ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:エルサルバトル( 8 )

中米の旅で押えておきたいこと・・・

a0124132_10130584.jpg
テロに巻き込まれることを避けて、イスラム圏やヨーロッパ方面の旅は現状敬遠されている。その代案のようにコーカサス地方や旧ユーゴスラビア諸国、そして中米へのツアーが増えている。そこで中米への旅で押さえておきたい旅の気構えがあります。気構えですので、特に対策はありません。頭の隅に入れて置けば、とっさの判断に役に立つと思います。

まずハリケーンの災害が凄まじいことです。日本にくる大型台風の数倍のエネルギーを持ったものが、インフラの整っていない国々を襲うので、その被害は甚大です。できればハリケーンシーズンの旅は避けるべきです。次は火山立国であることです。一部のマヤ文明の終焉は、噴火による街の消滅です。似たような規模でいつ起こっても不思議ではないです。活動中の火山を見学する時には、そんなことも起こり得ることを覚えておきたい。そして火山活動に関係する大地震(津波)です。日本のような耐震基準がしっかりしたところでも、大地震が来れば、それなりのビルでさえ倒壊します。ホテルで就寝中に起こるかもしれません。いつもは確認しない非常口ぐらい確認しておいてもいいと思います。

観光資源が豊富な国々が多いので、非常に魅力的な旅となります。ちょっと遠いこと以外に欠点はないので、行けば全員が満足する旅となります。しかし自然災害はいつ起こるか分かりませんが、起こる国々であることを覚えておいてもいいと思います。私は旅立つ前、火山の噴火情報をチェックし、その近くを通る日を頭に入れておきました。もし噴火したらどのルートをツアーバスは通るべきか、引き返すべきか等を自分なりに地図で確認しました。自然災害に合う確率は低いですが、備えあれば憂いなしです。ご参考までに。(2016年11月25日)

エルサルバドル沖でM7の地震、ハリケーン直後 一時津波注意報
by sekkaku | 2016-11-25 10:44 | エルサルバトル | Comments(0)

ゴールデン(エルサルバトル)

a0124132_1126428.jpg
こちらはエルサルバトルのビール、セルベッサゴールデン(Cerveza Golden)です。見ての通り、この薄そうな色。セルベッサはスペイン語でビールを意味します。しかしビールを飲んでいる感じがしません。期待を裏切らない超薄味です。同じ会社と思いますが、セルベッサスプレーマ(Cerveza Suprema)というビールもあるようです。こちらも飲んだ方の感想は、概ね水っぽいとなります。(2016年3月6日)
by sekkaku | 2016-04-27 11:42 | エルサルバトル | Comments(0)

LOVER’S STEAK HOUSEでの昼食(サンタ・アナ)

a0124132_14255781.jpg
数日前にステーキを食べたと思うのですが、本日もステーキのようです。ネットを見るとエビ料理の方が有名です。確かに他のお客は見るからに派手な海老料理をオーダーしている方が多かったです。
a0124132_14275523.jpg
サンタ・アナと言う街がどの程度の規模か分かりませんが、外観からして旨そうなレストランと想像できます。
a0124132_14293191.jpg
まずビールで乾杯です。
a0124132_14301321.jpg
コンソメスープのみで出しません。柑橘系と添えてあります。好き嫌いはありますが、一味変わります。多分暑い国用のスープに変化すると思います。
a0124132_14313157.jpg
サラダにも、サウザンドドレッシングが掛かっています。
a0124132_14331355.jpg
個人的には、このタレは好きではありませんが、ベーコンが巻いてあるお肉はとても美味しいです。流石ステーキハウス!
a0124132_14342827.jpg
デザートはフルーツの盛り合わせです。料理の美味しい店は、カットフルーツを出すのでさえ、手抜きはないです。厚めにカットしてグラスにいるだけですが、見た目が美味しそうになります。
a0124132_14365564.jpg
ちょっと薄めのコーヒーですが、味はイケます。こんな調子で食べていると絶対太ると思う。(2016年3月6日)

トリップアドバイザーへ飛ぶ
by sekkaku | 2016-04-22 09:19 | エルサルバトル | Comments(0)

2番目に行くマヤ遺跡はサン・アンドレス遺跡です!

a0124132_884034.jpg
とてもラッキーな日のようです。サン・アンドレス遺跡ではマヤの習慣を受け継いでいくため、マヤの末裔たちが昔と同じやり方で火を起こし、何らかの儀式を行っていました。そして彼らに近づかないように言われました。
a0124132_8173173.jpg
サン・アンドレス遺跡の入り口にある小さな博物館から見学します。
a0124132_819492.jpg
こちらは公園のようになっているそうです。1時間もあれば見学が完了する小さな遺跡です。
a0124132_820287.jpg
入口から少し歩くと小高い丘のようなものが見てきます。
a0124132_8251359.jpg
通常、石碑にマヤ文字が掛かれており、その解読により遺跡を研究しています。しかし石碑(ステラ)に文字がないそうです。
a0124132_827233.jpg
マヤ遺跡の特徴の一つが、前の王の遺跡を覆いかぶせる形で次の王が遺跡を作ります。地下へ続く(前の遺跡への)階段が見えています。

a0124132_8421350.jpg
本日も気温34℃前後でした。木々の下に隠れる所が少ないので、帽子等をかぶることをオススメします。雲がゆっくり流れる様子を見ていると、この景色がマヤの古典期と同じように思えて、不思議な感覚を覚えます。(2016年3月6日)
by sekkaku | 2016-04-21 08:52 | エルサルバトル | Comments(0)

