ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:パラオ( 28 )

パラオではエルニーニョ現象による過去最悪の干ばつが発生・・・

a0124132_1494773.jpg
テロや紛争だけでなく、自然災害もまた旅の障害となる。パラオ、コロール島で断水に陥る可能性があります。こんな時はのこのことパラオへ旅するのは控えよう。パラオが呼んでいる時に向かうべきだ。先日も天皇陛下が慰霊の旅でパラオへ行ったばかりです。日本政府にはいち早い対応をお願いしたい。(2016年4月5日)

afpbbnews:太平洋の島国パラオ、完全断水の危機 日本と台湾に支援要請
by sekkaku | 2016-04-05 14:17 | パラオ | Comments(0)

目に焼き付けたい空、海の青色(パラオ)

a0124132_16595127.jpg
パラオ・パシフックリゾートのビーチから空を眺めると、真っ青な空です。
a0124132_1721292.jpg
空から見たダイビングスポット、ビックドロップオフの海も青い。
a0124132_1732020.jpg
ナチュラルアーチ付近も真っ青だ。
a0124132_1745084.jpg
ジャーマンチャンネルも青い水路だ。
a0124132_1753195.jpg
ジャーマンドロップオフの海も真っ青だ。
a0124132_17637.jpg
ロングビートの空も青い。
a0124132_1763787.jpg
ミルキーウェイの海も青い。
a0124132_17722.jpg
青の洞窟ではオールまでもが青い。
a0124132_1772896.jpg
そしてセブンティアイランズも眩い青だ。パーソナルカラーを青と思う私には、パラオの青の景色は実に心地よい。(2015年6月2日)
by sekkaku | 2015-06-02 17:17 | パラオ | Comments(0)

旅の総括(パラオ)

a0124132_1062036.jpg
1.旅行先:パラオ
2.旅行会社:デルタ航空直行便利用!初めてのパラオ5日間(パラオパシフィックリゾート)
3.旅行期間:2015年5月2日~5月6日
4.旅行予算:総額¥406.210-
ツアー料金:¥330.000- 
空港利用税及び燃油サーチャージ:¥8.610- 
SPA:US$85 
セスナ遊覧飛行(30分):US$180 
アイランドシーカヤックツアー:US$65 
ジェリーフィッシュ許可書:US$100 
出国・環境税:US$50 
食事、お土産など:約¥10.000-

5.見学先
①ロングビーチ
②ミルキーウェイ
③ジャーマンチャンネル
④ジェリーフィッシュレイク・・・☆☆☆
⑤ビックドロップオフでのシュノーケリング・・・☆☆☆
⑥エピソン博物館
⑦国際珊瑚礁センター
⑧格納庫
⑨ゼロ戦
⑩ゼロ式水上三座偵察機
⑪オラケルビトグラフ
⑫巨大白壁
⑬青の洞窟

6.レストランとカフェ
パームベイビストロ
SUSHI BAR 美登・・・☆
ココナッツテラス

7.持参して良かったもの
①日焼け止め・・・日本の紫外線量の7~8倍あるそうです。マストですね。
②ラッシュガード・・・速乾性の上着です。現地でも買えますが、主に紫外線対策のためマスト。本来はシュノーケリング時の擦り傷などのケガ防止用です。

8.旅行の注意点
①デルタ航空を利用した場合、パラオ空港着が25時過ぎとなります。審査カウンターが少ないので入国審査も時間が掛かります。その上、他のエラーラインの到着を待ってホテルへ移動となります。チェックイン後シャワーを浴びると床につくのが朝の4時過ぎとなります。翌日は朝8:30ロビー集合でフルスケジュールとなります。体調管理に気をつけてください。個人旅行であれば、翌日の午前中は予定無でもいいと思います。
②美登寿司よりパラオパシフィックリゾートまでのタクシー代は、US$8でした。ご参考までに。
③パラオにタバコの持ち込みは、お一人20本(1カートン)までです。

9.追記
実質3日の滞在日数ですが、盛り沢山のスケジュールでも疲れを感じず、とても楽しい旅となりました。これでダイビングでもできると帰りたくないなんてなりそうです。何せ海、空の青色が眩しい。これってストレス発散に最高なんだと思います。そして言葉にはそれ程苦労しない方ですが、これだけ親日で日本語が通じるホテル、ツアー会社、なるほど日本人旅行者が多い訳です。難を言えば、かなり旅行代金やその他の料金(ロックアイランドの許可証)などがお高いと思います。それでも今回の旅で初めてシュノーケリングの楽しさも分かりました。つまりパラオの旅は大満足することを保証します。以上
by sekkaku | 2015-05-29 10:10 | パラオ | Comments(0)

