ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

カテゴリ:ドイツ( 70 )

もっと認知度の高い場所であるべきだ(ベルリン)

a0124132_09570296.jpg
2016年5月27日、広島の原爆ドームを米オバマ大統領が訪れた。訪れる以前から、日本に来る外国人なら誰でも知っている場所だ。

私も先月訪問し、何とも言えない。どちらかと言えば、触れたくない気持ちに襲われた。72年前に起きた悲劇に、原爆には一切関わりのない私でも正面から向き合いたくない。隠したい。忘れたいものなんです。なぜなんだろう。

原爆ドームの存在は意義がある。決して忘れさせない。隠せない。消せない過去・・・を象徴している。

ドイツ、ベルリンにも消せない過去を象徴するかのようなオブジェがある。

それは米建築家ピーター・アイゼンマン氏が手掛けた「虐殺された欧州のユダヤ人のための記念碑、通称ホロコースト記念碑」だ。墓石を思わせる、無機質感が余計に寂しさや悲しさを助長するような巨大迷路だ。

でも私が知る限り、日本人は知らない人が多い。私が訪問した時も、日本人には会わなかった。
AFPの記者デボラ・コール氏がずっと取材を続けていることがとても意義深い。(2017年2月24日)


by sekkaku | 2017-02-24 10:24 | ドイツ | Comments(0)

テロか、それとも事故か、クリスマスマーケットにトラックが突っ込む!

a0124132_08472660.jpg
ドイツ、ベルリンでクリスマスマーケットで賑わう人ごみに、トラックが突っ込むおぞましい事故が起きました。少なくとも9名の方が亡くなっております。真っ先に今年の7月、ニースの遊歩道へトラックが突っ込んだことが思い出されます。まだテロかどうかわかりませんが、亡くなわれた方への心からご冥福をお祈り致します。そして世界中の人が寛容の心を失いつつあることに、大きな不安を覚えます。(2016年12月20日)


by sekkaku | 2016-12-20 09:39 | ドイツ | Comments(0)

くすぶるイスラム国の影

この手のニュースで一番気になるのは、たまたま出くわした外国人観光客が巻き込まれることだ。明日はわが身に起きてもおかしくない。どこの国で生活していても、不慮の事故に巻き込まれることはある。しかし人生の洗濯に行った旅先で、事故に巻き込まれるのは勘弁願いたい。無差別でテロを起こすイスラム国の行動をそろそろ止めてほしいものだ。(2016年9月14日)


by sekkaku | 2016-09-14 09:15 | ドイツ | Comments(0)

ドイツ人でも利己主義的になるんですね

a0124132_9392020.jpg
もし日本がシリア難民を受け入れるとしたら、どうなるんでしょうか。東南アジアから少ないながら亡命や難民を受け入れていますが、どうも本当の難民は少ないようです。不法就労が多いと聞きます。こんな方々がいるから、本当の難民が迷惑を受ける訳です。これが日本のレベル、実情です。一方、メルケル首相がヨーロッパを代表して難民を受け入れる。政治家としては賞賛に値することです。人としても尊敬に値することです。とてもとても日本ではできないことでしょう。それをドイツ国民が良く思わない(40%も)のであれば、政策としては愚策になります。政治責任を負うことにもなるでしょう。答えのでない難題が続くことになりますね。部外者(ドイツ人、ヨーロッパ人以外)は口出し無用ですね。(2016年1月30日)

ロイターの関連記事へ
by sekkaku | 2016-01-30 09:52 | ドイツ | Comments(0)

日本人なら神仏の前では争いを避けるけど・・・

a0124132_21551697.jpg
ケルン(Cologne)で昨年12月31日の夜に暴行や強盗を行った容疑で、亡命希望者18人を含む31人を警察が捜査している話は、移民たちが襲撃を受けるという負の連鎖へ突入している。ケルン大聖堂の前で、何をしているのか。大聖堂の存在と熱心にお祈りする心とは、真逆の行為だ。力の応酬では、憎しみしか生まれない。それをよく理解しているのが、ドイツ人ではないのか。世界中が良くない方向へ向っている感じがする。旅人にはつらい1年となりそうだ。(2016年1月11日)

AFPbbNEWSの関連記事へ
by sekkaku | 2016-01-11 22:05 | ドイツ | Comments(0)

ドイツ、シリアの対IS戦支援で1200人派兵へ

a0124132_20394542.jpg
シリアのためなのか、フランスのためなのか、自国のためなのか、はっきりしないで派兵はよくないと思います。イスラム国への対応で、各国が泥沼に引き込まれた感がある。こうなるとターキッシュも、ルフトも、エアフラも、BAも危険な香りがする。旅人は六感を働かせて、危険回避するしかない。(2015年11月30日)

AFPbbNEWSの関連記事へ
by sekkaku | 2015-11-30 20:47 | ドイツ | Comments(0)

