ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:ご注意( 122 )

ケニア・タンザニアへ旅をする人の数は?

中国なら年間400万人、韓国なら300万人ぐらいの日本人が旅(ビジネスを含む)に出ている。

人気旅行先のハワイで150万人、グアムで100万人ぐらいと比較するとかなり大きな数であることがわかる。

それであれば、タンザニアとケニアはどうか調べて見ると、7年前ぐらいの古いデータしか見つかりませんでしたが、タンザニアで年間5000~7000人、ケニアで10000~15000人ぐらいのようです。この数では直行便は飛ばせない数です。ANAも、JALも飛んでない。飛んだ過去も飛ばす計画もないような気がする。そう相当の動物好きか、アフリカ好きでないと行かない地のようです。

なかなかヌーの大移動や休暇のタイミングなどが合わず、行けませんでしたが、いつも候補にしていた国々です。20年前ぐらいはパンフレットにも必ずツアーがあった国々だったと思います。そんなに特別な国々ではないという認識です。それがツアーをあまり見かけなくなり、人気がないことは想像できます。

美味しい物を食べることも、世界遺産の何かを見るのではなく、シンプルに野生の動物を見るだけ旅です。電気なんて有って当たり前の日本から、夜になると発電機が止まる生活になります。そう規則正しい毎日を過ごすはずです。冷たい(あるかな?)ビールが旨いはずだ。

長距離を移動する時、車窓をぼんやり眺めているのは好きです。平らなサバンナに動物がいようが、いまいが、カタガタな道を走ろうが、関係ない。大平原をひたすら眺めるだけだ。

こんな旅もいいに違いない。(2017年8月21日)



by sekkaku | 2017-08-21 17:24 | ご注意 | Comments(0)

カタール航空は、oneworldのメンバーに・・・

a0124132_13105048.jpg
カタール航空のHPを見ると、2013年10月30日に”oneworld”へ加盟したようです。2013年以降に搭乗した記憶がありますが、確かマイレージの付与がなったような。

それと昔、ANAとのコードシェアがあり、記憶が正しければ、スターアライアンスのマイレージが付与されたとか、聞いた感じがします。

いずれにせよ、もらえればありがたいので、今回はJALかフィンエアーのカードを持参しようと思います。それよりサウジアラビアなどと断交している方が気になります。ドーハから、タンザニアへ向う飛行ルートは、サウジアラビアの上空は飛ばないんですかね。少しだけ心配になります。(2017年8月17日)

by sekkaku | 2017-08-17 14:32 | ご注意 | Comments(0)

マラリアの薬はどうも絶対飲んだほうがいいわけではないようだ!

アフリカなどの国々を巡る場合、黄熱病の予防接種はマストです。

黄熱病より症状が軽そうなマラリアについては、飲み薬を飲めばいいだけですが、どうも絶対飲んでくださいということではないようだ。旅に参加される方も、同行するガイドも、それぞれの判断に任せているようです。やはり軽度(人によっては重篤)ですが副作用がでるからなんでしょうね。

そう言えば、日本検疫衛生協会でも、「マラリアの薬は必要ないですか。」なんて話がありませんでした。財団法人なのでサービス精神はないところですが、マストであれば、「準備できていますか。」ぐらい聞いてくるはずです。それがまったくそんな会話が、私たち以外でもされていないので、飲んだ方がいい程度かもしれません。

最終的には旅の説明会に参加して、説明者の本音を聞いて決めたいと思います。(2017年8月8日)

by sekkaku | 2017-08-08 13:35 | ご注意 | Comments(0)

マラリアの予防薬について

マラリアの予防薬は、副作用が少ないマラロンがいいようですが、ただ、なにせ値段が高い。処方してもらって1万円らしいです。誰がボッタしているやら。

その他には、メファキン(メフロキン)という自殺を冗長するような薬もあるようです。こちらは安価なことが特徴です。日本の久光製薬も作っているようです。少し安心しますが、幻覚系の薬のようです。一時、タミフル(インフルエンザの薬)を服用した子供が自殺まがいのことをしたって、有りましたよね。この系統のようです。子供にはNGだし、一部の大人もやめた方がいいかもしれません。