機内食(デルタ航空:DL-298便)

a0124132_16572087.jpg
パラオ空港→成田空港、デルタ航空:DL-298便、エコノミークラスの機内食です。定刻が朝の4:30の便ですので、ランチボックスのようなものです。サンドイッチとかなり大きなクッキー、そしてスイートポテト、カットフルーツの組み合わせです。この時間ではまったく食欲はありません。手を付けずに、眠りにつきました。(2015年5月6日)
by sekkaku | 2015-05-28 17:02 | パラオ | Comments(0)

パラオ最後のディナーは、パシフィックリゾート内のココナッツテラスで頂きます!

a0124132_18275096.jpg
まずレッド・ルースター黒で乾杯です。実はレッド・ルースターアンバーの在庫がないそうです。そんなことがリゾートホテルでもあるんですね。
a0124132_18312388.jpg
お好きな物を好きなだけと言っても、シーフード系が中心でしょうか。
a0124132_18325968.jpg
こちらもシーフード系のスープです。白身の魚以外にもエビ、イカ、アサリ(多分?)などが盛りだくさんです。いいダシが出ています。
a0124132_18331645.jpg
やはり生野菜も食べて置かないと。生ハムメロンやサーモンなんかもあります。味はご想像の通りです。
a0124132_18335972.jpg
スイカもあるんですね。万国共通の味です。
a0124132_18341215.jpg
デザートもいろいろ取りましたが、相対的に甘くないです。これから夜遊びに行けるぐらい時間はあるのですが、燃料切れですね。4時間ぐらい睡眠を取り、空港へ向います。(2015年5月5日)
by sekkaku | 2015-05-27 18:44 | パラオ | Comments(0)

まだまだ遊び倒します。午後はカヤックツアーへ出掛けます!

a0124132_10214229.jpg
明日の朝便で日本へ戻ります。ホテルは出発まで使えますので、いろいろなアクティビティーにギリギリまで参加できます。勿論まだ荷造りもしていません。午前中はセスナの遊覧飛行へ出掛け、ランチも取らずに午後はカヤックツアーへ行きます。パラオの大自然を気軽に楽しめるツアーです。
a0124132_10254135.jpg
カヤックツアーで巡るポイントを説明しています。そしてパドルの使い方を聞いて出発です。
a0124132_10263372.jpg
ニューKBブリッジの下へ通り、ポイントへ向います。
a0124132_10284883.jpg
日本軍の戦闘機の残骸(ゼロ式水上三座偵察機)が沈んでいます。
a0124132_1029176.jpg
ほぼ原形を留めています。
a0124132_10293612.jpg
水中で撮るとこのように見えます。
a0124132_1030820.jpg
古代の壁画が残されています。写真では分かりにくいですが、茶色で書かれた所です。
a0124132_10303428.jpg
そして青の洞窟を見学です。
a0124132_10305377.jpg
カプリ島の青の洞窟を見たことがないので、比較できませんが、なにやら神秘めいています。
a0124132_10311953.jpg
カヤックが海の上に飛んでいるようにも見えます。白いパドルが青く見える様はなんとも言えません。
a0124132_1031396.jpg
水中で撮影すると、コバルトブルーとなります。
a0124132_10321036.jpg
最後は20分ぐらいシュノーケリングをします。流石に魚影は薄いですが、サンゴや熱帯の魚を見るのは何度見ても楽しいです。
a0124132_10323644.jpg
この日の午後は潮が引いており、全体的に浅瀬となっていました。カヤックから降りて、引く場面もありました。アドバイスとしてはカヤックって意外とコントロールが難しいことと、体力も必要です。思う方向には進んでくれません。直ぐに何かに激突してしまいます。それはさて置き、何だか楽しい時間が過ぎて行きます。このツアーもオススメします。ツアー代金はUS$65です。(2015年5月5日)
by sekkaku | 2015-05-26 10:59 | パラオ | Comments(0)

パラオのシンボル的なこの景色はセスナの遊覧飛行でしか見れません!

