ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:グアテマラ( 27 )

ペテンでの朝食(フローレス)

a0124132_10262452.jpg
旅行16日目の朝です。ホテルペテンでの朝食には自由度がないようです。宿泊者全員がセットメニューでした。昨日のスクランブルエッグからオムレツに変っていますが、シンプル過ぎです。トーストも1枚では少ないのではないでしょうか。(個人的には十分です。)ヨーグルトについては添乗員さんが昨日スーパーで買った物を出してくれました。(感謝)閑散期なのか観光地の老舗ホテルってプライドがこの朝食にはないです。
a0124132_10293035.jpg
それとカットフルーツです。これからベリーズのシュナントゥニッチ遺跡とサン・イグナシオ遺跡へ向います。(2016年3月11日)
by sekkaku | 2016-05-12 10:40 | グアテマラ | Comments(0)

へとへとですので、ホテルでの食事はありがたい(フローレス)

a0124132_913186.jpg
1日じゅう、ティカル遺跡を歩いていました。万歩計によると17000歩を指しています。それと乾季と言えど、中米全般で湿度が高く、そして30℃を楽々超えている暑さ。へとへとでホテルに戻りました。まずガーリックトーストとシーフードスープです。パサパサのパンなんて食べたくない。
a0124132_9161382.jpg
そしてお決まりのビールえ乾杯。旨過ぎる。
a0124132_9165491.jpg
昨日飲んだバナナジュースも再オーダーです。
a0124132_9175032.jpg
本日のメインは、開いたホッケのような魚です。正確に言えば、ペテンニャスプレンディダ湖の魚のグリルです。塩気の薄いタラのグリルってところです。
a0124132_920263.jpg
デザートはアイスクリームです。
a0124132_920319.jpg
そして鉄板のコーヒーです。明日は最終の訪問国ベリーズを目指します。(2016年3月10日)
by sekkaku | 2016-05-12 09:24 | グアテマラ | Comments(0)

ティカル遺跡(後編)

a0124132_95504.jpg
ここから今回のツアーの素晴らしい所と思います。なぜなら午前中に見学した1号~5号神殿、コウモリ宮殿、失われた世界、7つの神殿広場、北アクロポリス、南アクロポリス等はお決まりのコースで、これを見て皆さん満足して帰ります。もちろん十分満足しています。以前にグアテマラへ来た方もここまでは見たと言ってました。
a0124132_1004067.jpg
それを6号神殿を目指して歩いています。気温は少し和らぎましたが、多分30℃ぐらいです。また汗が噴き出してきます。
a0124132_1025358.jpg
30分ぐらい無言(疲れたあ~)で歩くと6号神殿に到着です。神殿の後ろから見た写真です。1号神殿や2号神殿のような華やかさはありません。
a0124132_1093686.jpg
神殿上部の飾り屋根にマヤ文字が刻まれており、「碑銘の神殿」と呼ばれます。
a0124132_1011275.jpg
グループGの遺跡群へ向います。
a0124132_10181683.jpg
6号神殿からは然程遠くありません。15分ぐらい歩くと入り口らしいものが見てきます。
a0124132_10201945.jpg
マヤアーチから中にも入れます。
a0124132_10211857.jpg
ほとんど人影はありません。芝生が植えられており、静かな時間だけが流れています。
a0124132_10231536.jpg
この辺の方が遺跡らしいのかもしれません。この静寂ってティカル遺跡の謎を演出します。
a0124132_1027096.jpg
こんな穴を見ても写真に収めてしまいます。不思議なものです。
a0124132_1033482.jpg
これでティカル遺跡の観光は終了です。実は最近発掘された所が2か所ぐらいあります。残念ながら体力的に時間的にそこへ行けませんでした。次の旅の宿題とします。

最後にステラに刻まれた889年を最後にティカルの歴史は途絶えています。なぜ滅んだかいまだに謎です。考古学ファンでなくても、この遺跡には、人々をひき付ける何かがあるんだと思います。相当疲れましたが、満足感いっぱいの忘れない一日となりました。是非訪れてほしいと思います。(2016年3月10日)

グループGの詳しい説明へ
by sekkaku | 2016-05-11 10:54 | グアテマラ | Comments(0)