中米のポンペイとも呼ばれるホヤ・デ・セレン遺跡を見学です(エルサルバトル)

a0124132_14215869.jpg
640年のロマ・カルデーラ山の噴火によって村全体が火山灰に埋もれたホヤ・デ・セレン遺跡(セレン家の宝との意味)。イタリアのポンペイと同じく、当時の保存されたもので、歴史的価値が高く評価され1993年に世界遺産に登録されています。
a0124132_14374418.jpg
ホヤ・デ・セレンと書かれています。
a0124132_1438819.jpg
入口近くにある博物館で全体像を確認します。炭化したトウモロコシや豆類、土器、そして屋根裏に隠れたネズミの骨なんかが展示されています。火山灰の温度が100~500℃ぐらいと低いため、保存状態がいいらしいです。
a0124132_1434091.jpg
なぜかエリア3から見学します。
a0124132_14382879.jpg
何層にも土壌断面がなっているので、何度も火山灰が降った証拠らしいです。
a0124132_1438442.jpg
確認された17の建物の内、10について解明が進んでいるようです。
a0124132_1439270.jpg
雨風で遺跡が傷むので、屋根を付けて保存しています。
a0124132_14454261.jpg
パターン化した作りになっているそうです。キッチンとベットルームの組み合わせのようです。そして貯蔵庫や集会所との説明を受けました。
a0124132_14461673.jpg
残念ながらスペイン語の説明パネルです。一部英語もあります。
a0124132_1453412.jpg
共同キッチンだったと思います。
a0124132_145412.jpg
こちらは祈祷師(シャーマン)の家だったような。格子のようなところを通して祈祷師と会話をしたそうです。
a0124132_14552039.jpg
テマスカル:蒸し風呂(サウナ)の模型です。
a0124132_1525755.jpg
内部は真っ暗です。10名ぐらいしか入れないと思います。

遺跡は6m前後の灰に埋もれていたそうです。偶然工事現場から発見されたなんて、ミステリアスでいい話ですね。噴火が分かっていたようで、ポンペイのように逃げ遅れて灰になった人間はいないそうです。(2016年3月6日)
by sekkaku | 2016-04-20 15:12 | エルサルバトル | Comments(0)

ホリディ・イン(サンサルバトル)での朝食

a0124132_9165278.jpg
中米に来たので、やはり伝統料理には興味が沸きます。
a0124132_9181190.jpg
誰も手を付けていません。私が初めてこの料理を取ったことになります。
a0124132_919129.jpg
簡単に言えば、甘くない小豆のようなものです。
a0124132_9194423.jpg
違いはよくわかりません。お米でも入っているんでしょうか?フリフォーレス(フリホレス)と書いてあります。こちらはインゲン豆のことです。
a0124132_9205097.jpg
伝統料理は味見をしただけです。もったいないことをして大変申し訳ありません。

さすがこのクラスのホテルであれば、ヨーグルトは有りますね。いつものコンチネンタルにカットフルーツを入れたヨーグルトがあれば、大満足な朝食となります。(2016年3月6日)
by sekkaku | 2016-04-20 09:29 | エルサルバトル | Comments(0)

ホリディ・イン(サンサルバトル)

a0124132_894882.jpg
本日から一泊の予定でエルサルバトルの首都にあるホリディ・インに宿泊します。外観を見るだけで、このランク以上のホテルに泊まりたいと思います。ヒルトンやシェラトンなんてわがままは言いません。
a0124132_813716.jpg
ロビーは最上階まで吹き抜けになっています。
a0124132_8135368.jpg
お部屋はアーバンチックなデザインです。こんないいホテルなのに冷蔵庫はなぜかありません。
a0124132_8145791.jpg
LGの液晶テレビです。什器は高級感を醸し出す茶色ですね。
a0124132_8153450.jpg
最低限のアメニティ―も付いています。ティッシュもありますね。
a0124132_81687.jpg
トイレはウォシュレットではないです。今の所一軒付いていません。
a0124132_817952.jpg
お湯の量が物凄いです。バシャバシャと出ます。これは気持ちいいです。ということでもちろんオススメします。一泊10万とかのホテルにツアー旅行で泊まるわけはないです。でもホリディ・インクラスに泊まれれば、ツアー客のほとんどが満足すると思います。このクラスがない地方都市を除けば、なんとかやりくりをして設定してほしいものだ。(2016年3月5日)

Holiday Inn San Salvador
住所:Urb. Y Blvd Santa Elena San Salvador SS El Salvador
電話:+ 503-2500-6000
by sekkaku | 2016-04-20 08:26 | エルサルバトル | Comments(1)

ピルセネール(エルサルバトル)

a0124132_21314619.jpg
このシャープなエッジの効いたデザインからは想像ができないくらいマズイ。薄いにも程がある。こんなビールで金が取れるんだ。エルサルバトルのビール、ピルセネール(Pilsener)です。今の所、中米のビールはすべてダメかもしれない。どれもこれも薄いです。水の方が味があるような気がする。(2016年3月5日)
by sekkaku | 2016-04-19 21:52 | エルサルバトル | Comments(0)