ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:ハワイ( 29 )

旅の総括(ハワイ島)

a0124132_14331179.jpg

1.旅行先:ハワイ島

2.旅行会社:シャラトン泊 羽田発着6日間 旅物語

3.旅行期間:2017531日~65

4.旅行予算:ツアー料金:193.810円 (羽田空港施設使用料、燃油サーチャージ、現地空港諸税含む)タクシー代、バス代、食事、土産など:約20.000円;マウナケア山頂、サンセット&星空ツアー:170ドル;アフタヌーン・ケアラケクア・シュノーケリング・クルーズ:174.06ドル;SPAHo’OLA):145ドル

合計約270.000

5.見学先

ハワイ島

6.宿泊先

  シャラトン コナ リゾート&スパ アット ケアウホウ ベイ

7.レストランとカフェ

Sushi shiono・・・・・私評:✈

ババ・ガンプ・シュリンプ

コナ・ブリューイング・パブ

ダ・ポキ・シャック・・・私評:✈

8.持参して良かったもの

  日焼け止め(マスト)、帽子、サングラス等

  山葵

9.旅行の注意点

  シュノーケリング・モーニング・クルーズに参加する場合、日本にて予約した方がいいかもしれません。午後のクルーズもありますが、海の青さを比較すると全体午前中の方が断然いいです。

  マウナケア山頂の星空ツアーも結構込んでおり、日本にて予約した方がいいです。私は天気と相談と思い、現地で予約を入れました。星空観賞には天気も重要ですが、何より月が出ていないことが重要です。

  パスポートの有効期限が6か月を切っている方は、本ブログにドキッとすることを書きましたので、ご注意ください

  ケアウホウやワイコロアのホテルは、高級ホテルが確かに多いですが、レンタカーを借りる予定がなければ、ホテルに閉じ込められることをよくよくお考えください。毎日なにがしらのツアーに参加すれば、単独でカイルア・コナの街中へ行くことは少ないかもしれません。でもブラブラしたい時にはカイルア・コナにあるホテルの方が便利です。

10.現地旅行代理店

  JTB Hawai Travel ,LLC

  電話:326-5686

11.総評

星空観賞とその撮影をメインに考え、ハワイ島へ行きました。でも調査不足(情報不足)でした。自然相手ですので、もちろん星空を見れないこともあります。でも快晴でも満天の星空は見れないんです。東京では、ほぼ一等星しか見えません。それはビルの光などが明るすぎるからです。ハワイ島だって、月が出ていれば相当明るいので、二等星くらいしか見えない。多分4等星ぐらいは見えないと満天の星空観賞とはならない。そんな日がどれくらいあるのか、情報を隠していると思います。カプリ島の青の洞窟を見れる確率とか、パンフレットに載っていますよね。これが必要です。間違いなく、晴天率って高くないんだと思います。これを書いてしまうと、最大のウリの一つが無くなってしまうからでしょう。

と言っても満天の星空は見れませんでしたが、旅としては満足できると思います。キラウエアの火口を見るのも、貴重な体験だし、手つかずの自然、特に溶岩の流れた跡には、妙に惹かれます。不思議ですね。

12.備考

今回でJTBの旅物語を使うのは二度目です。あのテルミクラブが無くなったため、格安ツアーの選択肢としては旅物語も一つとなります。ホテルの部屋にこだわりがなければ、問題ないと思います。それとビーチリゾートの場合、添乗員が同行しても、やってもらうことはほとんどないからです。

以上




by sekkaku | 2017-07-06 14:44 | ハワイ | Comments(0)

機内食(ハワイアン航空:HA851便)

a0124132_16331614.jpg
コナ空港まで、時間が掛かるかと思ってましたが、意外とすんなりです。
それよりチェックインに時間が食います。

重量制限にはうるさいので、ちょっとぐらいが通じません。
あしからず。
a0124132_16332839.jpg
無事に搭乗すると、このようなイヤホンセットが配られます。

そしてほぼ定刻に出発です。
a0124132_16334462.jpg
水平飛行に入るとスナックとドリンクサービスが始まります。

マウイ島のビールなんですが、これも実に美味しいです。

スナックは日本のせんべいでした。
a0124132_16384329.jpg
こちらが
コナ空港→羽田空港、ハワイアン航空:HA851便、エコノミークラスの機内食です。

メインが鶏肉丼でした。
個人的に苦手です。
一切れだけ、食べましたが、普通の鶏肉丼と思います。
でもパスです。

それと
春雨
なんで春雨?

