ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

ケニア・タンザニアへ旅をする人の数は?

中国なら年間400万人、韓国なら300万人ぐらいの日本人が旅(ビジネスを含む)に出ている。

人気旅行先のハワイで150万人、グアムで100万人ぐらいと比較するとかなり大きな数であることがわかる。

それであれば、タンザニアとケニアはどうか調べて見ると、7年前ぐらいの古いデータしか見つかりませんでしたが、タンザニアで年間5000~7000人、ケニアで10000~15000人ぐらいのようです。この数では直行便は飛ばせない数です。ANAも、JALも飛んでない。飛んだ過去も飛ばす計画もないような気がする。そう相当の動物好きか、アフリカ好きでないと行かない地のようです。

なかなかヌーの大移動や休暇のタイミングなどが合わず、行けませんでしたが、いつも候補にしていた国々です。20年前ぐらいはパンフレットにも必ずツアーがあった国々だったと思います。そんなに特別な国々ではないという認識です。それがツアーをあまり見かけなくなり、人気がないことは想像できます。

美味しい物を食べることも、世界遺産の何かを見るのではなく、シンプルに野生の動物を見るだけ旅です。電気なんて有って当たり前の日本から、夜になると発電機が止まる生活になります。そう規則正しい毎日を過ごすはずです。冷たい(あるかな?)ビールが旨いはずだ。

長距離を移動する時、車窓をぼんやり眺めているのは好きです。平らなサバンナに動物がいようが、いまいが、カタガタな道を走ろうが、関係ない。大平原をひたすら眺めるだけだ。

こんな旅もいいに違いない。(2017年8月21日)



by sekkaku | 2017-08-21 17:24 | ご注意 | Comments(0)
<< 旅行説明会参加 カタール航空は、oneworl... >>