ブログトップ | ログイン

せっかく行く海外旅行のために

sekkaku.exblog.jp

モスタルの見どころは、何といっても世界遺産スタリー・モスト橋だ!

a0124132_15532889.jpg
モスタルはクロアチアのスプリットやドブロブニクからバスで入れるので、特に観光客の多い街だ。ちなみにモスタルとはボスニア語で「橋の守人」だそうだ。現実はこの橋の左側がクロアチア人、右側がムスリム人と棲み分けされているなんて、誰も知る由がない。
a0124132_15545472.jpg
1993年の内戦で破壊された橋はこうだ。
a0124132_15563370.jpg
実は街じゅうに、銃弾の跡がまだ残っています。そしてこちらの現地ガイドさんも内戦についてはまったく触れなかったですね。
a0124132_15534083.jpg
橋が落ちそうなくらい、たくさんの観光客がいます。
a0124132_15540321.jpg
無造作に、破壊された橋の石(構造物)が川辺に残されています。
a0124132_15542801.jpg
橋の上から景色です。それにしても滅茶苦茶綺麗なところですね。
a0124132_15543457.jpg
50€をもらって、飛び込みをする若者です。私が見ている範囲では、誰も飛び込みません。
a0124132_15550468.jpg
橋を渡ると、何やらイスラムの香りがします。水タバコ屋、土産屋、カーペット屋、そしてイスラム寺院などがあります。見て楽しい道ですね。
a0124132_15554995.jpg
コスキ・メフメット・パシナ・ジャーミヤに立ち寄ります。
a0124132_15555466.jpg
実は礼拝されている方がいたので、そちらは絶対撮らないようにしています。このミフラーブを見れば、イスラム教に関係する寺院と分かりますね。
a0124132_15560340.jpg
こちらの寺院に立ち寄る目的は、絶好の写真ポイントがあるからです。裏庭から見えるスタリー・モスト橋も実に美しいです。
a0124132_15561981.jpg
街に数軒残ったオスマン朝時代の家を見に行きます。やはり内戦の跡がまだありますね。
a0124132_15564593.jpg
ネレトヴァ川沿いに戦火を逃れた「トルコ人の家」があります。本日見学した所は、ホテルとして使っているところです。
a0124132_15565870.jpg
お庭もとても素敵ですね。
a0124132_15571747.jpg
とても暑い日だったので、アイスクリームを食べて休憩です。歩き疲れました。
a0124132_16285872.jpg
内戦終結後、2004年にユネスコの支援を受けたトルコ企業がこの橋を再建したそうです。
a0124132_16305849.jpg
川辺に置かれた橋の一部には、「DON'T FORGET '93」と書かれたプレートがあります。この美しい景観に引き寄せられる観光客とそれで商売をしているムスリム人とクロアチア人に言いたい。すべて平和の上に成り立っている。二度と戦争なんて起こしてはならない。(2016年7月21日)

by sekkaku | 2016-09-12 16:43 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | Comments(1)
Commented by sweet at 2016-09-17 22:55 x
実は礼拝されている方がいたので、そちらは絶対撮らないようにしています。

との気遣いをする割りに、同じツアーの日本人が写り込んでいる写真は平気でブログに上げるのですね。
信じられません。
これくらいなら大丈夫とでも思っているのでしょうか。
過去に遡って、削除していただきたい。
<< シティ・ホテル(モスタル) ケニアへしのびよるイスラム国の影 >>