ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

2016年 03月 30日 ( 1 )

パナマと言えば、パナマ運河でしょう!

a0124132_9244416.jpg
パナマと言う国が身近な方は少ないと思う。パナマ運河ぐらいしか思い浮かばない。その運河を見るためにミラフローレス・ビジターセンターへ来ました。街中から車で30分強ぐらいでしょうか。
a0124132_929060.jpg
向って左側が太平洋です。こちらはすぐ太平洋です。
a0124132_9294879.jpg
右側がカリブ海です。こちらは大きな湖となっており、かなり先には同じような水門もあるようです。
a0124132_9313210.jpg
通り抜ける船の迫力は物凄いです。一方で運河自体の幅はかなり狭いので、4台の機関車よりロープを張って固定し、運河を引っ張るんです。この機関車は当初はアメリカ製だったそうですが、現在は日本製になっています。
a0124132_935077.jpg
運河の右左に、閘門(こうもん)と呼ばれる門があり、その開け閉めで水をせき止めます。そして水を満たす。海水ではありません。人口1000万人の都市が使用する量の水が必要だそうです。
a0124132_9382076.jpg
見学しているのは、4階の展望台です。席取りは激しいですが、暑いので長い間見てられません。つまりチャンスはたくさんあります。
a0124132_9393345.jpg
併設された博物館では、パナマ運河の歴史、設備などを詳しく紹介しています。
a0124132_9412821.jpg
1階から見ると見上げるような光景となります。少し解説している人の声がうるさいですが。
a0124132_9434325.jpg
1日に40隻前後が通るようです。通行料金は、船の大きさ(排水量と思います)に比例するそうです。計画と初期の工事はフランスの企業が請け負い、その会社が倒産した後はアメリカが請け負い1914年に完成させたそうです。海面と湖の標高差が26mあり、山を削る方式ではなく、水門によって高さ調整をする方式を採用したそうです。近くに2本目の運河も建設しており、来年ぐらいには完成予定です。何か人間の英知に感動する壮大な設備でした。是非行って見てください。(2016年2月25日)
by sekkaku | 2016-03-30 10:03 | パナマ | Comments(0)