ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:カナダ( 35 )

旅の総括(イエローナイフ)

a0124132_10344997.jpg
1.旅行先:カナダ

2.コース名:カナダオーロラの旅 イエローナイフ5日間 市内観光付き

3.旅行会社:阪急交通社 e-very東京センター(海外ツアー)

4.旅行期間:2013年1月1日~1月5日

5.旅行予算:ツアー料金:213.800- 空港利用税、燃油サーチャージなど:53.190-、食事、お土産など:約10.000-、防寒具レンタル(3日間):7.500-、オーロラこたつ(3日間):6.000-、90分のオーロラ観賞延長:US25ドル、総額287.950円+US25ドル

6.見学先
①博物館
②ノースウエスト準州議事堂
③グレートスレイブ湖

7.レストランとカフェ
①ラティチュード
②ジャバロマ グルメコーヒー
③スシカフェ
④ストック・ポット

8.持参して良かったもの
①綿マスク・・・マイナス20℃の世界では、できるだけ露出しているところを減らしたい
②湯沸ポット・・・イエローナイフインには付いていません。
③カメラの結露対策・・・タオルとかジップロックとか

9.旅行の注意点
①ちなみに旅行の申し込みをした時期は、2012年8月18日にインターネットからとなります。この時点でツアーが完売している会社も多数でした。残念ながら12月29日以降の年末出発日は全然空いていませんでした。
②オーロラ撮影に集中したい方には、オーロラこたつは必要ないようです。カメラの操作がやり易いオーロラレイク周辺に陣取ことなります。一方、カップルでじっくりオーロラを見たい場合、2人だけのミニテントのようなものですので、寒さをしのげ長時間の鑑賞に最適です。

10.オススメお土産
①定番ですが、メイプルシロップ

11.現地旅行代理店
  オーロラビレッジ
  住所:P.O.Box1827 Yellowknife
  電話:867-669-0106

12.備考
カナダのガイドブックを購入しても、4ページぐらいしかオーロラについての記載がありません。情報がたくさん取れたのは、ユーラシア旅行社のオーロラツアーの説明会への参加です。もち無料です。平日の昼間に開催していますので、現役の働いている世代は対象としていないようです。しかし、一般的にオーロラについての情報は持ち合わせていないので、素晴らしい準備になりました。その場で頂いた資料も本当に参考になりました。御礼の意味で、ユーラシア旅行社とオーロラビレッジのHPを見たい場合、下記をクリックしてみて下さい。

オーロラビレッジのHPへ

ユーラシア旅行社のHPへ
以上
by sekkaku | 2013-01-19 11:04 | カナダ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ:AC-003便)

a0124132_22563865.jpg
バンクーバー空港→成田空港、エア・カナダ:AC-003便、エコノミークラスの機内食です。成田到着が夕方の5時過ぎですので、日本時間で4時ぐらいの食事です。飛行機に乗った時、出されたパンは温めてあったんですが、今度は袋の中に入っています。そのため常温です。それでもパンは美味しい。メインのマカロニは、電子レンジでチンしやすい料理だよね。これは冷凍食品でありそうだよね。そしてミックスフルーツは少しカットの形状が崩れかけている。そしてキュウイ以外は味がしない。全然エコノミークラスを念頭に入れていないのか、日本人ばかりだからこの機内食なのか、カナダ人とはこのような食生活なのかなんて思うのは私だけでしょうか。いずれにせよ。エコノミークラスの乗客は発言の権利なしです。(2013年1月5日)
by sekkaku | 2013-01-18 23:14 | カナダ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ:AC-003便)

a0124132_19121028.jpg
バンクーバー空港→成田空港、エア・カナダ:AC-003便、エコノミークラスの機内食です。メインはほぼ牛丼ですね。まったく食欲がないので、一口のみ。まずくはないですが、牛丼って手抜き料理だよね。それとインゲンのサラダです。インゲンってカナダが産地なんですかね。デザートはチョコケーキです。う~ん。今はいいよ。しかし、パンは美味しい。これは間違いない。(2013年1月4日)
by sekkaku | 2013-01-17 20:57 | カナダ | Comments(0)

初めて降りたエドモントン空港にビックリです!