EL MESON DE TIKALでのランチ(グアテマラ)

a0124132_14575327.jpg
本日の昼食はティカル遺跡内にあるEL MESON DE TIKALでのランチとなります。このレストランとビジターセンターでの軽食しか食べるところはないと思います。通常ビールで乾杯となるのですが、午後も歩くようなのでジュースにしてみました。甘さが体に浸みます。その後はジュースが汗となり、吹き出します。
a0124132_1505165.jpg
トルティージャがやはり出てきます。日本人の間では人気がないですね。
a0124132_1522377.jpg
味がはっきりしない野菜スープ。香草もちらちらと目に付きます。それでも私は好きです。
a0124132_1532540.jpg
メインはベジタリアンケバブをオーダーです。料理の問題ではなく、食欲の問題です。疲れていて何を食べているか分かりません。その他にはビーフ、チキンの選択肢もあります。
a0124132_1575162.jpg
デザートは焼きバナナです。これはそろそろいいでしょう。
a0124132_158311.jpg
カップはイマイチですが、コーヒーだけは裏切らないです。食後遺跡観光から脱落するメンバーもいましたが、意地になって全てを見ます。(2016年3月10日)

トリップアドバイザーへ飛ぶ
by sekkaku | 2016-05-10 15:14 | グアテマラ | Comments(0)

マヤ最大のティカル遺跡をついに見学します(グアテマラ)

a0124132_9171488.jpg
ティカル遺跡はグアテマラ北部にあるマヤ最大の遺跡です。フローレスから約1時間でティカル国立公園の入り口に到着です。マヤアーチの形状をしていますね。
a0124132_922919.jpg
入口からビジターセンターまで車で15kmもあります。ビジターセンターでまず模型を使って、本日の見学ルートを確認します。ちなみに見学できる遺跡は16㎢もあるそうです。
a0124132_9252465.jpg
日本のODAで作られたCCIT(ティカル文化遺産保存研究センター)内にある土器博物館でヒスイや土器などを見学します。
a0124132_9273076.jpg
写真はNGです。
a0124132_9282856.jpg
朝から暑いです。気温は34℃を指しています。
a0124132_9303637.jpg
天界と地上界を結ぶ木だそうです。神殿でも同じ説明を受けます。そしてセイバはグアテマラの国木と聞きました。
a0124132_9342356.jpg
最初に見学したのは、コンプレックスQです。コンプレックスとは、4つの建造物である向かい合った二つのピラミッド、ステラ(石碑)、アルター(祭壇)を囲むマヤアーチのある囲いとなります。
a0124132_941590.jpg
ピラミッドには登れるので、ツアーのメンバー全員が登頂です。眺めはこんな感じになります。
a0124132_9432035.jpg
マヤアーチで囲まれた住居跡です。
a0124132_9444323.jpg
小高い丘のようなところは、遺跡が眠っているところです。下手に掘り出すと遺跡が傷むからだそうです。発掘の計画さえないそうです。
a0124132_9462647.jpg
森林の中は、気温が2℃ぐらい下がりますが、すでにベロベロ状態です。
a0124132_9515665.jpg
4号神殿に昇ります。以前はこんな木の階段はなく、正面から石段を直接登ったそうです。高さは67mです。
a0124132_9524932.jpg
高所恐怖症の私にはかなり怖い所です。30名ぐらい座って見学していますが、前方に柵はありません
a0124132_101298.jpg
ここから見えるのは、1(中央)、2(左)、3(右)、5号神殿となります。
a0124132_10621100.jpg
さっさと降りて地上へ向います。
a0124132_1095190.jpg
木々に覆われたコウモリ宮殿です。
a0124132_10123241.jpg
こちらは美しい芝生に覆われた「失われた世界」と呼ばれる所です。メキシコのティオイワカンの影響を受けたピラミッドは登ることができます。高さ30mだそうです。
a0124132_10155731.jpg
1、2、3、4号神殿が樹海に浮かぶのですが、こちらもかなり怖いです。
a0124132_10175254.jpg
3号神殿も見えます。
a0124132_10214340.jpg
7つの神殿広場を見学する前に、模型を使って説明します。この説明を受けた後は、全体像が分かるので、個々の説明が耳に入ってきます。
a0124132_10231975.jpg
説明を忘れましたが、宮殿の数(確か9個?)がきちんとした意味を持っています。
a0124132_1028295.jpg
3つある球技場です。模型の写真では手前側です。
a0124132_10311897.jpg
7つの神殿広場の裏手です。
a0124132_10321135.jpg
ティカルで2番目に高い5号神殿です。
a0124132_10351290.jpg
そして2号神殿に登頂です。
a0124132_10362344.jpg
2号神殿から眺めるグレート・プラザです。
a0124132_1122838.jpg
グレートプラザから2号神殿を見上げるとこんな感じです。
a0124132_10375781.jpg
別名「ジャガーの神殿」と呼ばれる1号神殿です。高さは51mです。ハサウ・チャン・カウィル王を埋葬する神殿として作られた。9層の基壇と3つの部屋からなるそうです。残念ながら1号神殿の登頂はできません。
a0124132_1046191.jpg
地上に降りて1号神殿を見るとこんな感じになります。
a0124132_10491518.jpg
北アクロポリスへ向います。
a0124132_10512933.jpg
建造物の下には古い時代の遺構が折り重なっているそうです。