旅の総括(ドイツ)

a0124132_1457261.jpg

1.旅行先:ドイツ
2.旅行会社:阪急交通社 羽田発着!ルフトハンザドイツ航空往路直行便利用!憧れのドイツ大周遊10日間
3.旅行期間:2014年8月13日~8月22日
4.旅行予算:ツアー料金:¥359.800- 空港利用税:¥13.530- 食事、お土産など:約¥10.000-
5.見学先
①リューデスハイム(つぐみ横丁)
②ライン川クルーズ(世界遺産)
③アウグストゥスブルグ宮殿(世界遺産)
ケルン大聖堂(世界遺産)
⑤フランクフルト
⑥ハイデンベルグ城、マルクト広場、カール・テオドール橋
⑦ウルム大聖堂
⑧ノイシュバンシュタイン城(マリエン橋)
ヴィース巡礼教会(世界遺産)
⑩ミュンヘン観光(マリエン広場、新市庁舎、ニンフェンブルグ城)
⑪レーゲンスブルグ旧市街観光(世界遺産)
⑫ニュルンベルグ観光(聖ローレンツ教会、聖フラウエン教会)
⑬ローテンブルグ観光(マルクト広場、市庁舎、聖ヤコブ教会)
ヴュルツブルグ-レジデンツ(世界遺産)
⑮バンベルグ観光-大聖堂、新宮殿、旧宮殿(世界遺産)
⑯ドレスデン観光(ツヴィンガー宮殿、ゼンパーオペラ、君主の行列、アルテマイスター絵画館)
⑰マイセン観光
⑱ライプティヒ観光(トーマス教会、ニコライ教会、旧市街)
⑲ポツダム観光-ツェツィリエンホフ宮殿、サンスーシ宮殿(世界遺産)
⑳ベルリン観光-ペルガモン博物館(世界遺産)、ベルリンの壁、ポツダム広場、連邦議会議事堂、ホロコースト記念碑
6.レストランとカフェ
ホフブロイハウス・・・・私評:✈
マキシミリアン
7.持参して良かったもの
①1日の中でも天候が変わります。そしてバスで200kmも移動するとまた天候が変わります。マストで傘やカッパなどは必要です。
8.旅行の注意点
①思っていた以上に気温が低くビックリです。札幌より緯度が高いので当たり前かもしれません。半袖の洋服はほとんど出番がありません。
9.追記
このツアーは定番化されているはずなのに、こなせないぐらい過密スケジュールとなっている。トイレ休憩や渋滞などの情報が未だに共有化されていない。夕方5時を過ぎて入場できない施設等も発生しました。何よりコストカットのため現地ガイドを雇わない日もあり、説明が不十分です。(その日は準備できなかったのかもしれません)そんなことが多々ありましたので、こちらのツアーはオススメできません。周遊で欲張らずに数都市を見て回る方が記憶に残るかもしれません。見学先が20か所以上ですので、覚えていない所や混同している所があります。つまり2回以上行かなければならないってことでしょうか。以上
by sekkaku | 2015-02-14 15:00 | ドイツ | Comments(0)

米、英、ソ連の首脳会議が行われたツェツィーリエンホフ宮殿を見学です(ポツダム)

a0124132_186442.jpg
ポツダム会議が行われたツェツィーリエンホフ宮殿を見学です。まったく記憶に残っていませんでした。確か来たような気がする程度です。外観を見るだけではそうだと思います。
a0124132_1895143.jpg
しかしドイツの戦後処理をこの宮殿で行ったと聞けば、記憶に留めることでしょう。
a0124132_1810532.jpg
この会議で、ソ連はとりあえず金をよこせの一点張りだったそうです。
a0124132_18122246.jpg
そして次の選挙で負けることが分かっていたイギリスのチャーチル首相は、次期首相のクレメント・アトリーをこの会議へ出席させていたそうです。イギリスの二枚舌のおかげで混乱する国々はありますが、政治家チャーチルがこの会議をまとめたと言っても過言はないと思います。イギリス人の見識を感じさせる出来事です。(2014年8月20日)
by sekkaku | 2014-12-19 18:26 | ドイツ | Comments(0)

ポツダムって街は以前は東ドイツに属していたそうです

a0124132_1748143.jpg
ポツダム観光のハイライトの一つ、サンスーシ宮殿を見学です。夏の離宮として建てられ、フリードリヒ王がほとんどこの宮殿で暮らしたことも有名な話です。緑の木々は葡萄です。当時としては珍しい温室のような構造となっています。
a0124132_17493847.jpg
今回2度目の訪問ですが、やはりロココ様式の華麗な宮殿には見入るものです。
a0124132_1750561.jpg
フリードリッヒの墓もあります。お庭より宮殿を見た場合、最右手です。全然人だかりになっていないので見落とす可能性があります。(2014年8月20日)
by sekkaku | 2014-12-19 18:05 | ドイツ | Comments(0)

どうせ作るならペルガモン博物館のように徹底した方がいい

a0124132_18244467.jpg
ドイツの考古学者が発見した古代都市ギリシア、ローマ遺跡を移築、復元したベルリンにあるペルガモン博物館です。
a0124132_18255611.jpg
こちらはペルガモンのゼウスの大祭壇です。
a0124132_18262443.jpg
よく見ると発掘されたままの所と修正された所がはっきりわかります。
a0124132_20282127.jpg
そしてギリシア植民地ミレトスにあったミレトス市場門です。
a0124132_20293951.jpg
ミレトス門の裏(?)にあったモザイクにもたくさんの人だかりができていました。
a0124132_20325893.jpg
そしてバビロニアのイシュタール門です。
a0124132_20361428.jpg
そして神々の行列通りです。
a0124132_20391389.jpg
今回記憶に留めた行列通りです。
a0124132_2042521.jpg
まるで実物を見学しているような臨場感があります。
a0124132_20434782.jpg
地味ですが、絨毯などもたくさん展示されています。
a0124132_20455120.jpg
展示物の近くへ行くと、ヘッドホンセットから各言語の説明が流れます。
a0124132_20482982.jpg
最後に、イシュタール門に戻って記念撮影をし、博物館をあとにします。2度目の訪問でも大感動しました。圧巻です!(2014年8月20日)
by sekkaku | 2014-12-14 20:52 | ドイツ | Comments(0)