a0124132_19431651.jpg
国内線の搭乗口はたくさんあり、かなり細長い構造です。ガラス張りだからでしょうか。とても明るくて、それでいて空調はバッチリ効いています。そしてお土産売り場やレストランが充実しています。これなら多少待たされても気にならないです。
a0124132_19441495.jpg
このイスとテーブルを使い、ビジネスマンが打ち合わせをしています。
a0124132_19443142.jpg
こんなシャレたソファーも置かれています。全体的に広々と空間を利用しています。
a0124132_19561316.jpg
飛行機を待っている間にコーヒー店で、この野菜ジュースを買い求める方が多いのでチャレンジしました。甘ったるくもなく、酸っぱくもなく、とても飲みやすい仕上がりです。(2013年1月4日)
by sekkaku | 2013-01-16 20:02 | カナダ | Comments(0)

機内食(エア・カナダ:AC-241便)

a0124132_16395245.jpg
エドモントン空港→バンクーバー空港、エア・カナダ:AC-241便の機内食です。エドモントン着が昼12時の便です。微妙と思ったんですが、機内食はありませんでした。(2013年1月4日)
by sekkaku | 2013-01-16 16:58 | カナダ | Comments(0)

イエローナイフ市内観光について

a0124132_11565741.jpg
学校の送迎バスを有効利用し、この時期観光用に使っているようです。オーロラ観賞へ出掛ける時もこのスクールバスを使う日があります。
a0124132_11585235.jpg
ノースウエスト準州議事堂へ
a0124132_1264987.jpg
議会が開かれ、代表者が出席しているかどうかこの杖のようなものを、議会席横に立てるそうです。
a0124132_12102949.jpg
博物館へ
a0124132_11595542.jpg
チャールズ皇太子が1979年に公式訪問したそうです。ノースウエスト準州の歴史や文化遺産が展示されています。
a0124132_1203456.jpg
そして凍りついたグレイトスレイブ湖を見に行きます。冬の間は道路として使うそうです。この日は風がきつく、5分もしないで退散です。(2013年1月2日)
by sekkaku | 2013-01-16 12:17 | カナダ | Comments(0)

機内食(カナディアンノース:5T-423便)

a0124132_10183428.jpg
航空会社の識別記号は、AIR CANADAであればACとなります。JLとかNHとかアルファベットだけと思っていました。すると5Tと言う識別記号です。カナディアンノース社って、どの程度の航空会社か存じません。この飛行機は50人乗りぐらいでした。エドモントンまで1時間ぐらいのフライトですので、機内食なんて期待していません。ドリンクサービスも怪しいところです。それが出たんです。
a0124132_1045673.jpg
イエローナイフ空港→エドモントン空港、カナディアンノース航空:5T-423便の機内食です。メインはラザニア風のオムレツでしょうか。付け合せはソーセージとじゃがいもです。ハインツのケチャップまで付いています。多分現地時間で朝の8時過ぎと思います。オーロラ観賞を2時過ぎまでしてホテルに戻り、一睡もしないで空港へ向かいました。まったく食欲はないはずです。でもチーズの加減が絶妙です。寝不足でこんなコッテリ系はつらいはずです。が、イエローナイフで頂いた料理で一番美味しいかもしれません。それとチョコチップパウンドケーキです。こちらの完食です。イケます。それと左上のフルーツはメロンです。これはよくあるガリガリでした。初めてこの航空会社を使いましたが、使ってみないとわからないものです。(2013年1月4日)
by sekkaku | 2013-01-16 10:36 | カナダ | Comments(0)

本当にオーロラ観賞のシステムがしっかりしています(イエローナイフ)

a0124132_18143452.jpg
オーロラ観賞などへ出掛ける集合場所は、イエローナイフイン1階のロビーとなります。ここがすべての起点となります。予定時間の10分前ぐらいにスタッフが来ます。そして他のホテルを回っており、少々遅れるなどの小さな連絡をトランシーバーで取り、ロビーで待っている人へ与えるようにしています。たった5分でも状況が分からず待つのはイラつくものです。
a0124132_18164051.jpg
集合時刻などの連絡事項は、毎日更新され、ロビーに置かれたこのサインボードで確認します。お買い物で外出する時などに、再確認もできるし、非常に便利です。この程度の事ですが、団体行動を人が仕切るのは大変なことで、そのためのシステムがしっかりしていると感じました。(2013年1月1日~4日)
by sekkaku | 2013-01-15 18:33 | カナダ | Comments(0)