そしてファンシダール。こちらは何と失明した人がいるとかいないとか。ガイドブックには薬の名前は載っていませんが、はっきり失明する薬もあると書いてあります。それもマズイ。

それとドキシサイクリンという安い薬もあるようです。日本の薬局で手に入るかは不明です。

う~ん。たかが薬。されど薬。本来このくらい薬を飲むときには、気を払うべきなんでしょうね。(2017年8月7日)

もっと詳しく知りたい方は以下のサイトを見てください。


by sekkaku | 2017-08-07 15:59 | ご注意 | Comments(0)

パスポートの更新に行ってきました!

a0124132_16262460.jpg
9月にケニア・タンザニアの旅が決まったので、パスポートの更新に行ってきました。

まず、10年間ご苦労さまでした。いろいろありましたが、やはりイスラエルへの旅で、飛行機に乗るだけでも厳しい対応(担当者は丁寧な優しい対応です)だったことが思い出されます。その時の証拠が上記写真です。こんな付箋をパスポートに貼って、厳しく見る方の選別をしておりました。

それはさておき、今回少し早めに更新へ行ったのは、ビザ申請条件の有効期限(帰国日より6か月以上)を満たしていないからです。

そして私の場合、新規に取得するのではないので、必要書類は次の3点です。また10年間のパスポートを取得します。

申請書

期限が切れていないパスポート

写真1枚(4.5×3.5)

新しいパスポートは、来週の金曜日に出来上がるそうです。
その時には以下のものが必要となります。

16000円分の印紙(申請した場所で買えます)

引換書(本日発行されたものです)

本日は天気が良く無かったので、ほとんど待たずに申請が完了しました。次は黄熱病の予防注射に行きます。こちらは、皆さん経験がない方ばかりと思いますので、詳しくレポートしたいと思います。
(2017年6月30日)




by sekkaku | 2017-06-30 16:55 | ご注意 | Comments(0)

海(山の背景)の色を青く加工しているテレビ番組って問題ないですか!

a0124132_09432878.jpg
こちらはタヒチ、ボラボラ島の海の写真です。人の目で見ても、まったく同じに見えます。地球の美しさがよくわかります。それはそれは世界じゅうの人が感動するわけです。海を見ているだけで大満足です(でした)。

でも太陽が出ていない(曇りや雨)と多少、海の色が変わってきます。そして午前と午後、多分光の向きでも変わってきます。自然ってそんなものです。表情を変えて行くものです。だから旅人は何度も同じ地を訪れ、その季節の風景(色)を楽しむ。それこそ大雨だって、嵐だって、大雪だって、その地に暮らしているのではないので、身に危険がなければ、いい経験です。

しかし、映像を加工して、青く見せている番組(私が思うに、曇りの日のブイしか撮れずに、このような策を取ったはず)があります。あまりにもその加工が醜いので、番組名をあげます。初めてその地へ訪問した時に、なんか海の色が違うとならないようにイエローカードです。せっかくその国の良さを伝える情報番組なのに、これはやってはいけない。トランプさんの言うレッドラインを超えたです。


朝だ!生です旅サラダ

にじいろジーン

7つの海を楽しもう!

世界さまぁ~リゾート など

旨くないものをさも旨いと言ったり、売れていないものを爆発的に売れているなんて、デタラメの放送はやめて頂きたい。そしてもっと国民に考えてもらいたいテーマ、沖縄の基地問題、福島の原発の処理、憲法改正の進め方など、視聴率の取れないことはやらない姿勢。レベルが低すぎる(見る側も同じ)。ますますテレビ離れは加速しそうだ。(2017年5月27日)


by sekkaku | 2017-05-27 10:25 | ご注意 | Comments(0)

どう考えても、旅人には逆風が吹いている!