ここまでで午前部は終了です。遺跡内のレストランでランチとなります。正直に言えばもう歩きたくないですが、午後もティカル遺跡を見学します。(2016年3月10日)
by sekkaku | 2016-05-10 11:00 | グアテマラ | Comments(0)

ペテンでの朝食(フローレス)

a0124132_1055763.jpg
こちらのホテルもセットメニューとなっています。玉子料理が嫌いなわけではありませんが、スクランブルエッグは旅先で食べることは稀です。そしてバナナとチーズです。カットフルーツはメロン、マンゴー、スイカ、パイナップルです。もちろんとても美味しいです。ただ、朝食の4種の神器の一つ、ヨーグルトがありません。スーパーで買って来るしかないですね。それとオレンジジューズではなく、マンゴージュースってところが中米らしいですね。これを食べたらティカル遺跡へ向います。(2016年3月10日)
by sekkaku | 2016-05-07 11:03 | グアテマラ | Comments(0)

ペテンでの夕食(フローレス)

a0124132_853160.jpg
本日は宿泊しているペテンでのディナーとなります。なぜかイタリアンメニューです。メインはボロネーゼでした。麺が伸びきっている。
a0124132_855460.jpg
カルポナーラです。麺がくっ付いている。やはり中米料理の方が無難です。旅行会社はバリエーションを付けようとしているのは分かります。と言っても中華や日本食はないのかもしれません。
a0124132_856311.jpg
バナナジュースはとても美味です。パイナップルとかも本当に美味しいです。これはオススメです。
a0124132_8563791.jpg
そしてお決まりのビールで乾杯です。昨日も飲みましたが、ビールと呼べない軽さです。水より軽いかもしれません。
a0124132_8571916.jpg
やさしい味の野菜スープです。数日前にも食べたような気がしますが、私は好きです。疲れた体や胃を休めるような感じがあります。
a0124132_858717.jpg
なぜか炭水化物も出てきます。(ガーリックトーストです)
a0124132_858507.jpg
デザートはアイスクリームにしてみました。カットフルーツも選択できます。
a0124132_8593747.jpg
そしてグアテマラコーヒーです。薄い茶色の飲み物ってことは絶対ないですね。その地の独特なコーヒーの風味がします。濃すぎる訳でもありません。
a0124132_8595989.jpg
エスプレッソにしてもやはり美味しいです。味に深みがあります。明日は旅のハイライト、ティカル遺跡観光となります。(2016年3月9日)
by sekkaku | 2016-05-07 09:10 | グアテマラ | Comments(0)

ペテン(フローレス)

a0124132_9584868.jpg
本日から2泊の予定でフローレスにあるペテンに宿泊します。ペテン・イツァ湖に浮かぶフローレス島とその対岸のサンタ・エレーナ地区に多くのホテルがあります。ペテンはフローレス島側にあります。
a0124132_1024888.jpg
フローレス島には1本の橋(半分以上埋め立てをした道路)で渡るようになっています。なぜか本日(2016/3/9)よりその橋を大型バスは通れないとの話です。ホテルが用意したミニバスへ乗り換えてフローレス島へ向います。
a0124132_1053977.jpg
ベットメイキングでこんな可愛いことをしています。
a0124132_1061510.jpg
お部屋はかなり狭く、スーツケースを広げるスペースがありません。そしてファブリックが湿気ている。このホテルで一日じゅうエアコンを掛けて洗濯物を干してもまったく乾きません。
a0124132_1074528.jpg
壁にLGの液晶テレビが掛かっています。こんな広さのため、冷蔵庫なんてありません。備え付けのティッシュもありません。
a0124132_1085417.jpg
トイレもビジネスホテルのユニットバスのように狭いです。
a0124132_10102317.jpg
お湯が出たことだけでもいいとしましょう。サイトを見る高級ホテルと安ホテルに二分される地域のようです。一泊一万前後のツアー向きのホテルが少ないようです。それと正面は狭く、奥に長い構造です。それで圧迫感があり、イイ印象とはなりません。ガイドブックには、老舗ホテルで、プールやレストランがあり、便利となっています。でも大人の日本人ならプールは使えない(使わない)ことを申し上げておきます。(2016年3月9日~10日)