a0124132_17562238.jpg
飛行場はパラオ国際空港を使います。昼間の到着便はないらしく、人影がありません。ロビー横手から簡単に滑走路に入り、本日機上するセスナへ近づきます。
a0124132_17594490.jpg
ライフジャケットの説明をし、記念撮影をして、いきなり飛び立ちます。セスナはパイロットを入れて4人乗りです。席の良い悪いがあるのでご教授します。パイロットとは違う側、つまり進行方向に対して、右側がいい席です。なぜなら右側はドアを外して、写真が撮り易いようにします。セスナの旋回も、右側が中心となります。
a0124132_1884533.jpg
もう滑走路を走っています。空の上では、時速500kmぐらいで、高さは400~500mだそうです。
a0124132_1810662.jpg
セスナからカメラを出して写真を撮ろうとすると風圧のため、ピント合わすことができません。飛行機内からカメラを構えると、セスナの翼とタイヤが画角に入ってしまいます。望遠だとピントが余計に合いません。
a0124132_18102935.jpg

a0124132_18104684.jpg

a0124132_1811988.jpg

a0124132_18113038.jpg

a0124132_18121550.jpg

a0124132_18123471.jpg

a0124132_1813094.jpg
泥パックで有名なミルキーウェイです。
a0124132_181506.jpg

a0124132_18152142.jpg

a0124132_18155140.jpg

a0124132_18163020.jpg
ここが無数のクラゲがいるジェリー・フィッシュ・レイクです。湖面が茶色になっているのがわかりますか。これがクラゲです。
a0124132_18181513.jpg
ここがロングビーチです。2島が繋がっている様子がわかります。
a0124132_18191441.jpg
そしてジャーマン・チャネルです。
a0124132_182110100.jpg
ダイビングから戻って来ます。
a0124132_18213926.jpg
ガムリス島周辺のダイビングスポットです。外海なので海の色が濃い青に変化します。
a0124132_1825865.jpg
ダイビングをしている船が数隻見えます。
a0124132_18261423.jpg

a0124132_18263577.jpg

a0124132_18265397.jpg

a0124132_18275831.jpg
そして本日のメインが見てきます。
a0124132_18284912.jpg
これを見るためにセスナに乗りました。
a0124132_18294054.jpg

a0124132_1830182.jpg
これがセブンティ・アイランズです。この付近はタイマイの産卵地域のため、船でも近づくこともできません。
a0124132_18322554.jpg

a0124132_18324976.jpg

a0124132_1833994.jpg

a0124132_1834083.jpg

a0124132_1835830.jpg

a0124132_18353421.jpg

a0124132_18355082.jpg

a0124132_18363469.jpg

a0124132_1837499.jpg
これがニューK.B.ブリッジです。
a0124132_18372931.jpg
無事の帰還です。ドアは開けっ放しですが、全然怖くもありません。そしてほとんど揺れませんでした。
a0124132_18591668.jpg
最後にベストショットのセブンティ・ライアンドです。たった30分のフライトですが、大満足です。セスナツアーはどこの会社から申込んでも同じ会社が催行します。飛行ルートや金額については、そちらのHPをご参照ください。それと一様酔い止めを飲んで乗り込みました。本日のフライトではほぼ問題ありませんでしたが、天候に寄るかと思います。私評:✈✈✈(2015年5月5日)

セスナ遊覧飛行のスマイルエアーのHPへ
by sekkaku | 2015-05-20 19:04 | パラオ | Comments(0)

サンセットディナークルーズへ参加し、パラオ伝統ダンスを楽しみます!

a0124132_11233623.jpg
コロール島を出港し、約3時間ぐらい、内海をクルーズします。出発地の天候は晴れですが、地平線方向は雨のようです。雲が多く、サンセットは見れませんでした。しばらくして日が落ちると景色はまったく見えないので、船内に戻り、ディナータイムとなります。少し船酔いが心配でしたが、内海なのでほとんど揺れません。
a0124132_11253125.jpg
まず、地ビールで乾杯です。
a0124132_1125743.jpg
ヒラアジのタルタルと言う料理です。
a0124132_1125446.jpg
パラオのオーガニック野菜サラダの海老添えです。
a0124132_1126283.jpg
コーンポタージュスープです。
a0124132_11261785.jpg
ホームメイドパンのリュスティックとブリュオッシュです。
a0124132_11264021.jpg
あおちびきのムニエルをゲノベーゼソースで。マングローブ貝添えです。
a0124132_11265352.jpg
こちらはチキンのホワイトソース煮です。
a0124132_11272530.jpg
デザートはココナッツブラマンジュです。
a0124132_11274280.jpg
最後にショーのメンバーと踊って、写真を撮って終了です。(2015年5月4日)
by sekkaku | 2015-05-19 11:43 | パラオ | Comments(0)

パラオを代表するSPA、エリライ・スパ・バイ・マンダラで心と体をリフレッシュ!