そして
ココナッツのパウンドケーキ
舌触りが好きではないけど、完食です。

赤ワインなんて頂きました。

それにしても、手の込んだ機内食とは言えないものです。

もう寝るからいいです。

a0124132_16421349.jpg
約6時間後

到着前に、出された機内食はなんと
サンドイッチとチョコです。
流石にお腹が空いており、完食です。

これが本日(6月5日)の夕食となります。

そして無事、羽田空港へ到着。

それなりにいい旅でした。
次はケニア・タンザニアへ行く予定です。
(2017年6月5日)




by sekkaku | 2017-06-28 16:55 | ハワイ | Comments(0)

後ろ髪を引かれますが、全日程終了です。これから空港へ向います!

a0124132_10342309.jpg
午前中はこんな風に晴れていました。
a0124132_10353045.jpg
チェックアウトのため、ホテルに戻ると
こんな感じです。

ゴルフ、シュノーケリング、その他アクティビティーは
午前中のセッションをオススメします。

写真の出来映えも全然違います。
太陽の光って素晴らしいと再確認します。

それではコナ空港へ向います。
(2017年6月3日)



by sekkaku | 2017-06-28 10:41 | ハワイ | Comments(0)

カイルア・コナでピザを食べるならココらしいです!

a0124132_11495542.jpg
コナ・ブリューイング・パブ&ブルワリーで、ハワイ島最後の食事です。ガイドブック等には、ローカルビールについて触れていることが多いようですが、隠れたピザの名店と何かで読みました。
a0124132_11494224.jpg
ビールは試飲セット(確か4種類)があるのですが、暑い街中を歩いている間に、すっかり忘れていました。なにせ場所が分かり難い。地図上では明らかですが、入り口がちょっとです。夜に行くとなると、一苦労あるかもしれません。

頂いたビールは、Wailua WheatBlondeです。前者は濁り系の白ビールです。ドイツビールなんかが有名です。ここのは少し柑橘系というか、何か香りが付いています。後者は、日本の缶ビール系です。さっぽろの黒ビールにそっくりな味だったと思います。
a0124132_11502278.jpg
お店はほぼ満席です。たくさんの方が待っています。人気店のようです。ちなみにトリップアドバイザーではカイルア・コナにある201軒中8位と上位ランクされています。

それと多少待つかもしれませんが、たくさん席はあるので、予約は必要ありません。予約の電話を入れた時、そのように言われました。
a0124132_11504095.jpg
そして本日頂いたピザです。フレッシュモッツァレラとトマトのピザで、チーズを増し増しです。ベースの味となるチーズは品質の高いものを使っていると思いました。だから見た目以上に美味しいです。そしてパン生地系の耳は食べ応えあります。これで、17ドルでした。
a0124132_11500954.jpg
合わせて。バルサミックサラダのハーフサイズをオーダーです。。お値段は、9ドルです。オリーブオイル系のドレッショングもイケます。野菜がすべて新鮮です。黄色くなった葉なんかまったくないです。

そうなんです。このレストランはビールも料理も価格がリーズナブルな上に、量も多く、そして美味しいとくれば、黙っていても繁盛店となりますね。地ビールの種類も相当ありますので、そちらも魅力的かもしれません。ハンバーガーもいいけど、ピザもいかがですか。ご参考までに。(2017年6月3日)


by sekkaku | 2017-06-27 11:00 | ハワイ | Comments(0)

カイルア・コナの街を散策し、そしてローカルビールと大評判のピザを食べます!