イエローナイフ最後の晩餐は、お寿司かベトナム料理か迷いました!

a0124132_15321493.jpg
イエローナイフ最後の晩餐は、昼夜が逆転していることもあり、食欲があまりありません。手軽に軽く頂けるお寿司かベトナム料理で迷いました。どちらもイエローナイフでわざわざ頂かなくてもいいんです。それでも選択肢があまりありません。中華でもないし、パスタもね。
a0124132_15404454.jpg
それで酢飯は食欲を啜るだろうとの判断で、スシカフェへ行きました。夜7時ぐらいでしたが、まったく観光客はおりません。それでもほぼ満席だったのでビックリしました。
a0124132_15433083.jpg
まず、味噌汁が出て来ました。少し薄目に味噌をといでいます。ネギ入りでインスタントではないようです。
a0124132_1545208.jpg
生ものはあまりネタがありません。ある中でマグロ、サーモン、エビ、タイ、ホッキ貝をオーダーです。
a0124132_15453540.jpg
エビとマグロが2貫で6.75カナダドルです。その他は5.75カナダドルです。それと味噌汁は2.50カナダドルです。お味はどっかの回転寿司程度です。でもすんなり胃に納まるところが、日本人だね。テイクアウトもデリバリーもやっています。経営者は多分ベトナム系と思います。(2013年1月3日)

Sushi Cafe
住所:5125-52th
電話:920-0776
by sekkaku | 2013-01-15 16:07 | カナダ | Comments(0)

太陽から地球への贈り物、神秘に満ちあふれるオーロラをお楽しみ下さい!(イエローナイフ)

a0124132_13153223.jpg
肉眼ではもっとかすかな光ですが、カメラのセンサーは確実に捕えています。
a0124132_13263869.jpg
1月3日~4日にかけては、気象条件が良く、太陽の活動も激しい絶好タイミングでしたので、オーロラビレッジに着いてから、ずっとオーロラは出ていました。
a0124132_1327556.jpg
肉眼ではうっすら見えたオーロラの色は、少し赤味を帯びています。
a0124132_13273014.jpg
明るくなったり、消えてしまったりの繰り返しです。
a0124132_13361552.jpg
突然声が上がりました。でもこのオーロラは直ぐに消えました。
a0124132_13372432.jpg
10分ぐらいすると突如違う方向へ出現しました。
a0124132_13422289.jpg
そして消えて行きます。
a0124132_13434316.jpg
また出現しました。
a0124132_13441039.jpg
少し明るく大きくなって来ました。
a0124132_13443610.jpg
初めはキャーキャー騒いでいますが、観賞している全員が、一瞬静まり返った瞬間です。
a0124132_13451066.jpg
もっと大きく明るくなって行きます。
a0124132_13454625.jpg
そして徐々に薄れて行きます。
a0124132_1354798.jpg
今まで見ていた方向(オーロラレイク側)の反対方向(カリブーの丘側)にも出現です。
a0124132_13552349.jpg
ティーピーと呼ばれるテントの上の方に、大胆に出現です。
a0124132_1356479.jpg
あれ。オーロラレイクの方も、また出現です。カメラの構図を決めるのに大忙しです。
a0124132_1421363.jpg
絵になるオーロラです。いいぞ。
a0124132_1433188.jpg
ゆらめいています。
a0124132_1485990.jpg
形を変えて出現です。
a0124132_1410065.jpg
一段と明るくなって行きます。
a0124132_14112933.jpg
帯よりカーテンが降りています。
a0124132_14132178.jpg
ティーピーの上にも出現です。
a0124132_14145911.jpg
どちらの方向を見ればいいのか迷うくらい出現しています。
a0124132_14155370.jpg
オーロラレイクからティーピーを結ぶように、帯状に頭上にも出現しました。
a0124132_1417366.jpg
真上に現れるオーロラも見物です。
a0124132_14215478.jpg
イエローナイフでオーロラを見れるかの心配をよそに、オーロラが我々を大歓迎しているかのような神秘に満ち溢れたオーロラショーでした。(2013年1月3日~4日)
by sekkaku | 2013-01-14 14:40 | カナダ | Comments(0)