Hotel Petén
住所:Calle 30 de Junio Flores Peten 01010 Guatemala
電話:+502-7867-5203
by sekkaku | 2016-05-06 10:24 | グアテマラ | Comments(0)

RANCHON MARYでの昼食(グアテマラ)

a0124132_9241468.jpg
本日はグアテマラのカリブ海側を通って、フローレンスへ向っています。ヨットなんかが停泊しているのを見るとリゾート地であると想像できます。メインは、タパーダ(Tapada)と呼ばれる伝統料理です。
a0124132_9372651.jpg
大きな魚が一匹入っています。日本で言えば、鯛の仲間と思われます。そしてその魚とプラタノ(バナナ)をココナツ・ミルクで煮込んだガリフナ料理で海鮮シチューのようなコクのあるスープ料理です。スープのグ具材には海老やカニも使われています。味覚が合うかより、その量に圧倒されます。
a0124132_941711.jpg
そしてお決まりのトルティーヤ(Tortillas)です。どこの店でも冷めないように、布巾などで保温しています。
a0124132_9431254.jpg
そして忘れてました。ビールで乾杯です。
a0124132_9494247.jpg
ご飯をやはり食べる国なんです。
a0124132_95020100.jpg
カットフルーツの出し方に特徴がありますね。薄く切って写真の様に並べます。
a0124132_951913.jpg
そしてグアテマラコーヒーです。間違いないです。
a0124132_9515845.jpg
乾季の閑散期なのか、それとも商売がうまく行っていないのか、ひとけがないです。写真を見れば分かりますが、設備もへたっています。この辺に丁度いい(コスト、味、雰囲気、15名ぐらいの受け入れ可とか)レストランがないのかもしれません。もし旅行会社の方がこのブログを見ていたら、ここは入れ替えした方がいいと思います。それはあくまでも雰囲気の問題です。料理はどこで食べても、同じと思います。(2016年3月9日)

トリップアドバイザー:Restaurante Ranchon Mary

グアテマラ観光情報局へ飛ぶ
by sekkaku | 2016-05-05 10:01 | グアテマラ | Comments(0)

第18代ウサギ王を破った衛星都市キリグア(グアテマラ)

a0124132_17182969.jpg
コパン遺跡から直線で50km北にあるキリグア遺跡。コパンの衛星都市だったとされるが、738年にはそのコパンから独立を勝ち取り、わずか100年足らずで歴史から姿を消しました。
a0124132_17224227.jpg
小さな博物館から見学をスタートします。
a0124132_17243743.jpg
コパンやティカルと比べると小さな遺跡なので、2時間もあればすべてを見学できるようです。
a0124132_1726564.jpg
ステラAです。
a0124132_17271074.jpg
ステラCです。
a0124132_17275847.jpg
ステラE(?)です。マヤで最大の高さ10.6mを誇ります。コパンとの戦争に勝利したカウアク・スカイ王(嵐の空王)とその戦いの様子が刻まれているそうです。
a0124132_17301589.jpg
祭壇Gです。
a0124132_1732269.jpg
グレート・プラザは全体的に洋芝に近い芝(雑草?)で覆い尽くされています。日陰になるところがないので、蒸し暑くて仕方ないです。気温は34℃を指しています。
a0124132_1738320.jpg
グレート・プラザの南側(入り口から見て一番奥)にはアクロポリスがあります。
a0124132_17433878.jpg
アクロポリスの神殿からの眺めです。
a0124132_17444987.jpg
キリグア遺跡の独特な特徴が、この獣型祭壇となります。岩肌に亀やジャガー、そしてマヤ文字が刻みこまれています。
a0124132_17491629.jpg
添乗員さんが祭壇Pに刻まれたマヤ文字を説明しています。そして石碑(ステラ)の中には、世紀末予言を記した「2012年にこの世の終焉がくる」と書かれた物もあります。1981年には世界遺産の登録されていますが、謎多きキリグア遺跡、特にコパンを打ち破った訳なんてまったく記されていません。ご自身の目で見て、想像するしかないかもしれません。(2016年3月9日)
by sekkaku | 2016-05-04 18:02 | グアテマラ | Comments(0)