a0124132_09193780.jpg
街のランドマークであるアイカウア教会です。ミサをしておりましたので、内には入れません。ちらりと覗いた感じでは、シンプルな教会でした。
a0124132_09184738.jpg
そしてフリヘエ宮殿。カメハメハ大王に関する資料があるそうです。入場料が10ドルにビックリ。外から見ただけです。
a0124132_09241660.jpg
海岸線に回れば、目に染みる青い海です。
a0124132_09195477.jpg
そしてアフエナ・ヘイアウ。カメハメハ大王が晩年すごした家です。せっかく見に行ったですが、内部は現在見れないです。道理で誰もいない訳です。
a0124132_09202319.jpg
カイルア桟橋付近は、白浜のビーチが広がっており、賑やかな場所です。この辺で水浴びやシュノーケリンをしても楽しいと思います。
a0124132_09294389.jpg
それとわざわざシュノーケリングへ行かないでも、ウミガメが見れました。地元の方は驚いていないので、多分常時見れると思います。やはり光の加減で、午前中にいろいろと見学をした方が、海も街もより綺麗に感じますよ。次はコナ・ブリューイング・パブでローカルビールを試飲(ランチ)します。(2017年6月3日)


by sekkaku | 2017-06-26 09:39 | ハワイ | Comments(0)

シェラトン コナ リゾート & スパ アット ケアウホウ ベイでの朝食④

a0124132_14564243.jpg
ハワイ島滞在、最終日の朝食です。
ちょっとパン焼き過ぎですかね。
パン、バター、オレンジジュース、コーヒーと4日間まったく同じものを食べました。
いつものことながら、粗食だ。

夕方には飛行機に乗り込み、羽田に向かいます。
もう帰国日なんです。
バケーションとは短く感じますね。

これからカイルア・コナの街中を散策に行きます。
(2017年6月3日)

by sekkaku | 2017-06-23 15:02 | ハワイ | Comments(0)

今回の旅のハイライト、マウナケア山頂のサンセット、星空鑑賞ツアーへ出掛けます!

a0124132_10331490.jpg
この写真は、当日、満月を反射式(?)の望遠鏡で撮ったものです。

a0124132_11484244.jpg
本来、満月の写真ではなく、こんな満天の星空を納める予定でした。

のっけからクレームで申し訳ないですが、話がぜんぜん違う。情報を隠している感があるので、正確にお知らせします。

満天の星空は、新月の時にしか見れない。新月とは、日中に見える月です。月が出ていると、その明るさで、光の弱い星が見れないんです(当たり前)。

それと、ハワイ島は天気の変化が激しいところです。この時期はコナの街は午前中晴れていますが、午後は曇り空となります。もちろんマウナケアの天候は、コナとは違いますが、私が滞在していた期間で言えば、1日のみ(6月1日)晴天だったと思われます。山頂に傘雲のようなものが掛かっていることがほとんどです。

そして6月2日の夜は、何と小雨が混じる最悪の天気でした。(これは仕方ないです)

今回、頑丈な三脚や広角レンズ(15kgぐらいあります)を持ち込んで、撮影しようとしてましたが、撮影できないことは決まっていたわけです。星空が見れないでは、ツアーの参加者が減るので、情報が少ないと思います。こんな目に合わないように、きちんとお知らせしておきます。

満天の星空は、新月の時にしか見れない。

それではツアーの日程を説明します。

シャラトンホテルには、13:30ごろ、pickupです。近くのホテルの方を拾い上げてマウナケアへ向います。途中時間調整のために、クィーンズマーケットやマカダミアナッツの工場へ寄ります。私はナッツの他に、ジャム、はちみつ、ワインを購入です。ナッツ工場に関しては、ツアー会社のバックマージンって話もありますが、シェラトンに泊まると買い物のチャンスが少ないので、これには助かりました。

そして適当な時間を過ごし、車を走らせます。徐々の高い所へ向うので、山道を登っている感じはしません。
軍隊の基地が途中にあり、そちらでトイレ休憩です。風が強いし、とても寒いです。
a0124132_11025618.jpg
ここから15分ぐらい走らして、17時前には、オニヅカ・ビジター・センター(標高2800m)に到着です。空気が薄くなるので、体を慣らすことが法令で決まっているそうです。

