRENCY EXCHANGE)がお得なようです。

関空より出発される方は、いくつかを比較してから両替すべきです。同じようなことが、成田でも、羽田でも起きております。面倒な方は昨年10月の調査と今回が同じ結果なので、基本的にCURRENCY EXCHANGEで両替すべきです。(2013年1月21日)
by sekkaku | 2013-01-22 19:19 | 必読情報 | Comments(0)

悠々たる時の流れを越えて、街角に忽然と現れるピラミッド(エジプト)

a0124132_1450588.jpg
この写真を公開するにあたり、何気なく古いガイドブックを開いて見た。するとギザの3大ピラミッドのページには、平成6年8月24日、現地時間15:47とピラミッドを見学した詳細時刻まで書いてあった。それ程、このピラミッドを見学した時、衝撃を受けたのであろう。写真は参道よりカフラー王のピラミッドを撮った写真と思う。まだまだ観光地としてのインフラが行き届いていない感じがします。そちらの方が趣きがあっていいです。
a0124132_15154655.jpg
街角にこつ然と現れるとのタイトルは、3大ピラミッドはサハラ砂漠のど真ん中にありそうな感じがしますが、実はカイロ市内より西へ13kmの地点にあるからです。写真を撮る方向によっては、このような市街地がバックに入ることになります。現在政情は芳しくありませんが、直によくなるはずです。その節には是非ピラミッドを見にエジプトへ行って見て下さい。私は、この時に行けなったアレキサンドリアとアブ・シンベルへ必ず行きたいと思います。(1994年8月24日)
by sekkaku | 2013-01-20 15:31 | エジプト | Comments(0)

旅の総括(イエローナイフ)

a0124132_10344997.jpg
1.旅行先:カナダ

2.コース名:カナダオーロラの旅 イエローナイフ5日間 市内観光付き

3.旅行会社:阪急交通社 e-very東京センター(海外ツアー)

4.旅行期間:2013年1月1日~1月5日

5.旅行予算:ツアー料金:213.800- 空港利用税、燃油サーチャージなど:53.190-、食事、お土産など:約10.000-、防寒具レンタル(3日間):7.500-、オーロラこたつ(3日間):6.000-、90分のオーロラ観賞延長:US25ドル、総額287.950円+US25ドル

6.見学先
①博物館
②ノースウエスト準州議事堂
③グレートスレイブ湖

7.レストランとカフェ
①ラティチュード
②ジャバロマ グルメコーヒー
③スシカフェ
④ストック・ポット

8.持参して良かったもの
①綿マスク・・・マイナス20℃の世界では、できるだけ露出しているところを減らしたい
②湯沸ポット・・・イエローナイフインには付いていません。
③カメラの結露対策・・・タオルとかジップロックとか

9.旅行の注意点
①ちなみに旅行の申し込みをした時期は、2012年8月18日にインターネットからとなります。この時点でツアーが完売している会社も多数でした。残念ながら12月29日以降の年末出発日は全然空いていませんでした。
②オーロラ撮影に集中したい方には、オーロラこたつは必要ないようです。カメラの操作がやり易いオーロラレイク周辺に陣取ことなります。一方、カップルでじっくりオーロラを見たい場合、2人だけのミニテントのようなものですので、寒さをしのげ長時間の鑑賞に最適です。

10.オススメお土産
①定番ですが、メイプルシロップ

11.現地旅行代理店
  オーロラビレッジ
  住所:P.O.Box1827 Yellowknife
  電話:867-669-0106

12.備考
カナダのガイドブックを購入しても、4ページぐらいしかオーロラについての記載がありません。情報がたくさん取れたのは、ユーラシア旅行社のオーロラツアーの説明会への参加です。もち無料です。平日の昼間に開催していますので、現役の働いている世代は対象としていないようです。しかし、一般的にオーロラについての情報は持ち合わせていないので、素晴らしい準備になりました。その場で頂いた資料も本当に参考になりました。御礼の意味で、ユーラシア旅行社とオーロラビレッジのHPを見たい場合、下記をクリックしてみて下さい。

オーロラビレッジのHPへ

ユーラシア旅行社のHPへ
以上
by sekkaku | 2013-01-19 11:04 | カナダ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ:AC-003便)

a0124132_22563865.jpg
バンクーバー空港→成田空港、エア・カナダ:AC-003便、エコノミークラスの機内食です。成田到着が夕方の5時過ぎですので、日本時間で4時ぐらいの食事です。飛行機に乗った時、出されたパンは温めてあったんですが、今度は袋の中に入っています。そのため常温です。それでもパンは美味しい。メインのマカロニは、電子レンジでチンしやすい料理だよね。これは冷凍食品でありそうだよね。そしてミックスフルーツは少しカットの形状が崩れかけている。そしてキュウイ以外は味がしない。全然エコノミークラスを念頭に入れていないのか、日本人ばかりだからこの機内食なのか、カナダ人とはこのような食生活なのかなんて思うのは私だけでしょうか。いずれにせよ。エコノミークラスの乗客は発言の権利なしです。(2013年1月5日)
by sekkaku | 2013-01-18 23:14 | カナダ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ:AC-003便)

a0124132_19121028.jpg
バンクーバー空港→成田空港、エア・カナダ:AC-003便、エコノミークラスの機内食です。メインはほぼ牛丼ですね。まったく食欲がないので、一口のみ。まずくはないですが、牛丼って手抜き料理だよね。それとインゲンのサラダです。インゲンってカナダが産地なんですかね。デザートはチョコケーキです。う~ん。今はいいよ。しかし、パンは美味しい。これは間違いない。(2013年1月4日)
by sekkaku | 2013-01-17 20:57 | カナダ | Comments(0)