a0124132_12332139.jpg
昨日の日経新聞夕刊に欧州で起きた主なテロという記事(下記)があった。22日、マンチェスターで起きた爆破に関連した記事だが、どの捉えても、ヨーロッパへの旅は今はよろしくない。せっかくの休暇で行って、ドカーンと目の前で爆破があった日には、人生最悪の日となりそうだ。皆さん十分お気つけて旅に出てください。(2017年5月24日)

2015年1月7日・・・パリの週刊誌「シャルリエブド」の襲撃
2015年11月13日・・・パリの劇場やレストラン襲撃
2016年3月22日・・・ベルギー、ブリュッセルの地下鉄と国際空港爆破
2016年7月14日・・・ニースでのトラック暴走
2016年12月19日・・・ベルリンでのトラック暴走
2017年3月22日・・・ロンドン国会議事堂周辺で襲撃
2017年4月7日・・・スウェーデン、ストックホルムでのトラック暴走
2017年4月20日・・・パリ、シャンゼリゼ通りの警察襲撃
2017年4月22日・・・ロンドン、コンサート会場での爆発

by sekkaku | 2017-05-24 12:50 | ご注意 | Comments(0)

王宮近くで時限爆弾(バンコク)

a0124132_10095729.jpg
5年に一度くらい内政でもめるタイですが、基本的には安全な国なはずです。しかし爆破事件がこれで2件目となり、安全とは言えないかもしれません。まったく関係のない一般人を巻き込むテロは絶対許せない。テロに屈するつもりはないが、より安全な所へ選んで旅に出るべきと思う。タイを旅されている方は十分気をつけて旅を続けてください。(2017年5月17日)
by sekkaku | 2017-05-17 10:17 | ご注意 | Comments(0)

アリタリア航空が事実上の経営破綻 運航は当面継続

a0124132_14475173.jpg

経営分析の手法に外部環境と内部環境分析ってあるけど、トランプ、ルペン、イスラム国、プーチン、北朝鮮等、航空会社を取り巻く外部環境で良きことは少ないですね。またアリタリア航空が経営破たんですか。実際の所、エールフランスだってgoogleに広告をだいぶ出している感じがする。どのエアラインも厳しいと思うよ。(2017年5月3日)
by sekkaku | 2017-05-03 14:26 | ご注意 | Comments(0)

あらゆる業界で価格設定ほど難しいものはない!

a0124132_13022165.jpg
かつては韓流ブームに沸いて、日本と韓国を行き来する日本人は多かったと思います。そして2泊3日のツアーで1万円を切るなんてものもありました。こちらは日韓の政治問題に端を発して、一気に韓国へ行く人が減った。日本人旅行者の代わりに中国人旅行者を当て込み、一時しのぎをしたが、それも政治的な問題で急激になくなり、韓国の旅行業界は崩壊の危機だ。

グアムやサイパンも似たようなものだ。そんな価格設定で、ホテル代やチケット代がまかなえるのだろうかというものだった。そんなことは長くは続かず、航空会社もホテルも利益の出る線へ値段を上げる。すると髙くなったとの印象が強調され、他のリゾートへ人が流れる。もちろん魅力的なリゾートがたくさんできたことも事実です。

今流行のハワイだって同じことが起きるだろう。ANAはエアバスのA380を投入し、かつてJALが行っていた大量輸送作戦を復活させる。たくさんの人を運べば、一人頭の単価が下がるかもしれない。それでトータルでは利益が出せるって戦略だろうが、何らかの理由で席が空いたらどうするんですかね。

てるみくらぶのような旅行会社に、空いた席を売ればいいとでも思っているんでしょうか。

考えるべきは、ホテル、エアー、サービスなどの需要と供給の(長期的視点の)バランスです。どこかでバランスが取れていないとお客は不満を感じるものです。

旅人にとって、ホテル代やエアー代などが安いことは非常にありがたいし、歓迎される。でもダンピング販売なんて、長く続くわけがない。基本同じ内容のツアーであれば、似たような価格設定になるものではないですか。(2017年3月30日)


by sekkaku | 2017-03-30 13:21 | ご注意 | Comments(0)