すでに結構寒いことをお知らせします。

ここでオーロラツアーでも使ったような厚手の防寒着を貸してくれます。私の場合、下着、シャッツ、ユニクロのダウン、そして防寒着の4枚重ね状態です。
a0124132_11031214.jpg
そして早めの夕食となります。これも空気が薄くなると、消火が悪くなるからだそうです。

ツアーの場合、どこの会社も似たよなお弁当のようです。私たちは唐揚げと鯵フライの幕の内でした。日本で食べるものと遜色ないです。ただし、屋内に食べるところはないので、野外にあるテーブルで食べます。無料でお湯を頂けるようになっており、味噌汁を頂きました。

そして車で30分ぐらい、山を登り、到着です。
a0124132_10514907.jpg

まだ、サンセットには時間があります。雲海が広がってました。

a0124132_11271544.jpg
こちらはNASAの天文台です。
a0124132_11021778.jpg
日が沈んでいくと、映画で見た火星のような光景です。
a0124132_11015979.jpg
日本の光学赤外線望遠鏡「すばる」もあります。確か左端だったかな?
a0124132_11014318.jpg
そして幻想的なサンセットを迎えます。
a0124132_11315108.jpg
ここでは空気が薄いので、ゆっくり行動してください。そう自然の偉大さを感じる瞬間です。
a0124132_11335501.jpg
それにしても寒い。
a0124132_11345154.jpg
この後は、オニズカ・ビジターセンターに戻り、星空観賞となります。天文台では、観測に影響があるらしく、星空観賞はできないようです。

なんと小雨が降ってくる最悪の天気です。車で山を下りて、来るときにトイレ休憩した軍隊の基地(この辺は晴れていることが多いようです)まで戻り、ここで星空観賞です。残念ながら、薄っすら雲が掛かっているので、二等星くらいしか見れません。

星座を見ながら、ハワイが北半球にあることを再確認です。北極星や北斗七星を見たので、南半球ではないとわかります。
a0124132_11383330.jpg
こんな写真しか撮れません。(コンデジにて)もう一眼レフなんて取り出す気力がありません。そしてここでも寒~い。

30分くらい、星座の説明してもらい。ホテルへ戻ります。ホテルの到着は22:30ぐらいでした。

ツアー代金は、170ドル。満天の星空は見れませんが、満足できる内容と思います。これで新月の時かつ快晴であれば、もっと満足すると思います。ご参考までに。(2017年6月2日)






by sekkaku | 2017-06-23 12:03 | ハワイ | Comments(0)

ハワイ島の青い海、青い空をお届けします!

a0124132_14180856.jpg

シェラトン・ケアウホウ・ベイ・リゾートの目の前に広がる海
a0124132_14195961.jpg
黒砂海岸
a0124132_14204714.jpg
ハレマウマウ火口
a0124132_14220859.jpg
ヒロの街

a0124132_14231702.jpg
ケアラケクア湾
a0124132_14250437.jpg
カイルアコナ
a0124132_14260830.jpg

カハルウ・ビーチパーク
a0124132_14270154.jpg
カイルアコナ沖に停泊する客船

いずれも午前中ならいい写真がとれます。

(2017年6月2日)



by sekkaku | 2017-06-22 14:32 | ハワイ | Comments(0)

ハワイ島の定番土産を一通り買いましたので、レポートします!

a0124132_13150825.jpg
左からパッションフルーツジャム、白はちみつ、ボルケーノワイン(マカダミアナッツ)、ボルケーノワイン(赤)です。

ジャムと白はちみつは、ハマクワ・マカダミアナッツ・カンパニーで買ったものです。もちろんマカダミアナッツも買いました。いろんな種類があるので、迷いますよ。

ボルケーノワイン(マカダミアナッツ)は、クリーンズ・マーケットプレイスで買ったものです。

ボルケーノワイン(赤)は、ABCストアで買いました。

まあ、どれも高くないので、土産にはピッタリです。ジャムはプレーンヨーグルトに混ぜて食べています。ハチミツはトーストに塗って食べています。白ワインも赤ワインも食前酒と言った感じです。飲みやすいものですので、もらった方も文句は出ないと思います。
a0124132_13152271.jpg
これはやめた方がいいのは、コナコーヒーの最高級品ピーベリーです。30ドルぐらいするのですが、日本で買うと10000円とかガイドがいうから、みんなが買いました。

