ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

マラリアについて

マラリアとは、マラリア原虫(寄生虫)が赤血球に寄生し、破壊することで発熱や貧血を起こす病気(感染症)です。媒体はハマダラカという蚊です。マラリアは4種類あり、重症になりやすし熱帯熱マラリアに特に気をつけてなければならないそうです。他のマラリアは比較的ゆっくり症状が出るらしく、良性マラリアとも言われるそうです。

その熱帯熱マラリアの潜伏期間は、7日~14日なので、帰国後に症状が出る場合があり、症状が出たら、速やかに病院に行かなくてはならない。場合によっては死に至るそうです。

この予防薬には、マラロン(Malarone)とメフキロン(Mefloquine)があり、マラロンの方が副作用が少ないそうです。旅行の2日前から毎日服用し、帰国後1週間服用を続ける。費用は1万円程度らしいです。

この情報は当てにしないでほしいですが、ハマダラカは、今回訪問する比較的高地には少ないそうです。それと黒色が大好き(明るい色が嫌い)で、でもボーダーの模様が苦手らしいです。活動時間は夕方ですので、服装は長袖や長ズボンの対応が必要で、かつその色にも気をつけて方がいいようです。ご参考まで。
(2017年8月2日)

by sekkaku | 2017-08-02 12:07 | 必読情報 | Comments(0)
<< マラリアの予防薬について 問題が出やすい5日間が無事過ぎ... >>