ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:キプロス( 45 )

旅の総括(キプロス)

a0124132_1858880.jpg
1.旅行先:キプロス
2.旅行会社:ユーラシア旅行社 お正月特別企画キプロス島・ハイライト 7日間
3.旅行期間:2013年12月29日~2014年1月4日
4.旅行予算:ツアー料金:378.000円-(含む空港利用税、燃油サーチャージ)、飲み物やお土産など:約10.000円-

4.見学先
①北キプロス:キレニア城
②北キプロス:ベラパイス修道院
③北キプロス:レフコシャ
④ニコシア(考古学博物館、聖ヨハネ教会、ファマグスタ門)
⑤セリミエジャミイ
⑥パナギア・トゥ・ポディトゥ聖堂
⑦アラカ教会
⑧キコス修道院
⑨マカリオス大司教の墓
⑩コロッシ城
⑪クリオン古代遺跡
⑫アポロン神殿
⑬アフロディーテ誕生の地
⑭パフォス考古遺跡(ディオニソスの館、王族の墓、パフォス城)
⑮キロキティア古代遺跡
⑯聖ラザロ教会

5.レストランとカフェ
TWOFOLWERS
Psarolimano
Thanasis Place

6.絶対持参すべきもの
①エディハド航空を使う場合、異常に機内が寒いことをお知らせします。つまりセーターなどが必需です。

8.追記
残念ながらこの時期はオフシーズンで高級リゾートって感じがしません。なにより天気が冬の曇り空で、写真が綺麗に撮れません。間違いなくキプロスも夏に行くべきところです。それとアブダビ廻りの飛行機は到着と同時に観光となります。できればヨーロッパのハブ空港廻りで、深夜になろうともホテルにチェックインする方がいいです。そしてチケット代が安いのかもしれませんが、空港での待ち時間も長くなります。以上
by sekkaku | 2014-04-14 08:56 | キプロス | Comments(0)

機内食(エディハド航空:EY-878便)

a0124132_17121096.jpg
アブダビ空港→成田空港、エディハド航空:EY-878便、エコノミークラスの機内食です。メインは和食と洋食から選択です。和食のメインは鯛の揚げ物です。それに赤飯。蒸し野菜です。その他にいなり寿司、エビ寿司、生姜もあります。そして錦糸玉子とざるそばです。デザートがパイナップルケーキ入りバニラムースです。
a0124132_17252233.jpg
成田到着2時間前に出される朝食は、アラビア風スクランブルエッグとトマトの炒め物です。その他にオムレツ、ビーフソーセージ、ローストポテトの組み合わせです。そしてパンとジャム。ストロベリーのヨーグルトとフルーツです。食欲がなく、ヨーグルトだけとなりました。食べてないので味はわかりませんが、想像は付きます。(2014年1月3日)
by sekkaku | 2014-04-13 17:10 | キプロス | Comments(0)

機内食(エディハド航空:EY-94便)

a0124132_1722231.jpg
ラルナカ空港→アブダビ空港、エディハド航空:EY-94便、エコノミークラスの機内食です。メインはクリームスパゲッティーにしたんですが、しょっぱくもなく、チーズの味もせず、何ともはっきりした味がしません。麺はきしめんのようで何ともアンバランスです。パンとバターが付いていて、クラッカーとチーズの組み合わせもあります。そしてひよこ豆のサラダがあります。初めて食べるから仕方ないけど、ひよこ豆が固く感じます。これはパスです。デザートはきなこのようなクリームでした。甘党ですが、これも苦手です。(2014年1月3日)
by sekkaku | 2014-04-13 08:59 | キプロス | Comments(0)

キプロスの定番土産を買いましたので、レポートします!

a0124132_17354852.jpg
シュジュクです。ナッツを芯にしてまわりにブドウジュースを重ねづけしたお菓子で、ぶどうジュースの部分はグミを少し硬くしたような食感です。長い棒状で売られていますが、好みの長さに切ってくれます。でも土産には向かないと思います。だってマズイから。
a0124132_17383114.jpg
キプロスではハルミチーズと呼ばれる、ヤギの乳を使ったチーズが有名です。クセは少なく、ほどよく塩味がきいています。これを薄くスライスしてフライパンなどで軽く焼き、パンと一緒に頂くのが本場流。不思議と、焼いてもチーズが溶けることはないそうです。これも話のネタにしかなりません。

この他には、コマンダリアワインという甘口のワイン。キプロスのレースキャロブハニーというイナゴ豆から作ったシロップ。キプロス・ロクムという砂糖とでんぷんを使った餅菓子となります。申し訳ないけど、もらった方が喜ぶお土産はないかもしれません。(2014年4月13日)
by sekkaku | 2014-04-13 08:28 | キプロス | Comments(0)

キプロス料理その七

a0124132_1671393.jpg
本日はPsarolimanoでまたシーフードメッザです。こちらのレストランもトリップアドバイザーのシールが貼ってあります。段々疑念から確信に変わりました。多分、トリップアドバイザーの方はこの地に訪れていないと思う。委託された第三者が訪れ、シールを渡したと思う。いずれにせよ、やらせはダメだよ。
a0124132_16131645.jpg
定番の野菜サラダです。
a0124132_16135331.jpg
オリーブとシーフードマリネです。
a0124132_16144057.jpg
こちらのパンには是非バターを頂きたい。
a0124132_16145572.jpg
定番のひよこ豆のペーストです。
a0124132_1615985.jpg
しょっぱくないビーツです。
a0124132_1616151.jpg
コロッケですね。
a0124132_16165774.jpg
イカとタコのフリッターです。数日前とまったく同じ味です。
a0124132_16171384.jpg
ワインで味付けしていますが、ムール貝自体がイマイチです。
a0124132_16172886.jpg
なぜかフライドポテトです。
a0124132_16174381.jpg
いわしの素揚げです。
a0124132_16175883.jpg
なぜか串鶏です。
a0124132_16181271.jpg
このゲソはしょう油味ならもっと美味しいと思う。
a0124132_16183047.jpg
もうお腹一杯で、じゃがいもは要らないと思ったら、ルクマデスというデザートでした。ホットケーキを丸くしたような食べ物ですかね。中はスカスカです。蜂蜜がこってり掛かっています。