もちろん本物のピーベリーを購入できれば、絶対美味しいはずです。でもここ(ロイヤル・コナ・コーヒー工場)のは不味い。試飲した時もイマイチと思ったんです。水が悪いのかなんて考えましたが、そうではなかったです。ツアー会社が連れて行く所とは、そんなものでしょう。ドトールやUCCなどがやっている農園に行って、ちゃんとした物を買えば、うまいに決まってます。

なぜなら中米を旅した時、ホテルの朝食やランチのコーヒーでさえ、かなり高いレベルでした。美味しいものは、誰が飲んでも美味しいんです。土産に買ったコーヒーが美味しいのは、言うまでもありません。ご参考までに。(2017年6月2日)

by sekkaku | 2017-06-22 13:46 | ハワイ | Comments(0)

Yelpの人気レストラン100で、堂々の第一位を獲得?なんとハワイ島にあります!

a0124132_11034251.jpg
シェラトンからタクシーで10分弱ぐらい。確か15ドルぐらいだったと思います。無料のトロリーバスに乗れればいいですが、本数が少な過ぎです。

そこで開店と思われる時間を狙ってタクシーで向い、帰りはトロリーバスで戻る作戦です。場所はコナ・バリ・カイというコンドミニアムにあります。
a0124132_11024558.jpg
カイルア・コナ側のホテルの建物の一番端にあります。お店の名前は、ダ・ポキ・シャック(DA POKE SHACK)です。
a0124132_11030790.jpg
お値段は、こんな感じです。
看板には、ALWAYS FRESH ”NEVER FROZEN”とありますね。
a0124132_11042456.jpg
私がオーダーしたのは、ポキボウル、14.5ドルです。2種類の味付けが違うマグロと1種類のサイドメニュー(枝豆)です。
a0124132_11040970.jpg
パートナーが注文したのは、同じポキボウルですが、マグロの味付けが違うのと、サイドが甘い味付けのイカです。

ポキ(ハワイ語で、ポケ)は、簡単に言えば、マグロ丼です。ただし日本のような醬油味ではなく、いろいろあるんです。そして最大の特徴は冷凍のマグロを使わない(ALWAYS FRESH ”NEVER FROZEN”)ことのようです。マグロは黄肌かメバチのようです。

訪問した人が困らないように、注文方法(含むメニュー)を解説します。

1.まずサイズを以下の3つから選択します。お米の量の選択です。丸いおにぎりのようなものが、何個かということです。私が選んだポキボウルでは、1個となります。女性なら1個で十分と思います。

Poke Bowl(ポケボウル)、Poke Plate(ポケプレート)、Poke Pound(ポケパウンド)

2.この時に、玄米(brown rice)か白米(white riceかの選択も必要です。私は白米を選択です。お米も美味しいですよ。

3.そして次はメインの選択です。実はマグロ以外もありますが、やっぱマグロでしょう。

Sesame oil & Seed(ごま油&シード)、Shack Special(シャックスペシャル)、Soy sauce(醤油)、Miso Honey base(味噌はちみつベース)、Special of the day(その日のスペシャル)などから、ショーケースを見て、勘で選択です。

4.最後がサイドメニューです。
Garlic Edamame(ガーリック枝豆)、Kim Chee Cucumber(キュウリキムチ)、蛸、烏賊などから、見て、勘で選択です。

日本のメディアでも紹介されているし、たくさんの人が訪れている人気店です。インスタにもたくさん写真が上っています。味は普通に美味しい。日本人に言わせれば、こんな創作マグロ丼も有って感じです。ちなみにトリップアドバイザーの順位では、カイルア・コナにあるレストラン197軒中3位です。

一つどうしてもお伝えしたい、とっておき情報は、日本からワサビを持参してください。スーパーの刺身についているものでOKです。山葵をつけると、3倍くらい美味しくなります。ご参考までに。(2017年6月3日)


ダ・ポキ・シャック(DA POKE SHACK)のtripadvisorでの評価を見る

by sekkaku | 2017-06-21 12:08 | ハワイ | Comments(0)