ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

8年ぶりに来たコトルの街が激変していて、とてもビックリしました(モンテネグロ)

a0124132_14284745.jpg
山間の道を抜けて、アドリア海に面した道で出ました。するとサマーバケーションシーズンで道は激込みです。コトル湾をショートカットできるフェリーに乗り込むそうです。以前もクロアチアからこの道を南下して来たと思いますが、こんなフェリーなんかなかったような気がします。それとコトル湾の景観維持のため、橋は掛けないそうです。
a0124132_14421335.jpg
この景色を見ると、たった10分ぐらいですが、橋なんて作らない方がいいと思います。
a0124132_14263044.jpg
船を降りて5分ぐらいでコトルに到着です。なんか高級リゾートって感じです。豪華客船が寄港しています。そしてたくさんの方が城塞へ向っています。
a0124132_14270094.jpg
なにせ観光客が多い。2008年7月に訪問した時は、こんな風にガイドさんから説明を受けました。「人口60万人のモンテネグロがセルビアより独立してやっていけるのか。」その言葉を裏付けるように、コトルの街は人がいませんでした。それが全然違~う
a0124132_14280477.jpg
正門を括ると時計台をバックにたくさんの観光客が写真を撮っています。2008年に来た時は、ここには10名ぐらいしかいなかったような。コトルの街は堅固な城塞に囲まれているんですが、右も左も、人、人、人です。
a0124132_14393272.jpg
今回の旅で知恵を付けました。ローマ・カトリックと東方正教会と二つのキリスト教があると思います。これらの境界線がコトルにぐらいだそうです。こちらはローマ・カトリックに属する聖トリプン大聖堂です。
そして今回のコトル訪問での大収穫です。山の上にある教会を見に行くことです。こちらが入口です。
a0124132_14521822.jpg
すぐに料金を回収します。結構急な石畳みを15分ぐらい登ると目的地に着きます。汗が止まらない。冷たい水が飲みたい。
a0124132_14544391.jpg
途中にこんなすばらしい景観が見れるんですよ。
a0124132_14572319.jpg
目的地の救世聖女教会はひっそりとたたずんでいます。
a0124132_14585579.jpg
内部はとても地味です。
a0124132_15021245.jpg
コトル港のこの景色はたまりません。
a0124132_15055599.jpg
自由時間が無くなりそうなので、急いでおります。
a0124132_15041550.jpg
ドブロブニクと同じくらい美しい景観です。15分ぐらいですので、絶対坂道を登って、この景色を見てください
a0124132_15070456.jpg
中腹(中央左)に見える教会が登ってきたところです。
a0124132_15090744.jpg
こじんまりとしたコトルの旧市街は2時間もあれば、すべてを見れるでしょう。もちろんここを素通りする人はいないでしょう。それでも以前を知る私の中では「オススメスポット」に大昇格となりました。ブログの写真を見ていただければ、「行って見たい」となると思います。アドリア海に面した街は、山の緑色、海や空の青色、そして屋根の瓦のオレンジ色から構成され、その景観は素晴らしい一言です。是非見に行ってほしいと思います。(2016年7月22日)

by sekkaku | 2016-09-19 15:27 | モンテネグロ | Comments(0)
<< バルカン料理その九 まだ詳細は不明ですが、数か所で... >>