Psarolimano
住所:118 Piale Pasa Larnaca
電話:24-655-408
by sekkaku | 2014-04-12 22:06 | キプロス | Comments(0)

キプロス最後の観光地は聖ラザロ教会です(ラルナカ)

a0124132_15465710.jpg
ラザロは30歳で病に掛かり命を落としたが、4日後にキリストによって蘇生した。その後パリサイ人から逃れるようにラルナカへ辿りついた。その後30年間主教としてこの町で過し再び死を迎えた。そして埋葬されたのがこの教会となります。
a0124132_1552131.jpg
教会の地下にはラザロの頭部が入っている銀色の聖遺物があります。
a0124132_15551145.jpg
教会の左壁にある17世紀に描かれたラザロのイコンも見逃せない。
a0124132_15584867.jpg
オスマン帝国のパシャ(総督)が天井ドームを3か所も壊したそうです。(2014年1月3日)
by sekkaku | 2014-04-12 14:43 | キプロス | Comments(0)

アクアマーレビーチホテル&スパでの朝食(パフォス)

a0124132_1539426.jpg
こちらも4つ星ホテルですので、お料理はたくさんの種類があります。別に意地になっている訳ではありません。本日もいつもコンチネンタルブレックファーストです。オレンジジュース、コーヒー、ヨーグルト、パンとなります。(2014年1月3日)
by sekkaku | 2014-04-11 15:38 | キプロス | Comments(0)

キプロス料理その六

a0124132_14571245.jpg
アクアマーレのメインダイニングで夕食です。最後の晩餐は豪華な料理が出てくるのだろうか。
a0124132_14592380.jpg
またまたKOEで乾杯です。
a0124132_1501313.jpg
朝食なのか、昼食なのか、夕食なのかわからない。キプロス料理ってほぼ同じような感じがします。そうそうインドへ行った時も朝食以外は毎度カレーだったな~。昼はチキンカレー。夜は豆カレー。次はほうれん草のカレー。どれも私にとってはカレーに過ぎない。
a0124132_1503737.jpg
ババロア系のデザートとお米を使ったデザートです。甘さ抑えめで日本人の口に合いますね。(2014年1月2日)
by sekkaku | 2014-04-11 08:55 | キプロス | Comments(0)

パフォスの古代遺跡群(世界遺産)

a0124132_13552748.jpg
岩窟をくり貫いて作られた列柱に囲まれた中庭のあるスタイルはエジプト、プトレマイオス朝の影響です。紀元前3世紀ごろの地下墓地群で王族の墓と呼ばれています。
a0124132_1401363.jpg
次はなかなか日本人が行かないところです。聖キリヤキ教会の庭に、使徒パウロが縛られムチで打たれたという話の伝わる円柱を見学です。
a0124132_1425167.jpg
円柱にある碑文には、「パウロが後にムチ打ちの刑を命令したローマ提督をキリスト教に改宗させた」と書いてあるそうです。
a0124132_1492160.jpg
次は、パフォス考古遺跡のモザイクです。ディオニソスの館、テセウスの館、エオンの館などを見て回り、美しいモザイク画を見学します。
a0124132_1413149.jpg
熱心に観光客の方は見入っていました。
a0124132_14133962.jpg
本当に保存状態もよく、見応えがあります。
a0124132_14165147.jpg
そしてビザンティン時代に港を守るために砦として作られたパフォス城を見学です。
a0124132_14182857.jpg
屋上からパフォス港が見渡せます。(2014年1月2日)
by sekkaku | 2014-04-11 08:30 | キプロス | Comments(0)

アクアマーレビーチホテル&スパ(パフォス)

a0124132_14283490.jpg
大理石を使った外観は高級感が漂います。本日から一泊の予定で、アクアマーレビーチホテル&スパへ宿泊します。
a0124132_1430294.jpg
ロビーはこんな感じです。やはり白の大理石って高級な感じに、そして実際より広く見えます。
a0124132_14325910.jpg
個人的にはこの緑色は好きではありませんが、落ち着いた感じのベットルームになっています。
a0124132_14332680.jpg
まだ、ブラウン管テレビなんかを使ってます。
a0124132_14334823.jpg
とても清潔感があり、清掃も行き届いています。でもウォシュレットではないです。そこまで期待していませんよ。
a0124132_1434973.jpg
ハンドシャワーってアジア以外では珍しいです。だた、小さなガラスのシャワーカーテンでは頂けない。見た目はいいですが、お湯が床に飛び散り、役立たずです。
a0124132_1435060.jpg
最低限度のアメニティーは付いています。
a0124132_14352149.jpg
ティッシュを使い、何かのモチーフです。ちょっとヤルネ!(2014年1月2日)

AQUAMARE BEACH HOTEL&SPA
住所:POSEIDONOS AVENUE P.O.BOX 62654、8066 KATO PAPHOS
電話:0537-26-966000
by sekkaku | 2014-04-10 21:26 | キプロス | Comments(0)