ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:ギリシア( 3 )

大方の予想に反し、EUの緊縮策には従わないようです(ギリシア)

ギリシアの国民投票の結果が出たようです。「NO」です。つまりこれ以上EUが求める緊縮策には従わない。これが何を意味するか。これから予想も付かないことが起こり得ます。旅人はとりあえずギリシアを避けるべきだ。必ず楽しく行ける時期が来ますので、今焦って行ってつまらない思いをするべきではない。たくさんの旅人が来ることをギリシアが求める時期が必ず来ます。(2015年7月6日)

Bloombergの関連記事へ
by sekkaku | 2015-07-06 09:48 | ギリシア | Comments(0)

闇経済に支えられるギリシアも・・・

最近ギリシアへ旅行した方から、まったく悲壮感のようなものはなかったなんて聞きます。つまり旅行者にはほぼ影響がないということです。もちろん困窮する庶民、特にお年寄りに旅で会う機会が少ないからかもしれません。別の角度からギリシアを眺めるとよくわかる部分があります。国の表の指標としてGDPと言うものがあります。これは領収書のような裏付けのあるデータを基に作成されています。そして領収書のない経済がすべての国に存在します。昔で言えばアメリカのアルカポネのような存在が行う経済取引のようなものです。こちらを闇経済と呼びます。表経済(GDP)に対して、闇経済の規模がどのくらいあるかと言えば日本では15%ぐらいと言われています。それがイタリアや中国、ギリシアなどは高いんです。関わっている方にとっては税金の掛からない収入なので、大人の小遣いのようなものです。たまりませんね。こんな国と交渉しているEUやIMFもたまりませんね。根が深い問題なので一向に解決しないわけです。(2015年7月2日)

PRESIDENTONLINEの関連記事へ
by sekkaku | 2015-07-02 09:28 | ギリシア | Comments(0)

ギリシアはユーロを離脱するのか!

a0124132_1931968.jpg
眩いエーゲ海、そしてギリシア遺跡などの観光資源に恵まれたギリシアへ行ってきたとの話は少ない。それはやはりゴタゴタしているからでしょう。ツアーのパンフレットを見ても扱いが少ないのが現状だ。ユーロの政治的な駆け引きやギリシア人のネガティブな特性について語るのはやめましょう。日本人にはその資格がありません。はっきりしているのは、ギリシアへ旅行する人が減っていることです。ギリシアの立ち位置がクロアチアに取られて感があります。早期に揉め事を解決し、元の状態に戻ってほしいものだ。(2015年3月6日)
by sekkaku | 2015-03-06 19:43 | ギリシア | Comments(0)