a0124132_1061343.jpg
パラオ・パシフィック・リゾート内にあるエリライ・スパ・バイ・マンダラで優雅な時間を過ごします。
a0124132_1065992.jpg
入口の所に、花を添えるだけで雰囲気が変わりますね。
a0124132_1071619.jpg
前日に予約を入れて置きました。今回宿泊客には西欧人が少なかったので、予約はなくても施術は受けれそうでした。日本人が少ない時期は予約を入れた方が無難と思います。
a0124132_1073417.jpg
まず、ジンジャーティーで体の中より体調を整えます。日焼けをした肌に、冷たいおしぼりが気持ちいいこと。
a0124132_1075861.jpg
施術場所は、受付とは別棟で少し階段を登った所にあります。
a0124132_1082219.jpg
施術棟は独立した一軒家のため、完璧にプラベート感が保たれます。
a0124132_1084652.jpg
10畳ぐらいで然程広くありませんが、茶色の木目の内装は落ち着いた雰囲気を演出します。木々の間からこぼれる自然光だけを利用しているので、少し薄暗く心を落ち着かせる効用を狙っています。
a0124132_109348.jpg
本日はバリニーズマッサージ、50分を受けます。ガイドブックにマンダラスパと同じトレーニングを受けたとあります。確かに程よいタッチが眠りを誘い、心と体がリラックスします。施術のレベルは確かと感じました。これならスクラブやフェイシャルも受けて見たいと思います。施術開始から5分ぐらいで夢の中です。そしてアッという間に50分が過ぎ、施術師に起こされることで、現実に戻ります。私見ですが、東南アジアの施術に比べソフトタッチ(ぐりぐりやらない)であり、心地のいい眠りにつくには最高です。ちなみに金額はUS$85です。物価の高いパラオにしてはお値段も手頃です。マリンアクティビティーも最高ですが、究極のスパ体験もどうぞ。私評:✈(2015年5月4日)

Elilai Spa b yMandara
住所:P.O.BOX308 Koror(パラオ・パシフィック・リゾート内)
電話:488-2600(内線493)
営業時間:10:00~21:00

エリライ・スパ・バイ・マンダラのHPへ
by sekkaku | 2015-05-17 10:09 | パラオ | Comments(0)

白身の魚のにぎりが美味しい。そしてパラオの大統領も行く美登寿司(コロール島)

a0124132_11543385.jpg
今回パラオに行くにあたり、事前に調べたお店で是非行きたかった店です。寿司処美登はコロールダウンタウンの中心地、グアム銀行の近くにあります。気合の入れようは練りわさびと、しょう油まで持参したことからわかると思います。
a0124132_11583150.jpg
まず、アサヒのドライで乾杯です。日本のドライと比べるとかなり軽めのビールです。金額はUS$4です。
a0124132_1202653.jpg
パラオ人の板前がにぎってくれます。そして店員全員がパラオ人でした。ただ、簡単な日本語が分かる店員もいます。
a0124132_1221139.jpg
今回どうしても食べて見たかったのが、「シャコ貝」です。乱獲を防ぐ目的で、養殖物しかありません。でもシーズンオフなのか、本日はないそうです。それが出された刺身盛り合わせには、シャコ貝(写真左)を少し添えてくれます。嬉しいことですね。味は、水っぽくて、貝の甘みは感じません。食感はサクサク感ありです。無い物を敢えて出してもらったので、味の私見は参考までに。お値段はUS$13です。
a0124132_1262574.jpg
これが美戸登寿司の名物、「にぎり寿司」です。お値段は、US$25です。メバチマグロもあるかものしれないとの情報でしたが、マグロ類はまったくありません。イカ、エビ、イクラ(日本の1/4ぐらいの量)を除けば、ヒラアジとフエフキタイばかりです。巻き物も鉄火ではなく白身です。量は十分過ぎるくらいです。そしてワサビも効き過ぎなくらいです。白身のヒラアジとフエフキタイは淡泊で薄ら感じる甘みがとても美味です。でも白身ばっかりではにぎりは成り立ちません。入荷がないので仕方ないですが、メバチマグロが食べたかった。最後にランチメニューを見ると、天ぷらや生姜焼きなどの定食類も充実していると感じました。出された定食をみると、やはり量は多過ぎるぐらいです。(2015年5月4日)

寿司処美登
住所:コロール島ダウンタウン、グアム銀行近く
電話:680-488-1950
定休日:火曜日
by sekkaku | 2015-05-16 12:40 | パラオ | Comments(0)